幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【NO3】「スマナサーラ長老の法話<幸福に生き抜くための決断力>より」について

<<   作成日時 : 2010/05/30 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

「スマナサーラ長老の法話<幸福に生き抜くための決断力>より」について」について
<正しい決断のために>・・・その3 最終編

正しい判断をするための心構え

●妄想を控える・止める・・・具体的に決める
    ぐちゃぐちゃ考えることをやめる
●理論性、理性を喜ぶ

●他人がするべき判断を自分でもシュミレーションしてみる
    
●誤判断の原因もシュミレーションしてみる・・・・
     間違った過程を調べてみる
●常に落ち着いている
●自分の自慢のために決して判断しないこと
  ・・・判断は自然なものだから、
  自分のものでも他人のものでもない
 
<知っていますか、決断の目的を>

★なにか目的があって判断決断するのです。
それを妄想に耽って、感情に負けて忘れるのは駄目です
★何かをすれば良いという気持ち
目の前の結果しか考えないのも良くない
★「やってみなきゃわからない」と言う無知に懸けてみる事は
  因果法則を無視する結果になる


<決断の目的>
「やってみなきゃわからない」とは、
正しいことなのにやらない
怠け者に対する躾なのです。

決断は賭けでは駄目です

★「良い結果を得たい」と言うのは目的です
 幸せな結果を出したいのは目的です

<良い結果とは?>
★自分にとって好ましいのか
★他人にとって好ましいのか
★自分にも他人にも好ましい結果になるのでしょうか

前述べたのは道徳の基準ですが、判断についても同じ基準を
適用します。なぜなら、
決断、判断は行動するために行うものです。
しようとする判断が悪いか良いかは
行いやすい順番で考えていくのです。

理解しやすい順番で考える


<判断のながれ@>
自分にとって好ましい結果になるのかと言うことです
これはある程度、理解しやすい
だれでも、何より先に自分の利益を考える
自分の利益になれば、判断に飛び込みたくなるのです。
しかし、これでは偏見に決まっている


(自分で良いと思っても大変なことになる可能性もある
利益だと思っても、ただで得るものではないので
調べてみる)

<判断のながれA>

他人にとっても良いかどうか調べる他人は2種類です。

1、自分のまわり、見方、仲間、親しい人、家族などです
2、相手です(仕事で商談などの場合です)
  他人にはよい話だが、自分にとって損ならだいたいアウトに
  決まっている
  しかし、1の他人なら妥協もあるうる。

他人にだけではなく自分にも利益がないといけないのです
自分だけに良い→×
他人だけに良い→×
自分には△が他人には○→△
というようになります
(家族も他人です)

<判断のながれB>
○自分にも他人にも良い
○判断は普遍的に良いという事になります
○要するに、これしか判断がないということです

★仏教はBまで合格しなければいけない
これしか判断は無いのです。

<判断の良し悪し>
主観的な判断はすべて間違い
偽善的な判断はすべて間違い
感情の判断すべて間違い
一部に損する判断は巧みではない
一部に損する判断も間違う場合は多い

「自分と共に皆の幸せは」判断の基準なのです
この基準に基づいた判断は正しいのです
表面的に幸せのように見えなくても真理に基づいた
判断も正しいのです
真理に基づいた判断は悪果は出さない

お釈迦様のおっしゃってる真理を実行する

<決断は意外に簡単>

俗世間は決断は難しいと思っている
感情で汚れているから思考は曇っている
事実ではなく、感情を満たすことしか考えてない
しかし、決断と言うのは意外に簡単です
決断なんかする必要もないと真理の立場で言えるのです

だって因果法則だから
自然と決まっているのです

因縁法則によって結果は決まっている
故にどのように判断するべきかも決まっている
例えば、火がついたら消す
子どもが泣いたら、慰める
お腹がすいたら、何かを食べる
このようなものです、人生は

★他の判断の場合も同じことです
★判断決断しなくてはならない状況があります
★判断材料を観たらそちらに答えがある
★それをみつけるためには客観的に物事を観られる
訓練をすればよい
★その能力があれば、更にこころを楽にしておけば(妄想しない)
★問題を発見した瞬間に答えも見える


<神様たすけて!を止めましょう>
人の顔色を伺う
長いものに巻かれる
責任、義務、勤め、云々で誤魔化す 言い訳
このようなことで判断は見えません
「自分で決めて自信を持って行使する」
は嘘で成り立たない(これは×)
事実は事実です。自分も他人もありません。

★問題があって答えがあるだけ
★自分も他人も無いのです

<裏でまわす手>
24時間も慈悲の気持ちで、生きていればすべて上手く行く
不注意、うっかりミスはありません
たまに、誤判断しても大事には至らない
自分も楽しく、幸福で生きて他人にも楽しみ、幸福を
与えることを目的にする
それで、リラックスして生きる
すべて上手くいく


★この能力を身につけて人生と言う海で幸せに暮らしましょう

それでも大物に食われるのは
輪廻の苦しみなのです
...........................終わり

▲最後まで読んで頂きましてありがとう
ございました。三宝のご加護がありますように

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「好き嫌い」という病気
「【NO3】「スマナサーラ長老の法話<幸福に生き抜くための決断力>より」について」について ダンマパダ第5章愚者 66偈 「好き嫌い」という病気 (スマナサーラ長老のDVDより編集しました) ...続きを見る
幸せに生きる
2010/06/01 08:36
【NO3】「スマナサーラ長老の法話<幸福に生き抜くための決断力>より」について 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる