幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 智慧ある人になるために

<<   作成日時 : 2010/07/30 07:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

●智慧ある人とはどういう人か

「心が軽くなるブッダの教え」A・スマナサーラ長老著書より抜粋致しました
画像


●人生の自己コントロール

智慧のある人がどういう人かというのは、いくつかのポイントから
見ることができます。


ひとつは「戒律のある人」です。戒律というのは、生き方のことで、
話す事、行動すること、それらが大変優れていなくてはいけません。


戒律とは自分にも他人にも何の害も与えないということです。
体でやっていること、言葉でやっていることのすべてについて、


品良く、他人にも迷惑をかけないし、自分にも迷惑をかけない。

社会に迷惑をかけないというすごく基本的なことなことなのです。

簡単なことのようですが、頭の悪い人は、自分自身をも破壊してしまうのです。


戒律とは、自分も他人もどんどん成長して、幸せに豊かに
楽しくなれるような生き方をすること。


人生の自己コントロールすることなのです。
その戒律を、具体的にあげましょう。



(1)「殺生するな」


 心に怒りが出てくると殺生につながります。生命に対し、
 慈しみを育てなければなりません。




(2)「盗むな」
 
 
 これは欲を小さくするということです。

 何でも欲しいと思って苦しむのではなく、自分にとって
 適量のものをいただいて生活する。
 それ以上のものを手に入れようとしないということです。

 
 できるだけ少量の資源で生きていくということを、実践しなければなりません。
 それは大変優れた生き方です。





(3)「度を過ぎた快楽の追求をしない」

 人間は肉体でしか喜びを感じないと思っています。だから、
 死にたくないのです。
 
 体というのは、ありったけの快楽を作ってくれる源泉みたいなものだと
 思い込んでいるのです。でも本当はそうではありません。


 肉体が与えてくれるものは、
 快楽よりも苦しみの方があまりに多いのです。
 
 ほんのわずかなことでも、痛み苦しみは現れます。

 
 
 私達は無知の中にいますから、体の感覚は快楽のみだと
 勘違いしているのです。

 
 その勘違いはどうしようもないのですが、やはり気をつけなくてはいけません。


 自分にも他人にも迷惑をかけない、小さな楽しみならかまわないのですが、
 
 自分の時間もお金もすべてなくなるような快楽三昧や、
 限りなく他人に迷惑をかける快楽の追求は
 やめなければならないということです。





(4)「嘘をつかない」
 
 これは強い精神力があるかないかをチェックするポイントです。

 たとえば、仕事など頼まれたことをしっかりやる人が、見張られなければ
 やらない人か。見張られなければやらない人というのが「嘘つき」です。

 嘘を言える場があれば、嘘をついてしまうのです。

 
 人が見張っていてもいなくても、頼まれたことはしっかりやるという人は、
 精神的に根性の強い人ですし、嘘をつくというところまではいきにくいのです。


 だらしない性格の人や、頭が悪くていろいろな感情に流されて生きている人は、
 すぐに嘘をつかなくてはならない状態に陥るのです。

 
 嘘をつかないという決まりを守ると、かなりしっかりした、強い性格が作れます。

 そのような人こそ信頼できるのです。






(5)「酒や麻薬に手を出さない」

 依存性の嗜好品などを止めることで、健康で行儀のいい、品格ある人として
 生きていられるのです。

 


 
 戒律とは、要は「道徳的な生き方」ということです。

 
 智慧ある人は、少なくとも道徳的な生き方をしているでしょう。

 

 道徳的な生き方をしていないと、いくら頑張っても智慧は出てきません。

 

 生き方がだらしなければ、どんな努力をしても元のだらしない生き方に戻ります。
 それではまったく効き目がないのです。 一歩も進まないのです。

 

 智慧は、しっかりした正直者で、いい意味で大変プライドの高い人でなければ
 湧いてこないのです。

 
 

 嘘やごまかしで生きている、詐欺師みたいな性格では智慧は出てきません。

 
 しかし、正直者が詐欺師かは、他人にはなかなかわからないものなのです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように。
慈悲と智慧
2010/07/30 21:17
お釈迦様の教えを一人でも多くの方が知り
実践できると良いですね
生きとし生けるものが、
幸福・安穏に暮らせますように
あん
2010/07/30 21:37
本日の毎日新聞関東版の夕刊に小池龍之介さんの記事が出ていますので興味のあるかたはご覧下さい。
歩く瞑想についても触れられています。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010/07/30 22:59
追伸
私は小池龍之介さんの瞑想法についての議論は致しません。
慈悲と智慧
2010/07/30 23:33
自分をキチンと管理・コントロールできるように。
長老が「自分を整えて生きなさい」とおっしゃったお言葉を大切にしています。
巻頭の「意見に対する執着」、自分にも思い当たるところがあります。
例えばこういった掲示板で自分の意見に反論されたときなんかは未熟ですから怒りが出ます。
鋭いご指摘と痛感します。
紙コップや割りばしみたいに捨て去る。
生命には慈悲、物には無執着(捨て去る)。
いつも気付かせてくださってあいがとうございます。

>あまりにも
>自分の思考に捕らわれている
>みんな自分が正しいと思っている
>世の中の喧嘩というのは、物の取り合いではなく
>意見の対立なのです
>物に対する執着より恐ろしいのは
>意見に対する執着なのです

>A・スマナサーラ長老ご法話より
358
2010/07/30 23:59
「殺す」ということは、他の生命の生きる権利を奪うこと。
とてつもないイヤな感覚(苦しみ)を与えること。
その感覚を与えようと思ったココロは、またとてつもないイヤな感覚(怒り)で、そのココロを作りあげてしまったら、そのココロの成果を受け取らなければならない。
結果、自分の生きる権利を同時に失いつつある。

気づかない、というのはオバケよりコワいですね。
cho
2010/07/31 01:13
cho様
ココロの解剖ありがとうございます。
法友とはココロで会話できてる
気がしています
あん
2010/07/31 07:35
一日の終わりに

生きとし生けるものが安らぎで満たされますように。
このあんさんのブログをご覧の方で未だコメントされていない方へ

生きとし生けるものが幸せでありますように

とコメント書くだけでも、慈悲のこころが育ちますよ。
慈悲と智慧
2010/07/31 22:55
5つのうち、どの法則を破っても
感覚のある物体(いち生き物)として、いまの状態で生き続けることは難しくなる。

また修行(実践,本当のことを知ること,繰り返しを完了させること)ができなるなる、又は難しくなるのは大問題だと思えれば、気をつけるかと思いました。
cho
2010/08/01 10:44
智慧ある人になるために 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる