幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●自分の考えを客観的に見る

<<   作成日時 : 2010/08/01 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



「心が軽くなるブッダの教え」A・スマナサーラ長老著書より抜粋致しました
心を強くする方法

●自分の考えを客観的に見る



人の考えはここが間違っているとか、あそこが違うという批判や検証はできても、

自分のことがなかなかそううまく行かないというのは、

もともと自分の考えを一度も客観的に見たことがないからです。



人の間違いを指摘したり批判していくたびに、自分の考えも間違って
いくのです。



人の考えから、自分のことを振り返らないとだめなのです。




たとえば、ある人が何かすごく不適切な発言をしてしまって
みなが不快になったとしたら、その人を批判したりバカにしたりするのではなく、


自分もあの人のような思考をしていなかっただろうか、
自分も気をつけなくてはと思えるかどうかということです。



人をバカにするのではなくて、自分の反省に持っていくのです。


言葉に気をつけなくては大変だとか、自分もそう考えていたがそれは
いけないことだなどと、そういうことを学ぶべきなのです。




ところが、誰も自分の思考を見てみるということをしません。



実は私もあまりやりたくないのです。

講演の録音やDVDを、一度も聞いたり見たりしないのです。



もっとうまい日本語を話したいとか、何で私の言っていることは誤解される
のかとか、聞くとだんだん気持ちが悪くなってしまうんですね。



でも新たに挑戦しなくてはいけないのです。




これは自己観察です。


自分を見る。



それしか道がない。答えが出てこないのです。




反省、というより内省でしょうか。自分自身の中を見つめる。
省みるということです。


自分の心をちゃんと見ると、見るだけで自分の心は強くなっていくのです。



見るだけで人の心は治るのです。



普通気がつかないことですが、心というのは、見るだけで自動的に
治るのです。



だから、見るだけで十分なのです。



反省や内省という言葉に振り回されると困るので、あまりそういう単語は
使いたくなかったのですが、心は観察すればいいのです。



それ以外に何もする必要はないのです。




いい人間になってやろうなどと思わなくていいのです。




自分の心を観察する人は、あら、と気がついたときには

もう心が治っているのです。

すごく楽でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>反省、というより内省
これはイメージとして
つかみやすい言葉ですねφ(^o^)v

客観視
358
2010/08/01 19:35
私も皆様もこころが成長いたしますように。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010/08/01 19:48
●自分の考えを客観的に見る 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる