幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●お釈迦様は苦しみを知り尽くしている

<<   作成日時 : 2010/08/22 05:17   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 32

画像
この道を実践する人はだれでも、時代に関係なく、
苦しみを解決することができます。
したがって、仏教は時代遅れになることはありません。
どんな人もにもアクセスできる教えなのです。


<だれでもアクセスできる教え>(P67)


●お釈迦様は苦しみを知り尽くしている

これまでお話してきましたように、お釈迦様の在世中、
さまざまな人達が、


人だけでなく神々や動物たちも、お釈迦様に出会い、
自分達の問題を解決していきました。



お釈迦様に出会い、自分達の問題を解決していきました。
お釈迦様に失敗したケースはなかったのです。


では、なぜお釈迦様は失敗しなかったのでしょうか?
なぜ成功したのでしょうか?


それは、お釈迦様は「苦しみ」をすべて知り尽くしていたからです。


人の苦しみは痛いほど理解できましたから、問題が解決するよう相手に
説明できるのは当たり前のことでした。
お釈迦様には理解できない苦しみは無かったのです。


お釈迦様は「すべての生命は無明によって苦しんでいる」
ということを理解していました。



ですから、悩んでいる人や失敗した人がいても、その人たちを責めることは
しませんし、貶すこともしませんでした。



これは重要なポイントで、相手のことを貶さないのです。


私たちは日常生活の中でしょっちゅう失敗して、周りから「なんでそんな
ことやったのか!」と責められたり怒鳴られたりしているでしょう。


お釈迦様はそのようにはされなかったのです。


お釈迦様は「人間はそんなもので、愚かなことしかやりません。

無明があるから悩みや苦しみがあり、失敗するのです」と理解して
人を貶すことも非難することもしませんでした。


また、神を信じる人と信じない人とを2分化して「信じる人は天国へ行き、
信じない人は地獄へ落ちる」と脅すこともしませんでした。



999人もの人を殺害したアングリマーラに対しても、普通に考えれば
アングリマーラは極悪人中の極悪人で救いようがない人だ、
と誰もが思うでしょう。



でも、お釈迦様はそのようには考えませんでした。
「アングリマーラは本当は素直で正直で真面目な性格をもっている。

でも、人から間違った考え方を教えられたために残忍凶悪なことをした」
と考えていたのです。


このように、お釈迦様は人を責めたりすることはしませんでした。


そうではなく、「私も輪廻の中でずっと苦しんできました。
ようやく苦しみを解決する方法を見出しました。君たちにもその方法を
教えてあげましょう」という、あわれみの気持ちを持たれたのです。



人が失敗して悩んでいるのを見て「あんたはダメな人だ」と言うのではなく、
「無明と煩悩があると人は苦しみます。以前は私もそうでした。


しかし、今は苦しみがありません。幸福です。
その道を君たちにも教えてあげましょう」
という深いあわれみの気持ちです。


これがお釈迦様の成功の秘訣なのです。



時代が変わってどんなに技術が発展しても、「苦しみ」だけは変わりません。
お釈迦様は苦しみを知り尽くし、四聖諦(4つの聖なる真理)の第一番目として、


苦聖諦(苦の聖なる真理)を説かれました。


苦聖諦の内容は、今も昔もこれからも同じです。
苦聖諦とは、次の八つです。


・生まれること
・老いること
・病気になること
・死ぬこと
・好きな人と別れること
・嫌いな人に会うこと
・思い通りにならないこと
・五執蘊(色・受・想・行・識)を持つこと


これらの苦しみは、今も昔も同じです。
新種の苦しみはありません。
世の中には新種のウィルスはありますが、新種の苦しみはないのです。


また、現代人が完全に退治したという苦しみもありません。

・・・・・・・途中省略・・・・

そこでお釈迦様は「すべての苦しみを解決する道」を説かれました。



この道を実践する人はだれでも、時代に関係なく、
苦しみを解決することができます。


したがって、仏教は時代遅れになることはありません。
どんな人もにもアクセスできる教えなのです。



「来たれ、見よ Ehi passiko」
アルボムッレ・スマナサーラ長老
どんな人にもチャレンジできる仏教実践
日本テーラワーダ宗教協会冊子より




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
 前回のあんさまのブログ記事コメント欄で、スマナサーラ長老の説法をご紹介しながら、如浄禅師は阿羅漢聖者であったことが推察できると思うということを書きました。

 その如浄禅師と、道元禅師の質疑応答を引用します(質問が道元禅師で、ご回答が如浄禅師です)。

 私はおたずねした。

 日本国でも、宋国でも、今、禅院で禅師が広めている坐禅は、ほとんど小乗の声聞の行法とかわらないではないか、と疑問視する人がいます。

 このような非難には、どのように対処したらいいのでしょうか。

 和尚さまは教えられた。

 大宋国や日本にあるそのような非難は、仏法を本当に理解していないから起るのです。

 あなたは、如来の正法は大乗、小乗の別を超えたものであることを、しっかり銘記しなければなりません。

 それでありながら、古仏の慈悲は一草一木にまで及び、やがては大乗、小乗の教えをもちい、あらゆるものに手をさしのべ種々の救済方法を施されるのです。

 このように考えられたらどうでしょう。

 大乗は七つの草餅、小乗は三つのおはぎです。

 仏祖は、にぎりこぶしで子供をだますようなことは決してしません。

 黄葉がいいときは黄葉を与え、黄金がいいときは黄金を与えます。
 
 匙かげんまことにたくみで、あらゆるものにその気になって努力すれば必ず成仏できるという証明を授けられ、ぼんやりと過ごされることは決してないのです(これが仏祖の坐禅のようすです)。

 (引用終わり。「宝慶記」道元禅師。池田魯参訳 大東出版社123頁「大小二乗を超える坐禅」)

 阿羅漢聖者が語られるブッダの教えは、阿羅漢聖者は、主観を滅されておられるのですから、元々のブッダの教えそのものであり、一切の宗派・流派(その意味での『解釈』)を超えていると思います。
ご紹介
2010/08/22 06:32
「Ehi passiko」=「来たれ、見よ」
そして「ちょっと試してみたらどうでしょうか、見てみたらどうでしょうか。」
スマナサーラ長老が本書の冒頭にお書きになっておられますね。
覗いてみると矛盾だらけの世の中で、この教えは何ら矛盾なく、シンプルで明瞭・明確、真理に裏付けられたゆるぎない説得力。
幸せへの道、世界じゅうの人々が実践したら確実に戦争は無くなると確信したものです(^O^)

今日もお幸せに!
358
2010/08/22 07:22
ご紹介さま
「おんがえし」のHPを再開されては
いかがなものでしょうか?
こちらでの知識の列挙は他の方々のご迷惑とも
なっているようです
人が知りたいと思っていることを教えて
あげるのは親切ですが
知りたくもなくて人を見下したような
大柄な態度で書き込みされることは
許されることではありません。
ご自身ではわかっておられないようですが
実際に威圧感を感じておられる方が
私自身を含めていらっしゃいます。
他の人々の迷惑になるような場合、
このブログの管理者といたしましては
しかるべき処置を取らざるを得ません。
仏教の真理への批判は自由だとお釈迦さまは
おっしゃっておられます。
しかし、生命に対して批判せよと討論せよ
とはおっしゃっておられないと思います。

今日はダンマサークルに行って参ります。
人の悩みこそ聞いてあげても
人を悩ませる方はいません。
慈愛あふれる仲間です。

生きとし生けるものが幸せでありますように


あん
2010/08/22 07:54
おはようございます。

四聖諦について、スマナサーラ長老に始めて質問した際、「苦しみ云々ではなく、まず生きるとはどういうことか?を調べてみなさい」という誤説法をされました。

それは、例えば、ボールを転がせば、物理法則で、どこに止まるか予測可能だが、子供が道を歩いてるとして、直進するかもしれないし、途中で引き返すかもしれないし、何かを見つけて遊びだすかもしれないし。。と物理法則通りには動かない。それが、ただの物質と、「心」のある「生命」との違いである。というお話しでした。

「仏教は人間学」。全ての人間が、人間について学べるということだと思います。というより、生命について学べるということだと思います。

3年ほど前、ある著名な女性物理学者の方に「21世紀の物理学はどのようになるのでしょうか?」と質問した所、「これからは、生命とはなんぞや?という問題の方向にシフトして行くように思います」と答えられたのが、とても印象的でした。

なーんちゃって、だったら、ちゃんと仏教やらんとね(^-^;)。

2010/08/22 07:56
誤説法じゃなくて御説法でした。失礼いたしました(^-^;)。

2010/08/22 08:01
私もあんさんと同じで、ご紹介さんは、ご自身のブログでお書きになれば良いと思います。


生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と知慧
2010/08/22 08:15
 あんさま。これまで場所を貸して下さりどうもありがとうございました。

 最後に、私は、事務局長を含め周りの人々がどのように私のことを言うのか分かりませんが、私は、私個人として、下記http://77713696.at.webry.info/201008/article_13.htmlのコメント欄で述べた点に、嘘はないということを不妄語戒にかけて再度誓います。

 特に、このコメントに批判、反論がなければ、これで私のコメントは終了します。
ご紹介
2010/08/22 10:05
生きとし生けるものが幸せでありますように(^_^)
慈悲と知慧
2010/08/22 10:18
ご紹介様
こちらこそ、勉強させていただきました
失礼を申しましたことお許し下さいませ。
ありがとうございました。

ボールと生身の生命との違い・・
新様ご紹介の例えから教えていただけますね。
仏教の教えも柔軟に今を生かせなければ
意味がないですね。

今日の三田精舎ダンマサークルの勉強会は
新人の方2名参加で有意義な一日でした。
「過去は物の怪」というテーマで
過去に捕らわれて現実を忘れている・・・
という内容の勉強会でした。



あん
2010/08/22 20:06
ご紹介様

私も勉強になった点は少なからずありましたので、その点は感謝いたします。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2010/08/22 20:50
皆さまこんばんは。
あん様お帰りなさいませ。一週間分の記事と皆さまのコメントに目を通し勉強しょうと思いましたら今日もこの暑さ!量が多いです(^^;;

一番印象に残ったコメントは

聖職じゃなくて・・

清書・・

じゃなくて・・

聖書・・

誤説法・・

じゃなくて・・

御説法・・

の新せんぱいでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
う〜〜ん間違いすぎです(^^;;
もくぎょ
2010/08/22 21:21
 新さま。先の私のコメントに批判、反論なしということで宜しいでしょうか?

 私は、新さまを「修行仲間」と思っております。

 私は、(片面的ですが)新さまのことを存じ上げておりますし、スマナサーラ長老の説法をしばしば拝聴したり、瞑想指導を受けたりするという点でも「修行仲間」だと思っています。

 しかし、新さまは私が誰か知りません。

 また、私は、新さまとお話したことはありませんし、今後、私と話をする接点はないという可能性も高いと思います。

 私が嘘はないということを再度誓ったのは、新さまを「修行仲間」と思っているからです。
ご紹介
2010/08/23 06:35
お互い頑張りましょう!

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/08/23 08:55
新さんも、ご紹介さんも、もくぎょさんも、あんさんも、ぱんさんも、358さんも、その他の読者の皆様もお互いに頑張りましょう。
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2010/08/23 09:04
 新さま。意味を違って受け取られていると思います。

 もう一度、先に引用しましたURL(http://77713696.at.webry.info/201008/article_13.html)の私のコメントをできれば全てお読み頂ければと思います。

 しかし、私が以心伝心で伝えようとすること、それが、新さまに伝わらないのも、何か悪業が働いているのかもしれません。

 それでは、あんさま、皆さま、どうもありがとうございました。
ご紹介
2010/08/23 09:38
ご紹介様

色々と失礼なことも言ってしまいま申し訳ありませんでした。

お幸せでありますように。
慈悲と知慧
2010/08/23 10:23
皆さまこんばんは。
↑昨日の自分のコメント読み返しましたら新先輩に大変失礼なようです。新様ごめんなさい<m(__)m>。皆さまの真剣なやり取りをよく読まずに書き込んでしまいました。
誤字脱字など気にせず議論してくださいませ。暑さでもくぎょの頭が緩んでるようです(^^;;んっ?いつものこと?

息とし・・あっ生きとし生けるものが幸せでありますように
もくぎょ
2010/08/23 18:30
本日、パテイパダーが届きました!

慈悲と知慧さんはじめ、ボランティアの皆さん、本当に有難うございました。

もくぎょさんへ。

い、いったい、どうされたのですか??

暴れハッチャクもくぎょちゃん、って感じが気に入ってますどす(*゚ー゚)v

2010/08/23 18:59
 漫画喫茶から書き込みます。

 新さま。(もく魚さまもかな?)

 故意かにぶいのかどちらかわかりませんが、http://77713696.at.webry.info/201008/article_13.htmlをよく読まれた方がよいと思います。

 聖者になった方々をからかうのは、大きな罪になります。子供だと勘違いしていたからといって、聖者をからかった罪には変わりはないのです。

 もし冥想修行する人が、聖者をからかったり軽視したりしたことがあったならば、その聖者に謝って懺悔しない限り、冥想修行は進みません。

 http://www.j-theravada.net/howa/howa152.html
国際協力隊
2010/08/23 19:28
1+1=2だと連呼されてもね。事実は事実でしょうから。もしもそれが、10だったら、腰を抜かしますけどね。
例えば、「無常でないものも存在しうる」とか、ないんですか?

スマナサーラ長老は「もし無常でないものが見つかったら、私は仏教やめます」と、おっしゃっておられた記憶があります。

2010/08/23 20:20
無常ですね
ご紹介さまは国際協力隊さまになっておられる・・・・・
あん
2010/08/23 20:38
 先の記述「http://77713696.at.webry.info/201008/article_13.htmlの『コメント欄』をよく読まれた方がよいと思います」に訂正します。
国際協力隊
2010/08/23 21:14
 熱海合宿で5年ほど前、スマナサーラ長老が「この中に修行が進んで人がいます。」とおっしゃられたのを覚えています。

 また、その2ヶ月ほど後の合宿だったと思いますが、これもスマナサーラ長老が「私が修行が進んでいるといったら相当に進んでいるんです。」というようなことをおっしゃられたのも覚えています。

 スマナサーラ長老が「アラカンになる資質があるのにもったいない」と言われたのも覚えております。

 ただし、誰かわからないように匿名でお話されておられます。
国際協力隊
2010/08/23 21:16
そのような実例はほかに存じ申しあげております。

ただ、私から観た場合、そのような方は、どちらかというと、とても気さくで、尚且つ、大変謙虚だという印象をもっております。

2010/08/23 21:45
 新さま。似たような実例といえども違うことがあります。

 その方は、「私が修行が進んでいるといったら相当に進んでいる。」「アラカンになる資質がある」とまで言われたのでしょうか?

 それから、スマナサーラ長老が、匿名ではなく話されて、新様がその方をご存知であるということならば、それはその方は悟っておられないということでしょう?

 仮にその方が預流果に、悟っておられるとします。

 しかし、預流果において無くなる煩悩は、有身見、疑、戒禁取の3つで、欲や、怒りの煩悩はまだまだ残っています。

 預流果の人の性格によってさまざまなタイプの人がいるでしょう。

 新様がご存知の少ない事例から即断するのは早計だと思います。
国際協力隊
2010/08/23 22:35
パティパダ、届きました^^
慈悲と知慧さん、発送のボランティアの皆さん、ありがとうございました(^O^)感謝!
スマナサーラ長老のお言葉もいつもすごく明確で迫力があって感銘を受けますが、アチャン・チャー長老のお話しも実にわかりやすく、深いものがありますよね。
今回は「冥想を助けるものとして心に慈しみがあるべきです。慈しみは、言い換えれば、寛大さ(施し)や、やさしさ、思いやりのことです」(新刊のネタばらしごめんなさい)というお話しがありました。
ただサティすれば良い・ヴィッパッサナー冥想すれば良い訳ではなく、慈しみ・寛大さ・思いやり・やさしさが冥想を助けるわけですから解脱を目指すものにとってこれらは必携ってことですよね^^
358
2010/08/23 22:55
パティパダー見ました。
後ろ姿が映っていました

思いやりの無い人が多い世の中
人へ質問攻めにしたり、執拗に同じ文章で
自己を肯定して、「自分が自分が」と言って
自己主張の多い世の中
ここは冗談いって仏教の勉強をもして
助け合って精進したいものです。
人の心を汚す行為は断固として立ち向かいます。
あん
2010/08/23 23:05
国際協力隊さんがご紹介さんなのかどうか私にはわかりませんが、国際協力隊さんも管理人さんのお願いを無視した書き込みだと私は思います。
「人が知りたいと思っていることを教えてあげるのは親切ですが、知りたくもなくて人を見下したような大柄な態度で書き込みされることは許されることではありません。ご自身ではわかっておられないようですが、実際に威圧感を感じておられる方が私自身を含めていらっしゃいます。」この文章を管理人さんがどういう気持ちでお書きになったか、慈しみの心でもう一度考えてみていただけないでしょうか。
358
2010/08/23 23:08
スマナサーラ長老から「才能、素質がある」と本当に言われたならそれ自体は素晴らしいことではあると思います。
しかし、野球やサッカーでも素質はあっても未完の大器で終わる選手もいればそれほど素質がなくても成功する選手もいます。
ワールドカップで選ばれる選手は素質のある選手の順位とは必ずしも合致しません。
スマナサーラ長老は「もったいない」ともおっしゃったようですが、今、ご紹介様がなされていることは「もったいない」を助長するものだと思います。
過去の悪業のことをどうこういっても仕方ないと思います。
お釈迦様は今頑張れとおっしゃっておられる訳です。せっかくの素質を生かすようにお考え下さい。
自分のブログなら未だしれず、他人のブログでの執拗な要求を求める書き込みをすることは聖者のすることではないと私は思います。
慈悲と知慧
2010/08/23 23:28
あんさん

メッセージありがとうございます。
ぱん
2010/08/24 08:07
あんさん

大量のメッセージを全部掲載することはないと思います。
無駄な長文を連続投稿してくるような人に対しては、
コメントの半分くらいは削除することが、必要だと思います。

ブログの空き容量が、すぐになくなっていまい、
私にとっても、われわれにとっても、
大変リスクがあると思います。

限られたブログの容量を、大切にしたいと思います。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
ぱん
2010/08/24 08:22
ぱん様
そうですね。
ご指摘ありがとうございました。

皆様にとって充実の一日でありますように
あん
2010/08/24 08:40
●お釈迦様は苦しみを知り尽くしている 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる