幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●神々が何を食べているかというと、私たちには想像もできないのです

<<   作成日時 : 2010/08/30 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


●「食」から生命の次元を説明する
次に、仏教で説く生命とは何なのか、「食」というポイントから
少し眺めてみましょう。

生命の次元から見ると、生命のレベルが低くなればなるほど、
「食」という面では生活しやすいのです。


皆さんの出した生活排水を浄化する下水処理場では、処理をするとき、
ただ汚水を何日間も溜めておくのです。

そして汚水にズーッと空気を送り続けるのです。


空気を送って何日かたつと、水がずいぶん奇麗になってきます。


きれいになった水はそのまま川に流してあげる。
下に泥が沈殿しますが、それは肥料になるのです。



なぜ自動的に水がきれいになるのでしょうか。



水の中に恐ろしい量の微生物がいるからです。
その微生物が、水の汚れを食べて生きているのです。


微生物には酸素が必要ですから、一生懸命空気を流してあげる。
空気を流すと微生物はどんどん繁殖して、

汚れを食べて水はきれいになる。


微生物にとっては、ただ泥の汚れを食べていればいいから、
何の問題もなく簡単に生きていられるのです。




しかし、それよりもう少し高度な生命になると、事情が変わります。
小さな魚などはプランクトンを食べます。

もっと大きくなると、さらに柔らかいエサを食べるのです。



人間はさらに柔らかいものを求めます。



たとえば私たちは牧草をそのまま消化できないのです。
牛や羊が草を食べて、私たちはその牛を食べる。

牛の肉は柔らかくてすぐ分解するし、人間の栄養になります。

その働きを生命の次元に延して考えればわかるでしょう。




人間だったらジャガイモを食べる場合も、そのまま食べることはできない。
マッシュポテトにしたり、肉じゃがにしたり、工夫して料理をするのです。


そうやって少々エサをレベルアップしなければ食べられない。
人間という生命は動物よりいくらかレベルが高いからです。




そこから更に生命のレベルが高くなると、
ポテトも肉も食べられなくなるのです。


高い次元の生命から見れば、私たちは生活廃水の汚れを食べている
微生物のように見えてしまうのだそうです。


神々から見ると、人間はものすごく気持ち悪いそうです。
あまりにも気持ち悪くて、臭くて、まったく近寄ろうともしない。


私たちも汚物に接すればそんな気持ちになるでしょう。





では神々が何を食べているかというと、私たちには想像もできないのです。

神々の世界は、だいたい感情で生きているのです。



ちなみに人間も感情を食べています。



ご飯「だけ」を食べると、体が病気になって、こころも病気になるのです。


長生きできません。



人間は他のものも栄養として摂取しているのです。



それは他の生命のこころの波動なのです。<P84>





「死後はどうなるの?」A・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

お布施などの善行為の際には、まず地元の神々に回向してます。

慈悲と智慧さん。

ふと思ったのですが、かつて「困った時はダンマパダ」を教育関係のブログのコメント欄でご紹介したことがあります。

僕の思い込みかもしれませんが、仏教系のブログを仏教や宗教、哲学のジャンルに関心ある人々に知ってもらうのは、何だか「村社会」的でどうかと思うのです。

一見、仏教と無関係なブログにリンクしたり、コメントしてみるのも、全体に広めるという観点からすると有効な気がするのですが、いかがでしょうか。

あくまでも、一案です。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/08/31 10:12
新さん。
全くその通りだと思います。唯、スマナサーラ長老の場合は仏教・哲学というカテゴリーから一歩外に出ると宗教法人であるということがとてつもなく大きな壁となってしまうため、戦略やマーケティングといったら大げさですが、それなり必要だと思います。
慈悲と知慧
2010/08/31 12:25
あんさん、皆さん、はじめまして。

「困った時はダンマパダ」からたどり着きよく拝見させていただいています。

とても為になる内容を掲載して下さっているので毎回楽しみに読ませていただいています。

私はテーラワーダ仏教協会には入っていませんがスマナサーラ長老の著書は好きで何冊か読んだことがありましす。

あんさんがよく掲載して下さっている「ブッダの教え一日一話」は母に譲ってしまっていたのですがこちらのブログで掲載されているのを見て新たな気づきが多く最近もう1冊購入しました。
さらに「死後はどうなるの?」もさっそく購入してしまいました(笑)
タイトルだけなら決して買わなかっただろうけど(失礼) あんさんのブログを読んで即購入決定です!

では、失礼いたします。

--生きとし生けるものが幸せでありますように--

今の心
2010/08/31 20:21
今の心さま

先ほど掲載いたしました
「感謝すると、感謝する人の心も、
感謝される人の心もよい方向へ変わるのです」
とあります。
コメント頂くと大変嬉しいです
見えない相手に向かってもくもくと
掲載している訳ですが、使命だと思って
これからも黙々とやらせて頂きますね。
ありがとうございます。

お幸せでありますように

○追伸で、もし見ておられる方のなかに
ブログやHPを持っておられる方が
いらっしゃいましたら、どうぞご自由に
リンクを張って頂きたいと思います 
あん
2010/08/31 21:00
●神々が何を食べているかというと、私たちには想像もできないのです 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる