幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●知識にとらわれると逆効果

<<   作成日時 : 2010/09/28 06:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

知識があると、傲慢がついて回り、
結局逆効果になるのです。
仏教の専門用語をいっぱい知っているとか、
何とかの経典には
こう書いてあったとか、
そういうことにとらわれてたら駄目になってしまう。


昔の修行者たちの中にも、
学問的なことに凝ってしまって
ダメージを受けた人がたくさんいました。

心の働きというのは、
そんなに単純なものではないのです。

皆さんは、ときには自分の冥想が
いまどんなレベルにあるのか知りたくなって
訊くことがあるかも知れませんが、
それは疑いというものです。

ですから答えは明白です。
「あなたは冥想によって何も得ていない」と。


冥想が進んでいけば、疑いは次から次へと消えていくはずです。
自分の疑いをなぜ他人に訊くのかと、私は逆に訊きたい。

ひどいのは、
自分が悟りの第何段階かに入ったことを
証明してほしいなどという場合もあります。


テーラワーダではそういうことは一切しません。
自分で納得して疑いがなくなればそれでいいのです。


私たちのチャレンジは、まず無常を理解する
ことに向けられるべきです。

頭に知識を詰め込むことよりも、
馬鹿正直なくらいにその事にチャレンジして
みるべきです。

私が説法をするときにずうっと気をつけてきたのは、
専門的な用語はなるべく
使わないようにしようということでした。

わかったようなわからないような、
そういう状態にあるほうが、

皆さんのチャレンジ精神が出てくるだろうと思ったからです。

チャレンジさえすれば、
わかってくるのです。


「何故悟りを目指すべきなのか」
A・スマナサーラ長老著書より
【悟りへのチャレンジ】より


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。今日の法話では「私たちのチャレンジは、まず無常を理解することに向けられるべきです。頭に知識を詰め込むことよりも、馬鹿正直なくらいにその事にチャレンジしてみるべきです。」というところが印象的でした。昔の高僧たちも、愚禿親鸞、大愚良寛、などというように「愚か」という表現を使います。我々は知識など枝葉末節にとらわれているので、本質的なことにチャレンジしている人のことはバカに見えてしまいがちです。気をつけたいと思いました。
ぱん
2010/09/28 06:53
単純にやってみると見えてくるということでしょうか。
「自我は無い」と思っていると
「観察能力」がみるみる上がってくるのでしょうね。
チャレンジ、チャレンジ

生きとし生けるものが幸せでありますように
あん
2010/09/28 07:51
おはようございます。

「無常ならざるものは何もない」とずーっと唱えるのも、効果があると、スマナサーラ長老はおっしゃってました。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/09/28 10:29
目指すべきは仏教の学者ではなく悟り。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2010/09/28 12:20
●知識にとらわれると逆効果 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる