幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●生まれ変わる場所が決まる瞬間

<<   作成日時 : 2010/09/04 06:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

怒り憎しみを恐怖に覆い尽くされた地獄界から、一切衆生への
慈しみと平安の境地に住する梵天界まで、
とほうもなく広がる多次元的な輪廻の世界で、
私たちは死んだあと、どこに生まれ変わるのでしょうか。


 ひとつ知ることのできる方法があります。
皆さんにも高熱を出したり意識が不明になったり、
そんな経験があるでしょう。

そのときの自分のこころの状態はどうでしょうか。

重病になって倒れて、前後不覚になって高熱を出したら、
支離滅裂なことをしゃべってしまったり、
いろんな幻覚が見えたりするのです。


あのひどいこころの状態を考えてみてください。
そうやって自己管理ができない時のこころのあり方が、
来世を考えるうえでのポイントなのです。

もしそういうとき、皆さんがくだらないことや
自己コントロール出来ないで
おかしなことを考えているならば、
来世がちょっと心配です。



たとえば母親が熱を出した子供の薬をあげようとしたとき、
子供が「鬼が来た」と怖がったならば、
それはその時の子供のこころの状態なのです。


普段どんな高尚な哲学を考えていたとしても、
病気で倒れて意識がなくなったとき、
私たちのこころの状態がどうなっているのか、
そのポイントで次の生が決まります。



だから死後があるといっても、
あまり面白い話ではなくて、かなり怖い話です。


そこで仏教では、「常によいことを考えてください」
「慈悲のこころを持ってください」というのです。

「怒りや嫉妬の感情は毒ですよ」
「冗談ででもそういうことは考えてはダメですよ」と。

明るくポジティブな考え方、
生命を愛する考え方、
善行為を喜ぶ考え方を、




癖になるまで訓練して習慣づけて、
根元から立派な人間に育っていかなければダメです。



そうすると、朦朧としたときでも、
すばらしいものが自分に見えたり、
清らかなことを考えたりするのです。


そうであれば、もう次の生まれは心配ないといえるのです。


「死後はどうなるの?」A・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
慈悲の心が自分のもにになるよう両冥想とサティ、努力精進ですね。
大きいリンゴを無条件に差し出せる自分を目指して努力精進

生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように
358
2010/09/04 07:54
お釈迦様の教えを知る前は
「ちょっと考えただけだから、行動に移してないんだから・・・いいんじゃない?」って思っていました。
心を清らかにする意味も解からずにいました。
ブッダの教えに出合ったこと
これは本当にラッキーな事です

生きとし生けるものに悟りの光があらわれ
ますように
あん
2010/09/04 08:46
生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と智慧
URL
2010/09/04 10:12
おはようございます。

病気になると、急にわがままになったり、本来の心の状態が出てくるのは、全くその通りかもしれませんね。

冗談でも怒りの気持ちを持たない。肝に銘じます。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

〜生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように〜

2010/09/04 10:31
皆さま今晩は。次々明らかになる死後の世界ですね。本もってないので、怖さ半分興味半分(^^;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後の夏のお話↓
9月になっても故郷からカメ子が帰ってこない。もっとも取立てに来ても払う金がない。トホホ〜〜・・内職に精を出す。

ブロロ〜・・竜宮郵便のバイクの音。

郵「速達です〜」ゴソゴソ・・

ボロ小屋の透き間から入る手紙。
差出人はカメ子。スリランカメ国からだ。

もく「なになに・・」

カメ子のかわいい文字が並ぶ♪

カ子「ざんきんゼロ〜。だいちきゅう20万りゅうぐう送れ・・グスグス(泣)」

もく「なっなぬーーっ?!」

カメ子はレースで手にした大金をこの夏で使ってしまい、途中の「黒潮海流代」が払えず浜辺で足止めを食っているらしい。

もく「カメ子の奴〜〜!」

お金を送ってやりたいが内職代では無理。どうするもくぎょ。大ピ〜ンチなのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あん姫〜つづきはまた今度。アッこれ一応解決法があるんですよ(^^;;
もくぎょ
2010/09/04 21:37
皆様今晩は。あっ暑い;;↑のつづき。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何とかカメ子に送金しなければと、ボロ小屋の柱を一本引っこ抜く。ギシギシ!

屋根が少し傾くが、急いで柱を「竜宮骨董屋」に持ち込むもくぎょ。

店主「これは珍しい!らんじゃたいじゃ」
もく「いくらになります?」

店主「20万竜宮で・・」
もく「お願いします!」

浜辺のボロ小屋を建てるとき岸に流れ着いた流木を使ったが、いい香りの木が一本あった。それが香木だったのだ。

さっそく竜宮郵便局でお金を振り込む。
カメ子に送金できて結局残金ゼロ。やっぱりトホホ〜〜のもくぎょなのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
う〜〜んこんな事が本当にあるのでしょうか?あったことにしましょう(^^;;だって作り話ですから。
もくぎょ
2010/09/05 18:55
もくぎょ様
その・・・
カメ子のために家の柱まで抜いて換金して
あげるなんて本当に素晴らしい布施行為
TVの「なるほど鑑定団?」だっけ
お宝発見を連想しました
いやぁ〜〜
涙と汗のお話でしたね
今日はゆっくり寝てくださいねっ
あん
2010/09/05 20:36
おはようございますぅ。
布施行為・・になるのかな?(^^;;

>ゆっくり寝てくださいねっ
この所の暑さ扇風機でがんばってる
もくぎょなのです。とほほ・・
もくぎょ
2010/09/06 06:50
●生まれ変わる場所が決まる瞬間 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる