幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●自分とは「いる」という「気分」のつながり?

<<   作成日時 : 2010/09/05 07:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
身体は絶えず変わりますが、何か「ずうっと自分がいる」
という気分があります。
(ただの「気分」ですけれど・・・・)。
こころはノンストップで回転して変化していきますから、

瞬間、瞬間、違うのです。


例えば、親と喧嘩する自分と、
親のことを大好きだと思う自分は、
ずいぶんと違います。まるっきり別人です。

誰かと喧嘩する自分と、
誰かと一緒に仲良くご飯を食べている自分も別人です。



だから、私たちはひとコマひとコマ、
瞬間、瞬間、別人になっています。
別人なのですが、それを「繋げている」のです。


曜日と同じです。
木曜日は木曜日で、金曜は金曜で、まるっきり同じわけでもない。
しかし、それを繋げていくのです。


では、繋げているのは誰なのか、といっても何もない。
ただ「繋げていく」だけです。



他にも、川は「繋げている」でしょう?
同じ川は二度と見られません。川は流れるのだから、

ひとつ消えたら
その代わりに別のものが現れるのです。

「川がある」と思ったら、川に名前を付けて
「昔から○○川ではありましたよ」

と言いますが、一瞬でも同じ川ではないのです。



電気を見ても同じです。
電子が一個一個、流れて消えていくのです。
もう二度と戻りません。


私たちはそれを見て、ただ「電気がある」と言うだけです。




私たちの身体も同じことで、ずうっと変わっていきます。
ずうっと変わっているものを
ただ繋げて「身体」と呼んでいるだけなのです。



先ほどもお話ししたように、紙を燃やすと灰になってしまいます。
ですが、その流れは繋がっていきます。

「紙を燃やしたら砂になる」ということはあり得ないし、不可能です。
「紙を燃やしたところでお菓子の飴になりました」
ということもあり得ません。


また、今あなたがすごく怒っているとします。
怒っている心はすぐに消えます。
しかし、怒った心が消えた瞬間に、
ニコニコ笑うことはできません。


同じように、今あなたがすごく泣いているとします。
泣く心はすぐに治ります。
しかし、泣いている心が、次の瞬間に突然
アハハと笑うことはないのです。


心が繋がっていく場合は、そういう法則があります。

泣いている人が笑うまでにはプロセスがあります。
泣いていた人がだんだん泣き止んで、つまらなくなってきて、
「何かしようかな」となる。

そこで誰かがおもしろいことを言っているのを聞いて、
「何かおもしろそうだな」
としばらく待っていて、それから笑うのです。




私たちは、いつでもそうやって心の流れを繋げています。
仏教では、その「繋げていくこと」を「因果法則」と言うのです。


法則だから解かりやすいし、発見しやすいのです。



怒ると、次にすごく気持ち悪くなったり、
身体の調子も悪くなるということは、
法則だからもう決まっているのです。



やさしい心でいると、
すごく楽しくなってくる。身体も軽くなって自由に動くようになって、
みんなと仲良くなれたりする。



このように、心がどのように繋がっていくかということは、
法則的に決まっています。(P104)



「ブッダー大人になる道」
第3章ブッダ心理学基礎の基礎ー心とは何か?
A・スマナサーラ長老著書より


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
無常を腑に落ちるまで理解できれば執着は無くせそうだとは思います。
でも、まだ色々な執着の自覚があるって事は、理屈・道理はわかったつもりでも、自分のものになっていないのですね。

「解脱とは無常を理解すること」という表現をスマナサーラ長老の著書で学んだ記憶もあります。

無常を自分のものにするにはやっぱり慈しみの心を育てること、冥想、サティ、日々精進ですね
結局いつもここに行き着きます。
「いまここ」で頑張ります

ありがとうございます。
今日も三宝のご加護がありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
358
2010/09/05 07:55
生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と智慧
URL
2010/09/05 10:03
おはようございます。

今日も、ためになる御法話ありがとうございました!

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/09/05 10:52
●自分とは「いる」という「気分」のつながり? 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる