幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆私はどんな変な人を見ても、変には見えません。

<<   作成日時 : 2010/10/02 05:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

私の母は、お釈迦様の教えに従ってしっかり育てられた人です。
私に生命を差別してはいけないという
重要な真理を最初に教えてくれたのは母でした。

画像



ある日、村に物乞いの人が来ました。
昔のインドの物乞いというのは、
カーストによる職業でしたから、そういう人びとに
施しをするのは義務であり、
うるさがったりしたらいけないのです。


そのときに来たのは体に障害のある人でした。
私は驚き、

母に、「なんだか変な人が来ているよ」と告げたところ、
猛烈に怒鳴られたのです。

「他人さまに向かって、なんてことを言うのですか。
あなたもいつ不自由な身になるかわからないのに。
そうなったとき、自分がそういわれていいのですか」

そして、母はその人に施しを渡しました。



私は、それ以来、
どんな人を見ても変だとは思わなくなりました。


どの人も自分と同じ生命だからです。



A・スマナサーラ長老「こころを清らかにする言葉」
〜もう何があっても悩まない〜冒頭より抜粋



http://ping.blogmura.com/xmlrpc/abeib9sht1p3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
スマナサーラ長老はいつも「なぜ」を教えてくださいますね
「差別はいけない」何度も何度も聞いてきた言葉だし、自分で納得していたキーワードでしたが、真に腑に落ちたのは長老が「なぜ」の本当の理由を教えて下さったからだと思います。

「私は生命のネットワークの一部です」
これが腑に落ちれば「差別」はクリアですね
いつも気付きをありがとうございます。

生きとし生けるものが幸せでありますように
358
2010/10/02 08:03
スリランカはすばらしい国だと思います。今日の法話に出てくる長老の母親のような立派な人がいる。また、スリランカは、第二次世界大戦後、サンフランシスコ講和会議において、世界一早く日本と正式に外交関係を結んだ国です。「憎しみによっては憎しみは止まらない。慈悲によって止まる。」というお釈迦様のメッセージが、大統領の決断の根拠だったようです。国のトップから、庶民まで、お釈迦様の教えを実践しようと、おそらく、2600年間、正精進をつづけてきた国。お釈迦様の教えの形は、インドにたくさん残っていますが、お釈迦様の教えの心が最もよい形で継承されている国。それがスリランカだと思います。
ぱん
2010/10/02 09:01
おはようございます。

以前、在日スリランカの方とお話しする機会がありました。

子供のころから仏教を学んでいるせいか、いまどきの日本にはいないタイプでカルチャーショックを受けたことがあります。

正山寺でのウェーサカの帰りの出来事でしたが、「ああいう人を真のインテリというんだろ〜な〜」と思いました。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/10/02 10:17
こちらのブログはスリランカの伝承医学について扱っていらっしゃるブログで時折スマナサーラ長老の文献も引用なさっているブログです。
『アーユルヴェーダ家のsamain 』http://ameblo.jp/cava-sana/
慈悲と智慧
2010/10/02 11:07
☆私はどんな変な人を見ても、変には見えません。 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる