幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●主観は事実にならない

<<   作成日時 : 2010/11/02 06:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

★精神的なエネルギーの浪費です
どうみても生きることは大変ですから、
がんばって生きていなければいけないのですから、
元気で生きるためには、かなりエネルギーが必要です。
これが、希望があると夢があると期待があると願望があると、
全部浪費になるのです。

★時間が無駄に経ってしまう
頭の中で考えたり、妄想したり、希望したりすると、時間がかかるのです。
みんな、あまり、ここは気にしないのですが、
考えるときは時間がかかるのです。

よく覚えてください。
「家の掃除をしなければ、洗濯しなければ、買い物しなければ、
だから、自分は忙しい」というのは、
それほど大きな問題ではないのです。

妄想するために、よりたくさん時間を無駄に使っています。
それで間に合わないのです。
人生は。

画像

★生きる時間がなくなって焦るのです
時間がなくなる。これは、誰も気づいていない、

ものすごく大きな問題なのです。

仏教でしか、ブッダの教えでしか言っていません。

大乗経典を私も読んだことありますけど、
なかなか、そういうアイデアがなかったのですね。


あれこれと色んなことを期待したり、妄想したり、願望したりすると、
結構時間を喰います。

それで、仕事をする時間はなくなるは、ご飯を食べる時間はなくなるは、
掃除洗濯する時間がなくなります。




★ものごとの理解能力がなくなる
目の前で何が起きているのか、全然わからなくなってしまうのです。

自分が夢の中にいるのです。
すごく鈍感になるのです

★ストレスやら精神的な悩みは絶えません
だから人生はストレス人生になっています。

★認識はあべこべです
我々は「夢がいっぱいあった方が楽しい」と思っていますけど、


仏教では「逆だ」と思っています。
現実を観ないのだから、認識はあべこべになるのです。
まだ危機はいっぱいありますよ。
画像


★主観は事実にならない
人の考え、気持ちなどは、簡単に変わる。

そんなに固執していても、「私は知る。だから正しい」と思っても、
自分はころころと変わるでしょう?


だから、あまり自分の知識に依存しない方がいいのです。

「あの人は悪い人、あれはどう、これはこう」と、
いろいろ考えているでしょう。

何のことはなくその考えはあるのです。
勝手に「あの人は敵だ」と思って攻撃していて、別の情報が入ると、
後で気持ちが変わって、
「その人は自分の味方ではなかったか」と思うこともあります。



「気づいたらもう幸福になっていた」A・スマナサーラ長老
<心を育てるブックレット>より抜粋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

考える時も、それは実行できるか否かをまずは考慮すべきだと思います。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/11/02 09:45
考えている時間、計測してみたら相当な時間になりそうですね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と知慧
2010/11/02 12:19
スマナサーラ長老から学生さんへの語り口調のまま書かれているのでとても親しみをおぼえます
無常・今ここを端的に教えてくださってますね

ありがとうございます。

陽の光を通した菩提樹が生き生きしてますね

お幸せに
358
2010/11/02 18:08
切羽詰ると、考えてる暇なく、行動、行動、

の連続になるか、あきらめてしまうか

どちらかの行動を、僕は取っているように感じます

一時間である仕事をすると、約束します

しかし、いざ仕事に取り掛かると、一時間ではできそうになく時間に間に合うよう行うことをあきらめる

それ課、当初自分ができると判断したのだからできるはずと、一心不乱に、集中してする

その二つの判断が、僕は多いです

一心不乱に、時計も見るまもなく、作業を行うと、一時間の作業に、一分の違いもなく、ぴったりと作業完了でき、自分でも驚くことがたまにあります。

不安を抱え、できるか?、今何時?、できるか?、とばかり考えながら、仕事をしていると、とても間に合わなかったろうと思います

僕の場合、時間が余っても、良くないし、時間が足りなさ過ぎても良くありません

私の短い人生の経験では、時間に少し余裕を持って、行動し、その時間の余裕で、少し良い行いをする。

そうやって、時間を合わす

といったことが、良いのかなと思っています

なんにしろあれこれ考えてる時間は、本当に長いものです


才木広之
2010/11/02 22:21
●主観は事実にならない 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる