幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎「貪・瞋・痴」はすべての認識にからみついています。(2)

<<   作成日時 : 2010/11/20 06:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

2つ目は、「怒り」で認識するフィルターです。
そのときは、「嫌だ」と判断してしまう。
そう判断すると、すべて嫌なものに見えてきます。
逆に好きと決め付けたものは、
なんであろうと好き、すばらしいというふうに見えます。


3つめに、「無知」というフィルターがあります。


人間は、この地球上で自分たちが一番偉いと思っています。
そして、その見方を立証するため、強引に情報やデータを探しています。


たとえば、人間には知能がある、他の生命には知能がない。
だから人間が一番偉いのだと思ってしまいます。
でも、見方を変えるとどうなるでしょうか。


知能がなくとも、
他の生命はなんの問題もなく堂々と生きています。

他方、人間は、たくさんの知識を持って苦労してないと
生きられません。

火のおこし方、道具の作り方、使い方を知らないと、
たちまち食べることもできなく
なって、寒冷地であれば、
寒さで凍えて死んでしまいます。


それでも人間が他の生命より偉いと考えている人が多いのは、
その見方に合うデータや情報だけを拾って見ているからです。


この3つのフィルター(欲・怒り・無知)で捏造された認識を、
パーリ語で「パパンチャ」といいます。

日本では、「戯論」と訳されていますが、
「捏造」という日本語がぴったり合っています。

間違った認識による妄想・幻想のことだと理解してもよいのです。

画像


もう少し詳しく説明してみましょう。
この3つのフィルター(障害)を、
お釈迦様は「貪・瞋・痴」として整理しました。


簡単にいうと、
「貪」は欲望・欲求。
「瞋」は怒りや妬みなど、
「痴」は無知をあらわします。

「貪」は、なんでも自分のものにしなければおさまらない
心のエネルギーです。

物欲、名誉欲、金銭欲、所有欲など、「貪」から生まれる欲は、
この世のほとんどのトラブルや問題の原因になっています。

「貪」は何ものかを自分の思い通りにしたいというエネルギーですから、
自分の利益だけを考え、
他人の利益を考慮しないという態度につながります。


「瞋」は、物事を嫌な目で認識するとき「瞋」のフィルターを通しているのです。

「貪」のフィルターで、好きなものだと期待して認識したところで、結果は
そうでなかった場合、「瞋」があらわれることがあります。

たとえば、美味しいと思って食べたところで、不味かったら、嫌になって
怒りがあらわれる。

「瞋」が欲をさらに加速することもあります。
食べ物が不味かったら、無性においしいものを食べたくなる。

「瞋」がさらに加速することもあります。

「痴」とは、ありのままに認識しない私たちのふつうの認識状況です。
知識がないということではありません。

知識があるとき、さらにありのままに認識するのではなく、
知識というフィルターを通すのです。



ありのままに認識するためには、フィルターを壊さなくてはなりません。



このように人間の認識は誤ってばかりで、知らないこと、理解していないことを
「無明」といいいます。

「貪・瞋・痴」はすべての認識にからみついています。



「心がフッと軽くなるブッダの瞑想」A・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。今日も一日、少しでも「今ここ」に生きられますように。
かずみ
2010/11/20 07:05
おはようございます。

パパンチャで思い出すのは、10月に参加した西湖の合宿の参考書が『パパンチャ ヴィパッサナーで破るもの』だったことです。合宿は、最高の環境で修行を積むことができました。心の汚れを落とすため、チャンスがあったらまた参加したいです。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
ぱん
2010/11/20 07:29
今日はこれからカティナ法要に行ってまいります。
沢山徳を積んで、沢山生きとし生けるものに回向したいと思います。
慈悲と知慧
2010/11/20 08:13
おはようございます。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/11/20 09:47
今日、カティナ法要に行って参りました。
この功徳を生きとし生けるものに回向いたします。

慈悲と知慧
2010/11/20 15:10
◎「貪・瞋・痴」はすべての認識にからみついています。(2) 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる