幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★社会は「変わる」自分を「変える」

<<   作成日時 : 2010/12/04 06:22   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

間違った思考を持って、間違った生き方をして、間違った判断をしている
アーティフィシャルな社会に生きる私たちは、
それらを見直すことなしに問題をどうにかしようと思っても、
解決策は出てきません。

客観的な価値を見つけだすことは、至難の業です。
客観的な価値は、もともと人工的な社会には存在しないものですから。


リーマン・ショックで日本が経済的な打撃を受けたとき、報道では
「世界各国にダメージが波及した」と言うけれど、
そんなことはありません。


打撃を受けていない国々もあるのです。
リーマン・ショックがなぜ起こったのか、その原因解明さえも、
きちんとできていません。

ですが、本質はひとつです。
リーマン・ショックの広がりで、日本も相当のダメージを受けました。

問題はどこにあるのかというと、
日本の経済システムにあるわけです。
日本の経済システムは、アメリカの経済システムの上に
載せて起動していたのです。


それなのに日本は、自立した経済活動をして世界の経済活動に
手を伸ばしていると思っていたのです。


自立してたのではなく、アメリカの経済システムに寄生していたのです。


この日本の経済システムという基本的なOS(オペレーションシステム)
を直さなければいけなかったのです。


ところが、直そうとしない。「非伝統的な手法で」という表現が使われ、
あたかも革新的な手を打ったかのように思われましたが、
実際使われた解決策は決まりきったパターンに落ち着いています。


「ちょっと待てば、そのうちよくなりますから」という運命論者たちに、
言いくるめられてしまうのです。

言葉を換えれば、運命論者たちの思考に
押し流されてしまったわけです。

画像


報道や出版、印刷の世界は、新たな時代に入っています。
デジタル文明が押し寄せ、

今や新聞の部数は世界各国で激減しています。
本も売れなくなってきています。


CNNやBBCなどの国際ニュースチャンネルも不要論が出るほど、

一般人が情報の流通を担う時代に突入したのです。


その中で、大手新聞社やテレビ局など報道系のメディア会社が、
どうやって生き延びるかが大きな課題となっています。


ところが、なかなか沈みつつある船を浮上させることができません。

理由は簡単で、ふんばってあれこれしようとするから、
動かなくなってしまうのです。



解決策は、自分達がどう変わればいいのかを考えることです。

たとえば、電子版の有料化などを発表している
ニューヨークタイムズなどのように、

これからは印刷しないぞ、と考え方を変えてしまえばいいのです。
それだけの話です。


社会が変わっていくのですから、自身も変えていかなければならないのです。

しかし、「今まで生きてきたパターンを変えたくはない」という感情が、
人間にあるのです。


人間はみんな、保守主義なのです。


これはあり得ないことです。変わらないものは何もないのです。
すべて因縁によって現れて、因縁によって消えるのです。


瞬間たりとも止まることなく変わっていく環境の中で、
自分がどのように変わればよいのかと
発見する能力が必要ではないでしょうか。


いつでも、自分を変えられるようにしておきましょう。



「くじけないこと」アルボムッレ・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

酒を飲んでも構わない。と時代の流れでなってくれたら、楽になるかもしれません(笑)。

しかし、パターンを変えるのは、あくまで、五戒を守り、八正道を実践するという枠内で行うのだと、私は理解してます。

自己観察無しに、適切な対応もできないと思うからです。また、道徳無しに変化すれば、社会も自分も破壊の方向に進むと思います。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/12/04 08:46
生きとし生けるものが幸せでありますように

http://ameblo.jp/jihitotie/
慈悲と智慧
2010/12/04 11:54
柔軟な思考から、いろいろな対応が出来る。
身体の細胞も活発になりますよね。

何故か
最近リンクつけてないんですね?<慈悲と智慧さま

生きとし生けるものが幸せでありますように
あん
2010/12/04 18:08
あんさん

違う会社のブログだとコメント欄にリンクの記入が入らないことがあるみたいで、なるべく入れるようにしてみますね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と知慧
2010/12/04 19:26
そうそう、
あんさんの仏教ランキングをポッチっと押して、そこ経由で慈悲と智慧さんの所へお邪魔してたので、あんさんが「シンプルライフ」へ旅立って以来、ご無沙汰してしまって・・・・
と、自分の都合を主張するのは×ですね^^;
ちゃんと自分のお気に入りに入れれば済む事でした
ここへ来られてる皆さんのブログも楽しみにしています

生きとし生けるものが幸せでありますように

2500年以上前の話しが、今でも通用するという事に真理の凄さを感じずにはいられません
358
2010/12/04 19:30
★社会は「変わる」自分を「変える」 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる