幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆◆正しいことを言われると嫌になる【後編】

<<   作成日時 : 2011/01/20 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

「自分は生まれつき品格のある人間なのだ。それに適さない、そぐわない
ことは絶対しない」とこころに決める。

そのへんのだらしない人間ではなくて、だれよりも優れた人間になるのだ、
というプライドを持って生きるのです。

しかし、それは自分はお金持ちの息子だとか、自分の親は有名人だとか、
そういう俗世間の間違ったプライドとは違います。

それは自己破壊を招くだけです。

ブッダが勧めるのは、人格的なプライドをもつことです。

例えば「私の家は貧乏ですが、だからといって私は絶対にお金の力に屈しない」
といった気概を持つことなのです。

人格的なプライドをもつと、しつけをされることが全く嫌ではなくなります。

画像


あれこれと間違いを教えてもらうと「教えてもらってよかった」とありがたく感じて
しまうのです。



会社に入って先輩や上司から厳しい指導を受けても「これで自分はこの職場で
仕事ができるようになれる」と喜べるのです。


先輩からしつけられることで、自分の人格的なプライドが守られるのだと理解
できるのです。


次に大切なことは、怠けないことです。

時間は常に流れていますから、人生はいつでもテレビ番組の生放送のような
ものです。
それをビデオやDVDに録画をしてから、何度も繰り返し編集し直すわけには
いきません。
だから秒単位でやるべき仕事をしなければならないのです。


それができないと「お前は失敗した」と言われますから、そこで人格的なプライドが
傷つくのです。怠けて失敗した場合は、しつけられるのではなく、しかられることに
なります。


しつけはありがたいけど、しかられるのはとても恥ずかしいことです。

人生に成功したければ、しつけにはこころから感謝して、しかられることをとても
嫌がることです。


そういう生き方をするなら、怠けることはできなくなってしまいます。

それから、世の中にはびこっているおかしな考え方(邪見)に振り回されない
ことです。
もちろん、人格的なプライドをもっていれば安心です。



おかしな考え方は決して頭に入りません。

反対に人格的なプライドのない人は非常に危険です。

異常なまでに欲望を刺激するマルチ商法やカルト宗教、金銭目当ての
自己啓発セミナーの渦に引き込まれ、恐ろしい暗示にかけられたり、
洗脳(マインド・コントロール)されたりしてしまうからです。


するとどんな危険なことでも、どんな恥ずかしいことでも、どんなに悪い
ことでも、人前で平気でやれるロボットのような人間になってしまうのです。


しかし、自分は情けないことを絶対にしない、という人格的なプライドをもって
いれば、決してロボット化されずに自分自身の力で生きて行けるのです。


四番目のアドバイスは、世の中のどこにでもいるような人間になっては
いけない−−−−


「ありきたりな人間になるな。一般のレベルを乗り越えよ」ということです。


その辺のだれもがやっているようなことで、認められたり褒められたり
期待することは、これもプライドのない生き方です。

みんなが近寄れないほど自己を向上させ、特別な人間になってしっかり
生きること。


それがブッダが勧める生き方なのです。



原訳「法句経(ダンマパダ)」 一日一悟 A・スマナサーラ 著 P.21〜23

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
生きとし生けるものが幸せでありますように。


生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。
慈悲と知慧
2011/01/20 00:24
おはようございます

今日も読ませyていただきました

自分がどう見られているかなんて感情は放っておけ

それよりも、自分が自分の心に、正直に気づいて、生きてるかどうかだ

才木広之
2011/01/20 06:57
怠けはありますねぇ
怠けに気づけるように少しはなってきたような気もしてますが・・・・・

怠けは背筋がシャンと伸びてないことですぐわかります。
ありがとうございます

生きとし生けるものが幸せでありますように
358
2011/01/20 08:30
おはようございます。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2011/01/20 11:36
今日の法話は、朝読んだときは、あまりにもハイレベルすぎて、打ちひしがれました。今はどうにか、冷静に受け止められるようになりました。非常に衝撃を受けたので、逆に言うと、こういう法話こそ、長期的に見れば、自分のためになるような気がします。ありがとうございました。
ぱん
2011/01/20 16:51
今日は背筋を伸ばすことに、意識がいきました

何回か気づき直しました。

ありがとうございました
才木広之
2011/01/20 21:23
 今日の朝カル。さすがに、スマナサーラ長老のDh19、20と、Dh1、Dh2の間違いはありえないでしょう。絶対わざとです。Dh1なんてテーラワーダ仏教徒なら誰でも知っています。
 えさに飛びついた人が2人ほどおりました。1人は楽しそうに長老の間違い(私が思うに絶対わざと)を指摘されておられました。
 
 長老は、その方々を「実践抜きの学びになっている、実践して結果を出しなさい」と説法されたのだと思います。

 naagitaさんのTwilogよりスマナサーラ長老のお言葉を引用します。
 「…実践抜きの学びは、他人の牛を数えるのと同じです。実践して結果を出す事が、仏教では何よりも大切なのです。」(終わり)posted at 21:04:55

あわせて、Dh19,20をお読み頂ければと思います。こちらのワンギーサさまのブログで読むことができます。
 http://76263383.at.webry.info/200911/article_12.html

 ちなみに、スマナサーラ長老は、察しが悪い人のために、そのパーリ原文を暗唱していることを示して下さいました。それでも、ご本人は気づいていなかったみたいですが。

 ※Dhは、ダンマパダの略です。
ヴィーナス
2011/01/20 23:12
◆◆正しいことを言われると嫌になる【後編】 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる