幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆つきあう前に人を選ぶか【後半】

<<   作成日時 : 2011/01/24 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 18

つきあう前に人を選ぶか【後半】〜人間関係は知人と友人を選ぶことで始まる〜
自分に気楽につきあえるぐらいの人々とつきあって、自分の社会を
築けば充分です。
個人の世界は、その人の対人に対応できる能力に適するべきものです。

画像


例えば十人と仲良くすることができる人は、二十人の友人を作ると
かなり苦労する。

逆に、知り合いは三人しかない場合は寂しさを感じる。

十人ほどの知り合いがいれば楽しく生活できる。

「人には何人ほどの知り合いがいれば良いのか」と聞かれると、
決まって「できるだけ沢山」と言うでしょう。

しかし、正しい答えは「その人に対応できる人数」ということなのです。

 皆とつきあわなくても良いということは、あまり知られていない
事実です。

ですから、人間関係でよく苦労します。トラブルは絶えない。

環境を改善しようとすればするほど、悪化してしまうのです。

自分とつきあいたくない人とも無理につきあおうとする。
つきあいたい人を無視する。

沢山の人とつきあおうとして予測できないトラブルを起こす。

特に自分の性格と合わない人とつきあうことは難しい。

無駄話をする人とつきあう場合は、自分も無駄話をしなくてはならない。

もし自分が有意義な話を好きな人であるならば、この状態はきつい
ものです。

自分の頭も悪くなる。
遊び好きな人と仲良くするために、自分も遊び人にならなくてはならない。

平和好きで法律を守る人には、暴力団とのつきあいは難しい。

悪い人とつきあうと、自分は否応なしに悪い人間にならなくてはならない。

ですから、つきあう人は多ければ多いほど良い訳ではありません。
性格の悪い人とつきあうことで、予測さえもできないトラブルを招く
ことになる。

相手は決まって我が儘・自己主張が激しいから、仲良くすること自体も
災難なのです。

釈尊の言葉で言えば、不倶戴天の敵と同居しているようなものです。

 誰とでもつきあえば良いということで、自己破壊の道を歩むのは
愚かな行為です。 

人は誰でも、幸福で、幸せで生きていられるべきです。
それには異論がないと思います。

「人は苦労した方が良い」と言う場合も、それは苦労を好んで言っている
訳ではなく、苦労することによって人生の経験を得て幸せになるという
思いからです。

ですから無数の人々と人間関係を築くのではなく、自分に対応できる
数にリミットするのです。
しかしそれだけでは不完全です。未知なことを教えてくれる、自分が
歩む道を正してくれる、善悪を教えてくれる、自分の人格向上を
支えてくれる善友と、必ずつきあわなくてはいけないのです。


善友なら一人でも充分です。


普通の人間なら何十万人とつきあっても、一人の善友ほどの価値が
ないのです。
 
人と全くつきあうことができない人にでも、一人の善友がいれば、
その人の世界は格段に広いのです。決して狭いとは言えないのです。

智慧のある人とつきあうことは、大事な親戚と一緒にいるときのように
幸せを一杯感じるのです。


 そういう訳で、我々は人を選んでつきあうのです。

誰とでもつきあう主義はやめるのです。友人を選ぶ基準もあります。
それは相手の影響で自分の人格が向上するか堕落するかという基準です。

従って、善友とつきあわなくてはいけないということは、鉄則になるのです。

仏陀の教えがある限り、我々には釈尊という、この上のない善友が
おられるのです。
仲間を増やしたい人は同じ目的の仲間を探せば良いのです。

人格を向上させたい、悪をなくしたい、善を行いたいという目的を持つ
仲間がいれば、相手を指導する能力が無くても、互いに協力し合って
向上するのです。



パティパダーNo.117 (2004年11月)
つきあう前に人を選ぶ
〜人間関係は知人と友人を選ぶことで始まる〜
 Your friend controls your happiness.
A・スマナサーラ長老


http://www.j-theravada.net/howa/howa117.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
友達の選び方、人付き合いの仕方等、人間関係を上手く保つことは、人生においてとっても重要なことだと思います。勉強になりました。
シーズン
2011/01/24 06:28


とにかくと言うと失礼ですが、とにかく、私は、自由な場で、「みんなと仲良く」やって下さいと言われると身動きできなくなってる自分に気づきました

理屈では説明が下手ですが、過去の経験ではそうです

小学生の時でも、みんな仲良くおしゃべりできるのに、どうしてあなたはできないのと

教室でみんなの前で、先生に呼ばれ、教壇でみんなの前で、張り手を頂いたこともありました

素直でないということを、言われたような気がしました

けれど少し真面目な人なら、すぐにわかると思います

「みんなで仲良く、自由にやってください」と言われれば、身動きとれなくなります

才木広之
2011/01/24 07:12
そのことを私は三十八になりますが私たちの年代と言うか私たちの地域の学校は、学校のうたい文句で、正門にはられていたぐらいですから、完全に洗脳されていましたが、今は気づきました。

何の根拠もない言葉だと、気づきました。

ありがとうございました
才木広之
2011/01/24 07:12
私はみんなに断言的に、言います

「みんな仲良く」と言われ続けた、洗脳されてきた、私たちは、ここで大いに、宣言します

みんなと仲良くすることは、出来ません

かりにみんなと仲良くしようという心でいたら

誰とも会話できなくなります。

私たちは、もう小さい小さい時から、学校などで、もう言われ続けました、「みんな仲良く」と言われ続けました。学校の張り紙でもあるし、私の地域では、毎日登校すれば目につくところにそれは大きく貼ってありました「みんな仲良く」と貼ってありました

それは、絶対に無理なことが書いてあったのです、それを真面目に、守ろうとする方は、まじめな方です、素直な方です。その方たちは、大いに苦労の多い人生を歩まれたと思います。「みんな仲良く」と頭によぎった時点で、誰とも話すことが出来なくなることを知ってるからです

人と話すことは、話しかける時点で、仲良くなる可能性と、仲悪くなる可能性を、秘めてます。

ある決められたルールの中で、会話したり、することは私でも出来ます。そのルールとは、討論会や、仕事や、そういったことではどんどんお話が出来ます、それは目的が違うからです。みんなと仲良くするためにお話をするのが目的ではなく、仕事を進める上では、気分よく話しかけることも仕事を進めていく上では欠かせませんし、討論会でも、やはり、上手に気分よくなるような言葉でないと進みにくいですから、上手に喋ろうと思います、が「みんな仲良く」が目的ではないから、しゃべれます

たとえば忘年会や、精舎での自由時間、学校での自由時間も、私は今でも何もしゃべれなく、何も行動できないのです

それは私に刷り込まれた、「みんな仲良く」という言葉の生だったんだと気づきました。

少し変わった自分がここにいるように感じます

ありがとうございました
才木広之
2011/01/24 07:28
 一昨日、NHKで、女性ディレクターが、マッターホルン(標高4478m)の登頂に挑むという番組をやっていました。

 かつては、誰も登頂することができず、「魔の山」と恐れられていたそうです。

 私の記憶なのですが、スマナサーラ長老がヴィパッサナーを山登りに譬えられ、実況中継を命綱に譬えられたような記憶があります(ただ、細部の記憶がはっきりしません。もし記憶がはっきりしている方がいらっしゃいましたら、補正をお願いします。)。

 その時、私がイメージしていた山は、比較的傾斜の緩やかな山でした。

 しかし、イメージするならば、マッターホルンのような山が適切なのでしょうね。

 マッターホルンを御存じの方は多いと思いますが、http://www.nhk-g.co.jp/program/news_documentary/2010/106/index.htmlの「中ほどに」写真画像があります(一番上の写真画像ではありません)。先が鋭くとがった山です。

 マッターホルンは、以前は、傾斜の比較的緩やかな(といっても、普通の山に比べれば急傾斜だと思いますが)イタリア側からの登頂が試みられていたそうです。

 しかし、そちら側からは登頂できなかったそうです。

 それで、ある時、傾斜の急なスイス側の方が登頂しやすいのではないかということに気づいた人がいたそうです。
 
 それは岩の向きが理由で、登頂の際に足をのっけやすいのではないかということに気づいたということでした。そして、実際その通りで、その人が初登頂を果たしたそうです。

 イタリア側からは、登頂できないわけで、一見傾斜がより急で、登頂できなさそうなスイス側の道が、唯一の登頂ルートだったわけです。

(続く) 
ヴィーナス
2011/01/24 07:40
私が幸せでありますように。

私の親しい人々が幸せでありますように。

私の嫌いな人々が幸せでありますように。

私のことを嫌っている人々が幸せでありますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2011/01/24 08:37
 続きです。

 ちょっと修正なのですが、調べてみたら、イタリア側から登頂に成功した人もいるそうです。
 
 お釈迦さまが仰るところによれば、四念処(ヴィパッサナー)は涅槃を体験するためにある唯一の道であるとされているので(「大念処経」など)、その譬えとしたかったのですが、そうはいかないようです。

 ただ、マッターホルンを登るにあたり、登山家は、様々な登山道具を用いて、命綱を用いて登るでしょう。
 そういう意味で、「唯一の道」、唯一の方法の譬えとして用いていると考えて頂ければと思います。

 (続く)
ヴィパッサナー
2011/01/24 08:59
 直前のコメントの「ハンドルネーム」ヴィパッサナーは、ヴィーナスの誤りです。
ヴィーナス
2011/01/24 09:00
おはようございます。

現代日本、特に都市では、極端に人間関係が希薄なので、つきあう=深くつきあう。ということでしょうか。

善友以外と付き合わない。は今時の感じからすると、挨拶もしないで全て無視する。という印象を私は受けます。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2011/01/24 10:52
 (続き)

 登山道具、命綱を用いずにマッターホルンに挑む登山家はいないわけです。

 ですから、「唯一の道」「唯一の方法」の譬えになると思います(ひょっとしたら登山道具、命綱を用いないで登頂した人がいるのかもしれませんが ― 多分いないと思いますが ― 仮にいても譬えですので無視して下さい)。

 ところで、マッターホルンでは既に500人以上の人が命を落とされているという話でした。
 NHKの取材がなされた日にも、一人の人が重傷を負い、ヘリコプターで大学病院に運ばれるという事態が放送されていました。
 
 山小屋の御主人によれば、登山シーズンにおいては、毎日のようにこういう事故が起こり、時には命を落とすこともあるというようなお話でした。

 登山に挑戦するNHKの女性ディレクターは、山岳ガイドのシモンさんに指導して頂きながら、登頂を目指すことになりました。

 山岳ガイドとはいっても単なるガイドではありません。むしろ指導者といった方が適切だと思います。

 シモンさんは、若く見えましたが、既に70回以上マッターホルンの登頂に成功しているというような話でした。

 私のイメージとしては、シモンさんは、F1ドライバーのミハイル・シューマッハを優しくしたような雰囲気の人です。

 マッターホルン登頂に成功していない人に指導してもらったら危なくてしょうがないですね。命を落としかねません。

(続く)
ヴィーナス
2011/01/24 11:08
今日はいきなりの衝動的な発言をしまして、少しびっくりされた方もおられるかもしれません。不快感を覚えた方に、謝ります、ごめんなさい。

次のような言葉を、管理人さんは、ご紹介されておられました

人格を向上させたい、悪をなくしたい、善を行いたいという目的を持つ
仲間がいれば、相手を指導する能力が無くても、互いに協力し合って
向上するのです。

今後とも管理人様、よろしくお願いします。

生きとし生けるものは、幸せでありますように。
才木広之
2011/01/24 12:41
自分を向上させたい。

自分の悪をなくしたい。

自分は善を行いたい。

ということが目的にできるよう

慈悲の冥想、ヴィパッサナー冥想を、頑張ります





才木広之
2011/01/24 12:49
みなさん こんにちは

関西での「新年祝福法要」のスマナサーラ長老の記念法話がアップされました。

http://www.voiceblog.jp/najiorepo/
どうぞお聴き下さい。

お幸せでありますように
cho
2011/01/24 13:23
こんばんわ、皆様。

私事で申し訳ないですが、お伝えします

午後九時からお経と慈悲の冥想とヴィパッサナー冥想の時間にしましたのでよろしくお願いします

それと午前六時から、お経と、冥想の時間としましたのでよろしくお願いします。

とりあえず時間を決めて精進してみようと思いますので、皆様温かくお守りくださりますように宜しくお願い致します。

生きとし生けるものに、悟りの光が現れますように


才木広之
2011/01/24 18:54
もうひとつ、だれも信用してないでしょうが、

私はたばこスパスパ吸いたい放題吸ってます

決してたばこをやめるために、冥想を始めるのではないのですが

結果として、たばこも吸いたい気持ちが、かなり減るような気もしたりもしています

今後の私をどうぞ見守っていてくださりますよう、よろしくお願いします

もうひとつ、私は多くの言葉を書いていますが、

実践はほとんどめったにしていませんでした

精舎ではそれは真剣真面目に取り組みますが

こちらに帰ってからは、滅多なことでは、しませんでした

心の堂々巡りをなんとか、カットするには、まず必修条件として、慈悲の冥想と、ヴィパッサナー冥想は、欠かせないようです

自分なりに、御本を読ませていただいたりして、分かったつもりに、なりますが。駄目なようです

少し私の過去を知って頂いていたほうが、よいと感じ投稿させていただきました

これ以上は無駄話ですので、とりあえずここまでとします。

生きとし生けるものは、幸せでありますように。
才木広之
2011/01/24 19:04
こちらのコメント欄でも話題になっていた、アーチャンチャー長老の本が出ましたね。
訳は、星さんがなされているようです。
慈悲と知慧
2011/01/24 19:25
才木さん、ツイッタなどを利用されたほうがよくないですか?イヤミに聞こえたらスミマセン。そんなつもりじゃないんですが。まあ、管理人さんがokなら、私がとやかく言うことではないですね、ごめんなさい。
巳使
2011/01/24 22:57
 前のコメント、(続く)と書きましたが、打ち切ります。
ヴィーナス
2011/01/25 12:01
◆つきあう前に人を選ぶか【後半】 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる