幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★心によい癖をつける

<<   作成日時 : 2011/02/21 06:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 0

悪事に生き甲斐を感じて、それを繰り返してはならない。
悪が積み重なるのは、苦しみである。(117)


善いことに生き甲斐を感じて、それを繰り返しなさい。
善いことが積み重なるのは、楽しみである。(118)



ほんとうに自由な心とは「どんなことがあっても波立たない、
こだわらない心」です。

しかし、人は長年にわたって形成されてきた心の癖のために、なかなか
真の自由というものを得られないのです。


自由になる道は遠いものです。
しかし、よいことを繰り返しなさい、心によい癖をつけていけば、
かならずそこにたどり着きます。


水が一滴ずつしたたり落ちて、やがて瓶を満たすように、少しずつ、ゆっくりでもよいのです。
道を歩いていて、落ちていた空き缶を拾ってゴミ箱に入れるとか、
汚れていたらちょっと拭いてきれいにするとか、そんな小さなことからやればいいのです。


それが習慣になって心によい癖がついていきます。


反対に「悪い事」は、どんな些細なことでもやってはいけません。
些細なことでも放置しておくと、やがて心に悪い癖がついてしまうからです。

 心について癖は、そう簡単には変えられません。

いったん癖がつくと、またそのとおりに行動し、癖はさらに強化されていくのです。
ですから、正しい癖をつけるようにしなければなりません。

画像

 犬に吠えられて怖くなった子どもは、どんな犬を見ても怖くなってしまいます。
美味しい食べ物は、たびたび食べたくなります。


小さい頃、本を読んで感動したら読書家になります。
ちょっとしたことでも怒る癖がついたら、さまざまなところで人間関係の
問題を起して強化されていくので、不幸になってしまいます。

 よい癖をつけた人々は幸福になっていきます。


 やさしいことばをかけることは、お金がかかるわけではないし、
誰にでもできることでしょう。

寝たきりの病人になっても、もはや余命いくばくもないという人でも、できることです。

看病してくれる人に、「ありがとう。世話になったね」とお礼を言うことはできるでしょう。


 親孝行することもいいことです。
両親にとっては感謝のことばほど嬉しいことはないのです。

親にずっと迷惑をかけてきても、わが子から「今までごめんなさい」
「お父さんのことは、大好きです」とひと言言われたら、
こんなに嬉しいことはないのです。

それまでの苦労は飛んでいってしまうのです。

 しようと思えばできるよいことは、身の回りにはたくさんあります。

 「今、忙しいからできない」「病気だからできない」

などという人は、暇になっても病気が治ってもできません。

 どんなときでも、よいことをしようと心がけていると、智慧が磨かれていくのです。
「ブッダの教え一日一話」P141〜P144 
A・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スマナサーラ長老の法話〜「なぜ私は不幸になるのでしょう」〜不幸の原因は自分のこころの中にある〜
http://www.j-theravada.net/howa/howa76.html ...続きを見る
慈悲と智慧のブログ
2011/02/21 20:19
「★心によい癖をつける」について
「★心によい癖をつける」について ...続きを見る
才木広之さんのブログ
2011/02/22 00:06
★心によい癖をつける 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる