幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ▲2 こんなに集中力のつく方法が他にありますか?

<<   作成日時 : 2011/02/05 05:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

皆さん、趣味など興味のあるものには夢中になって集中できるでしょう。
興味のないものからは集中力は生まれてきません。
集中力が出ると知恵が湧いてきます。

勉強だって、仕事だって、
家事だって、皆さんイヤイヤながらやっているから辛いのです。

それぞれに興味を持つことができれば、
仕事も勉強も集中できるのです。

そして、そこに時には奇跡的とも言えるような知恵が出てきたりする。
イヤイヤやっている仕事は、ただつまらないだけで
なんの興味も知恵も湧いてきません。


未知の分野、知らなかった世界を知っていくことですから、
本来、勉強も仕事もおもしろいはずです。


ですから、病気をしても結構おもしろく過ごせるのです。
何せはじめての体験ですから、
いろいろ刺激があって観察してみるのです。


たとえ、それが死ぬことにつながっていても、それも経験ではないですか。
人間いずれは死ぬのだから、


死ぬときの来るのが早いか遅いかの違いだけで、
だれにも平等に死は訪れるのです。


ですから、死そのものもじっくりと観察してみる。


そういう人は死の恐怖などに脅かされることもなく、

観察していますから、
いつも冷静でいられるのです。


そうすると、いつも明るく、ポジティブな精神状態でいますから、
落ち込まないのです。

病人であっても幸せなのですね。
画像


とにかく、焦ってはいけません。
焦ってものごとを早くやろうとすることは、
理性ある鋭い頭を持った人々には
ぜったいの禁止事項です。



これらはすべて無知につながってしまうことです。
すべての事象を一生観察すること、それに尽きるのです。


それが念入りにやることにもつながり、念を入れてやるということは
そういうことなのです。

すべてのことを観察するということは、

結局は自分を観察していくことになるのです。


自分のすべてを観察していくと、

自分というのは

いつも一定していないということに気がつくはずです。
いつも、変わって、変わって、変わっていく。

昨日の自分はもう今日はないし、
1時間前の自分は、今現在にはもういない。

それどころか1分前の自分さえも、1分後にはもうそこにない。
そうでしょう、さあ、これから1分後には自分は笑っていますよ、
という人はいないはずです。

怒る人は、1分前に自分は怒るのだと宣言できますか。
自分の肉体も、心も、もちろん細胞もみんな一定していない。
どんどん変化をつづけている。

これこそ一期一会の状態なのです。

そこに気がつくことから、頭の細胞の正常な活性化ははじまり、
最終的には「悟り」という状態にまでいくのです。


すべては、自分を観察し、自分に気がつくことに始まるのです。

それは雑念、妄想のない世界です。
いついかなるときも、頭はシャープで、常に正しい判断ができ、
ものすごいスピードで脳細胞が活躍する世界。<P166〜P168>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画像


ですから、人生とはおもしろいものなのですね。
失敗したくない、いい仕事をしたい、落ち着いていたい、
いつもおもしろく感じていたいと思うならば、


なんでも観察して生きていればいいんです。


苦労を背負い込むことなんかぜったいにしないほうがいい。
苦労はどんなに重ねても結果はゼロです。

クリーンな頭で、明晰な頭脳で、正しくものを判断し、的確な決断をしていく。

そして、鋭い先見性、先読み術で世の中を楽しく生きてください。

そのためには、すべてのものには

時間と順番があるということ、

それを知るためには観察という

能力が必要であるということを述べてきました。




では、その観察能力はどうすれば手に入れることができるのか。

その方法であるブッダの考案した瞑想法=ヴィパッサナー瞑想について、
次の章でご紹介しましょう。<P186>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「頭が突然鋭くなる瞑想法」
A・スマナサーラ長老著書より抜粋いたしました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよう

わたしの場合の発見は、

「すべては時間差があるということ」

今調子がいいからといって、今行っている行為が正しいとは限らない。

今、調子が悪いからといって、今行っている行為が、悪いとは限らないということ。

だって僕がそうなんですから、今まで、出会うまでは、生きている価値なんてない、と思ってずーっと来たんですから、その僕は、今こうして皆さんと出会ったのですから。

今までの人生が、全て経験として、体験として、また今につんながったのですから、生きている意味がない時代の僕が、今生きているうえで、大いに役に立っているのですから。

ものごとには、時間差がある、相手があっての行為にも時間差がある、今が善いからといって、今行ってる行為が正しいとは限らない、今が悪いからといって、今行ってる行為が、良いとは限らない。ヴィパッサナーによってその時間差が、なくなる瞬間がなくなり、、、
才木広之
2011/02/05 07:37
おはようございます。

スマナサーラ長老は「自分という存在の因果を知ることが、すなわち仏教を学ぶことである」という趣旨のことをおっしゃっられた記憶がありますが、今日の記事で理解が深まったように思います。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2011/02/05 07:52
インフルエンザになりました。のどが痛みます。職場で流行しているのですが、他人事じゃなくなりました。そう、土日は瞑想する予定でしたが、予定が変わってしまいました。今日の法話では病気や死を観察していれば冷静でポジティブにいられると書かれているので、この機会に実行してみたいと思います。私の悩み苦しみがなくなりますように。
ぱん
2011/02/05 08:53
ぱんさんお大事に。

生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。
慈悲と知慧
2011/02/05 09:38
ぱんさん。

私も先月インフルエンザにかかりました。

ゆっくり休養をとられたら、と思います。

お大事にされて下さい。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2011/02/05 11:54
慈悲と智慧さん、新さん

温かいお言葉ありがとうございます。
ぱん
2011/02/05 12:33
 ブログ本文記事が集中力の話ですし、私のコメント、及び、スマナサーラ長老の説法(http://www.j-theravada.net/dhamma/oriori8.html)を読まれて、無駄に思考するならば、詰将棋の方がよいということで、詰将棋を解いている人もいるかもしれませんので、コメントします。
 
 前にコメントしたときは、@自分の能力を最大限使って解くことができる詰将棋の問題を本屋などで選ぶ、A解答は決して見ないで自力で解く、ということを書きました。

 それは米長棋士の述べることには合致していると思うということも書きました。

 それで、私の場合、正解手順だけではなく、変化手順まで全て読みます。
 
 また、詰将棋は、正解手順にも、変化手順にも、関係のない駒が配置されています。
 それは余詰を避けるためです。

 それは、一見不必要に観える駒なのですが、余詰を防ぐために必要な駒なわけです。

 私は、その駒がどうして必要なのか、その駒をなくしてみた場合に発生する余詰の手順まで読みます。

 私は、何事も能力をつけようと思ったら、真剣にやらないと能力は身につかないと思います。短時間に身に付く場合もあると思いますが、真剣さは必要だと思います。しかし、焦ってはならないとも思います。

 受験勉強の弊害というものがあって、とかく何事も、パターン化しがちなのが日本人だと思います。

 これは詰将棋を譬えにとっているわけですが(色々な意味を持たせています)、特にパターン化には注意する必要があるように思います。
ヴィーナス
2011/02/05 12:47
あんさん

早速、観察についての引用ありがとうございます。
皆様には、この引用元と合わせて『ライバルのいない世界』をオススメします。
皆様が観察を通して仏教的な意味で楽しく人生を過ごすことが出来ますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2011/02/05 14:47
みなさん こんにちは

2/3(木)の産経新聞(淡路版)に淡路島で行われたスマナサーラ長老の講演会の記事が掲載されました。

中学生に向けての講演会で、タイトルは「わたしの将来 〜生きる道を決める方法〜」でした。

よければご覧になって見て下さい。
http://bit.ly/gD6nUs

お幸せでありますように
cho
2011/02/05 16:28
▲2 こんなに集中力のつく方法が他にありますか? 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる