幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ■みんなの賛成よりも、みんなの幸福を

<<   作成日時 : 2011/03/09 06:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

より良い判断をするためには、みんなが賛成できることより、
みんなが幸福になることを重視してください。

判断するときに、賛成してくれるだろうかと、
他人の顔を見なくてもいいのです。
人の考え方はあまり当てになりません。

どうせほとんどの人には、初めから判断能力がないのです。

みんなの顔色を見るのではなく、

みんなのためになることは
なんなのかと考えて、判断してください。


常に慈しみを抱き、欲、怒り、嫉妬、憎しみなどの感情を控えれば、
より良い判断ができるようになります。


画像



仮に相手が嫌がっても、相手のためになるような
判断をしてください。


たとえば、自分より立場が上の相手が病気になって、
塩分を控えるようにお医者さんに言われたとします。

その人が、「塩を持ってこい」と言っても、持っていってはいけません。

また相手の顔色を見て判断したり、
相手を納得させることばかり気にしていてはいけません。

「塩の取り過ぎはよくありませんよ」
などと諭そうとするべきではありません。



正しい判断ならば、そんな必要はないのです。



しっかり判断して、「あなたの機嫌をとるつもりも、
あなたの舌を満足させるつもりもありません。そのまま食べなさい」
と言えばいいのです。



もっとも、まずくて、どうしても相手が食べられない場合は、
お医者さんに隠れて「ちょっとだけ」ということはあるかもしれません。


それはその場の状況による判断なので、
自分が以前下した判断に執着することなく、


必要に応じて臨機応変に訂正してください。

この、「臨機応変に」ということを、よく覚えておいてほしいと思います。





「自立への道」A・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

山で遭難した場合なども「そんな無謀な」と思うことがあります。

登山に限らず、他人のことはとかく冷静に判断できるもの。

どれだけ、自分自身に対して客観的になれるかですね。

自己観察の向上を心がけたいと思います。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2011/03/09 09:39
他人に、自分の判断をしてもらえるはずがなく

自分で自分が判断するしかありません

その自分をしっかりと自立させるのも、自分です。

御本に学ぶことは大変良いことだと思います。

自分自身、精進であります。

お経、慈悲の冥想、ヴィパッサナー冥想。

生きとし生けるものが、幸せでありますように。
才木広之
2011/03/09 12:50
『臨機応変』
「今ここ」をきちんと実践すれば、行動は臨機応変に、自然になって行くような気がします。
そして智慧が出てくると対処がさらに的確になって行くのだとも思います。
『今ここ』で常に最善を尽くしたい。

生きとし生けるものが幸せでありますように
復活、大変嬉しく思います
358
2011/03/09 13:24
再開されましたね! おめでとうございます。
朝仕事場に着いたら、まず読ませてもらっていました。
また楽しませてもらいます。「どの部分を切り取って見せるか」というのも立派な個人の意志表示ですよね。

うーん「みんなのためになること」……そいつを判断するのがむずかしい……
中島
2011/03/09 16:37
スダンマ長老の日本語の法話が久しぶりに更新されました。
http://sudhammathero.blogspot.com/2011/03/mangalasuttam.html

読者の皆様にとって法話をアップしてくれたあんさんに対しての一番のお礼となるのは、コメントを書くのでもなく、気持ち玉を入れるのでもなく、書いてあることを実践して徳を積み、生きとし生けるものに貢献することであると私は思います。
読者の皆様が書いてあることを実践して徳を積めば、そのままあんさんにとっても徳となるわけです。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
URL
2011/03/09 18:55
■みんなの賛成よりも、みんなの幸福を 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる