幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 4◆すぐれた道とは

<<   作成日時 : 2011/04/18 06:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

『大喜びは長続きしない』
それなりに不幸でないと、喜びはないのです。
お金がなくて食べ物がない、住む所もない人が5千円もらったら
大喜びです。
しかし、大金持ちの人は、何の喜びも感じません。

歩けなかった人が、歩けるようになったら大喜びです。
健康な人にはどうってことはないでしょう。
大喜びは、長く続かず瞬間で終わってしまうものなのです。
そして、また次の大喜びを求めます。

人間は幸せを嫌がるのです。
幸せになると退屈でたまらないし、大喜びが訪れないからです。


画像


『何を得た、何を成し遂げた』
しっかりがんばってあらゆることに挑戦し、成功して会社の
社長になったとしても奴隷のように働いただけなのです。
株式会社になればなったで、自分の手から離れていく。
会社が大きくなっても、歳をとれば自然と自分の手から
離れていく。
そして死ぬとき、自分が何も得ていないことに気づくと、
人生は悔しいのです。
じつのところ、「何を得たか」とか「何を成し遂げた」とか、
「どういう評価があるか」など、自分の幸せと関係ないのです。
大切なことは、その都度その都度、やるべきことをしっかり
やることなのです。






『すぐれた道とは』
勝ち負けを争うのでは、勝ち負けを超越した道を探すことが
大切です。
すぐれた道とは、それぞれが「自分の能力を発揮する」道です。
それによって、争うことなく、自分に適した世界が開かれて
行くのです。


他人と競争して勝ち取る気持ちでいると、自分の能力は
劣化するのです。
他人と関係なく、自分の能力を思う存分活かすことです。






『それぞれが自分の力を出しきる』
勝ち負けを争わないということは、それぞれが悔いなく
自分の力を出しきるということです。


運動会の競争で言えば、一等になった人は、
勝ったのではありません。
それは、自分の能力を発揮したということなんです。
最下位の人は負けたのではありません。
その人なりの、自分の能力を発揮したということなのです。




ブッダの教え 一日一話 (P.10〜11)
A・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「慈悲の瞑想と祈りの集い」5月7日(土) 日比谷公会堂 http://bit.ly/hepnbt 
ぱん
2011/04/19 06:37
4◆すぐれた道とは 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる