幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 5◆かぶりものへの執着を捨てる

<<   作成日時 : 2011/04/19 06:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

『「かぶりもの」をさがし求める』
人は、よい「かぶりもの」をさがすことに必死になっています。
世間で認められた学校や評価される会社に入りたいとか、
社会的な地位を得たいとか、そういうことで必死なのです。
安定した「かぶりもの」をかぶって、安心したいのです。

「かぶりもの」を自分のアイデンティティにしているのです。
だから「かぶりもの」に徹底的に執着するのです。


「かぶりもの」で隠したがる自分を発見すべきではな
いでしょうか。


画像




『かぶりものを入れ替える』
大会社の社員になると、会社のために生きて、その肩書きが
自分自身だと勘違いしがちです。

その「かぶりもの」が自分自身だと思って、はずせなくなるのです。
多くの人は、「かぶりもの」を次から次へと入れ替えます。

会社の「かぶりもの」、家庭の「かぶりもの」、友達の前では
友達の「かぶりもの」、と その都度適当に「かぶりもの」を
選ぶのです。

上手に、「かぶりもの」を入れ替えられる人は、「自分」とは
その都度入れ替わる代物(しろもの)に過ぎないことに、
かすかに気づいているのです。





『捨てる』
外に見えている立派なかぶりものに、だまされてはいけません。
大会社の社長とか一流大学の教授と名のると、立派な人格者
だと思われます。

しかし、それらは所詮かぶりもので、中身は普通の人間かも
しれません。

人間に必要なことは、外のかぶりものではなく、内の心の
清らかさです。


心の清らかさとは、嫉妬・憎しみ・怒り・貪(むさぼ)りなどで
心が汚れていないことです。

仏教は、「捨てなさい」と言いますが、それは「かぶりものへの
執着を捨てなさい」ということなのです。







ブッダの教え 一日一話 (P.12〜13)
A・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
あんさん。

引用の本の9月7日〜9日をリクエスト致します。

生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2011/04/19 14:27
「結果」より「行為」
「いまここ」ですね^^
一日一話、2種類あるので違う方かもしれませんが、これ、すごく大切に思ってます。
これですね^^
URL
2011/04/20 08:18
それです。

既に取り上げていたんですね。

ありがとうございます。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2011/04/20 08:50
5◆かぶりものへの執着を捨てる 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる