幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 1◇なぜ怒ってはいけないのか

<<   作成日時 : 2011/04/23 06:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

世間のものごとに触れても、
心が動揺しないこと、
憂いがなく、汚れがなく、安らかであること、
これが最上の吉祥です。
(小部「吉祥経」より)




『争いの渦に飛び込まない』

いくら自分が正しくて相手が間違っていても、怒ってはいけません。
人を怒らせてはなりません。

何を言われても、何をされても、自分の心に怒りの火を点けないことです。

人に罵(ののし)られたら「ああ、この人は怒っている」。
「ぶんなぐるぞ」と言われたら、「この人は毒に感染しているのだ。
伝染(うつ)らないようにしよう」・・・・そう思えばいいのです。

そうしたら、それで終わるでしょう。
わざわざ、争いの渦に飛び込むことは無知な行為です。

画像





『私が偉いという実感』


プライドとは、言い換えれば「自我」のことです。
「自我」とは「私がここにいる」「私が偉い」という実感のことです。

この「自我」がまわりの人びとに、「妻」「子供」「部下」と、
いろいろな役割をあてて、「そのとおり演じなさい」と求めtるのです。

相手が自分の期待したパートを演じないと、怒ったりするのです。

自分が監督で、世界は自分の思ったとおりに動いてほしいと
思うのです。


しかし、世界というものは、けっしてそのとおりに動いてはくれません。





『破壊されるのはまず自分から』

怒ると、破壊するエネルギーがでます。
他人を破壊しようとします。
破壊行為に行く前に、十分に怒りのエネルギーを溜めなくてはなりません。

エネルギーを溜めると、他人を破壊する前に自爆することになります。

ですから、
他人に対しての怒りをもつことで、まず自分自身が破壊されるのです。




ブッダの教え 一日一話 (P.21〜23)
A・スマナサーラ長老






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
これはもう基本中の基本ですね。
x
2011/04/23 11:18
リクエストをお願いしたいのですが、

四念処経についてしりたいんです。
四念処経についてのものがあったら載せて貰えませんか?
x
2011/04/24 03:12
四念処経についてしりたい場合は、協会が発行している『お釈迦様のお見舞い』という施本をオススメします。

詳しくは協会にお問い合わせしてみて下さい。
慈悲と知慧
2011/04/24 09:30
1◇なぜ怒ってはいけないのか 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる