幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 7◇怒ることがどれだけ愚かなことか、本当にわかっている人は極めて少ない

<<   作成日時 : 2011/04/29 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

『無意識の心は汚れている』
私たちは、普段、自分自身に気づいていることは、とても少ないのです。
ほとんどの行為が、無意識のうちに行われています。


やっていることと考えていることがバラバラです。

歩いているときには、歩いていることに気づいていないで、何か別の
ことを考えています。

食事のときも、本を読んでいるときも、話しているときも、そうです。

無意識の心は、つね「貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)」で
汚れているのです。

ですから、無意識で行う行為は、かなりトラブルの種になるのです。


画像




『心のささやきに耳を傾けない』

心は怠(なま)けのかたまりです。
心の衝動、エネルギー「貪・瞋・痴」です。  精進の反対です。


「いかに怠けようか」ということしか、心は考えないのです。

しかし、怠け心のままでいたら、何も得られません。
退化するばかりです。


心はそのことを知っているのもかかわらず無視するのです。
だから、いともかんたんに退化の方向に進んでしまうのです。


心を育てる人は、心のささやきに耳を傾けないほうがいいのです。
それが安全です。







『心の育て方は子供から学ぶ』

子供は、何から何まで教えてあげなければいけません。
子供が自分勝手にやりたがることは、ぜんぶ危ないものです。
だから、ていねいに忍耐強くいろいろなものを教えて、まともな
大人になるようにしつけをするのです。

子供の成長する過程をみると、それが心の成長する過程なのです。

大人になった私たちも、自分の心を育てるときは、ゆっくりと忍耐強く、
たんたんとやらなくてはいけないのです。





『怒りは二倍三倍と燃えさかる』

ひとたび怒りが起こると、心の中に火が点いて、どんどん燃えて行きます。
ある人が、私に対して、何か気にくわないことがあって怒ったとします。
それに対して私が怒れば、相手は「怒るとは何事か!」と、怒りを
増幅させるでしょう。

そして、私もまた応酬して怒れば、相手はさらに怒ります。
このように、いちど怒りを起こすと、それは二倍になり、四倍になり
八倍に・・・・・・と、どんどん増えていくのです。







『小さな怒りが燃え上がる』

マッチの火が、木に燃え移り、森に燃え移り、やがて山を燃やしてしまう
こともあります。

小さな怒りの炎でも、燃えて燃えて、限りなく増えていきます。

たった二人のケンカでも、怒りが燃え上がってどんどん広がり、
国と国の戦争になることさえあります


世界の歴史をみると、そういう愚かな事例がたくさんあります。




ブッダの教え 一日一話 (P.34〜36)
A・スマナサーラ長老





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい
7◇怒ることがどれだけ愚かなことか、本当にわかっている人は極めて少ない 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる