幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「やりたくない行為」とは何でしょうか?(その4)

<<   作成日時 : 2011/06/12 06:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

嫌なことではないか、という答えが浮かんでいると思います。
怒りの判断ではないかと思うこともできます。
でも、シンプルではないのです。

画像



怒りが起こると、人は行動するのです。
やりたくない、ではないのです。

人殺しをする時でも、やりたいのだから、やったのです。

欲は意欲を起す。
怒りも意欲を起す。


無知は意欲を起さないのです。


というわけで、やりたくない、という意欲がない状況は、
無知の結果です。

無知ではない、「やりたくない」もあります。



例で考えましょう。



若者が金を欲しがる。バイトをしなくてはいけないのです。
バイトをしたいと思います。
欲が意欲を起したのです。


見つけたバイトは新聞配達です。
しかし、この人は朝寝坊で早起きしたくないのです。


早く起きたくない、という気持ちは、怒りが作るのです。
それでこの若者は、「あのバイトをやりたくない」と思うのです。

そこで何が起きたのでしょうか。


欲が起した意欲を、欲と正反対の怒りが起した欲で、打ち消したのです。
欲と怒りが絡み合って、かなりの量の意欲を打ち消すのです。

それもあまりいいことではありません。
「合格はしたいのですが、勉強は嫌いです」となると、結果はないのです。

意欲は打ち消されているのです。



また、「あの人が憎い、殺してやりたい」という場合は、
怒りが意欲を出しています。
でも、人を殺したら私は大変なことになる、と思う。
自我愛(欲)が生まれたのです。

その欲が前の怒りの意欲を打ち消すのです。

それで、罪を犯さずに済むのです。

これは悪いことだとは言えません。

しかし、日常生活の中では、たくさんの行為は

反対の煩悩で打ち消されて、
やりたくない事になってしまうのです。




結果は、簡単に言えば、

「みな充分、頑張っていない」ということになるのです。
(つづく)


2009年9月パティパダ「巻頭法話」
A・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
欲が起した意欲を、欲と正反対の怒りが起した欲で、打ち消したのです。
欲と怒りが絡み合って、かなりの量の意欲を打ち消すのです。

これで、大変に日々の、生活が、まるで生きるか、死ぬか、といったような所まで、精神をやむ結果になるのですね。

欲と怒り、とてつもなく恐ろしい感情だと思いました

欲と怒り完全攻略するには、どうしたらいいのでしょうか、次回が楽しみです。
才木広之
2011/06/12 20:27
★「やりたくない行為」とは何でしょうか?(その4) 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる