幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ○「したい」という気持ちを捨てる

<<   作成日時 : 2011/07/13 06:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

アーチャン・チャーという有名なお坊さんがいます。
田舎のお坊さんで、外国語は何もわからず、
しかも森の中で
生活していたのですが、世界中で有名なのです。
高名な弟子たちもたくさんいます。

立派なお坊さんですが、

説法するときはあまり難しい仏教用語などは何も言わず、

そこらへんにいる犬猫の話やら、牛の話やらばかりします。

しかし、すごいパワーがあります。


そのお坊さんが、ずっと言っている一つの言葉があるのです。


私は英語でしか読んでいませんが
「let go(手放す)」、
いわゆる「放っておけ」

という言葉です。


その言葉を中心に据えて、ずっと教えていました。

その教えの結果として、かなりの人々が仏教を経験していきました。

お釈迦様も同じ言葉をずっとおっしゃっています。
「私のものでないものは捨てなさいよ」と説かれます。

「これが私ですか」「これが私ですか」
と問いかけるやり方で修行する方法もあります。

画像




感覚、身体、気持ち、あるいは大事なものなどを、「私だろうか」と。
そして「私でないのだから捨てます」と放っておけるようにするのです。

「捨てる」「放っておく」「気にしないことにする」
という能力が身につくと、かなり速いスピードで成長して、悟りに達します。


対して、「知りたい」「悟りたい」などと、「○○したい」が入ると終わり。
そこは一般人が引っ掛かってしまうところです。

「そんなこと言っても、

『やりたい、したい』という気持ちがなければできないでしょう。」
と考えてしまうのです。



そこは、一人一人がなんとか解決しなくてはいけないポイントなのです。<つづく>


『震災と祈り』サンガジャパンVol. 6<P170〜P176>

「落ち着き」だけが「自分のもの」になる
A・スマナサーラ長老法話記事からの抜粋でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 今回のあんさまの記事におけるスマナサーラ長老の説法は、中部経典22の「蛇喩経」をアーチャン・チャー長老の「let go」を取り上げながら、説法されたものと思います。

 なので、協会発行のCD-Rでスマナサーラ長老が経典解説された「蛇喩経」を聴かれて、このあんさまの説法を読まれると理解が格段に進むように思います。

 ただ、私は日本で、アーチャン・チャー長老ではなく、「思いの手放し」ということを盛んに言う日本人手ラワーダ比丘、及び、その禅のときの先生(日本人)も知っていて、こちらの「思いの手放し」は広まらないでほしいと願っています。アーチャン・チャー長老と違ってこれらの方々は悟っておられないと思いますし、ヴィパッサナーとはいえないと思うからです。

 慈悲と智慧様のhttp://ameblo.jp/jihitotie/entry-10939393073.html#cboxのコメント欄の10以下をお読み頂ければと思います。また、時間がある方は3と4のコメントもお読み頂ければと思います。
ぶんぶん
2011/07/13 08:29
○「したい」という気持ちを捨てる 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる