幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆自分が正しいとはかぎらない

<<   作成日時 : 2011/07/30 07:06   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

私たちは、自分が知っているものを唯一の事実だと思っています。
「我が思う、故(ゆえ)に正しい」と
なんの根拠もなく信じているのです。



人間の認識範囲にはかぎりがあり、私たちは、自分に見えるもの、
聞こえるものなどから情報を得て暮らすしかありません。


同様に、動物には動物の、魚には魚の認識範囲があります。

自分にとっての真理は認識範囲の中にあるので、それが生命によって
異なる以上、自分には正しくても、ほかの生命には正しくないことは
たくさんあります。


土の中ミミズに「東京は人が多すぎるね」と話しかけてもわかって
もらえないように、真理はいつも自分にとってのみ正しいのです。

これは人間同士においても同じです。

ところが、私たちは、自分の考えこそ唯一の真理だと勘違いしがちで、
このことが多くのトラブルの原因になっています。


たとえば、誰かに対して、「なんてひどい人だ」と思ったとしても、
ほかの人もそう思っているとはかぎりません。

自分と他人の真理は違うのです。

よって、その感情は、あなたの心の中にとどめておくべきです。


画像



考えを絶対に曲げず、自分の感情に他人を巻き込む人は
はた迷惑でしかありません。



「こころを清らかにすることば」
アルボムッレ・スマナサーラ長老著書



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
5月に友人がやってきて「じぶんの信仰はまちがっていた」というのです。それで「それなら哲学者か学者になるといい」いいました。疑いを捨てきれず 師の教えに従うことができなければ そういう結論しか出てこないとおもいます。
かがわ
2011/07/30 08:04
感情は心にとどめておく、、、納得!自戒を込めて

一日一コメントに戻って賛成
なお
2011/07/30 08:33
そう理解すると心穏やかでいられますね(^^)

みんな違ってそれでいい。
静安
2011/07/30 08:52
 例えば、マハシ式のヴィパッサナーではスマナサーラ長老がブッダのヴィパッサナーとしてご指導される「音」という実況中継は認めていないそうです。
 
 アラナ精舎日記2009年3月13日「ラベリング,特別な体験,出家などの質問」をお読み頂ければと思います。

 さて、以下に示すのは、ある人のマハシ式の長老(セヤドー)指導による瞑想合宿体験談です。

(引用開始)

 日本テーラワーダ仏教協会の10日間瞑想会に参加してきた。…中略…

 5日目のインタビューでこういう指示をもらった。
 
 「まず呼吸による腹の膨らみ・縮みを観察し、次に坐っている自分のビジュアルイメージを意識し、その後、尻や膝など5箇所の触れている場所をひとつずつ順に、その度に膨らみ・縮み、坐っているイメージに戻った上で感じていくように。」

 私の場合、自分をイメージ化するのが苦手で、昨年もここで滞ったのだが、今回もやはり骨が折れる。

(引用終わり。http://www.dia.janis.or.jp/~soga/vipassa1.html)

 つまり、このマハシ式の長老(セヤドー)は、「自分のビジュアルイメージを意識」することをご指導されておられます。

 「昨年もここで滞ったのだが、今回もやはり骨が折れる。」と書いておられますので、例年のことなのだと思います。

 比較の視点から述べますと、このような御指導は、スマナサーラ長老にはありえません。

 スマナサーラ長老は、『「花」という実感が生まれることさえ、思考』であり、『ヴィパッサナー冥想は思考をストップすることです。ですから、その実践で思考をやめることに挑戦しているのかということは、大事なポイントです。』と仰っておられます 。
 (パティパダー仏暦2551年(西暦2007年)12月号24頁以下。)
ぶんぶん
2011/07/31 00:40
◆自分が正しいとはかぎらない 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる