幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆いったい幸福とはなんでしょうか?(5)

<<   作成日時 : 2011/11/04 07:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

☆心に「信」があれば幸福です。
これは分からないことをなんでも無批判的に信じる信仰ではありません。
仏教の信は、確信・納得という意味です。


生きるとは何かと仏説から学んで、その教えをそのとおりであると

納得できれば、「信が現れた」ということになります。



ブッダの説かれた教えに納得しなたらば、人間にとっては
それこそ至上の幸福になるのです。


罪を犯さない人間として生きることも、執着・しがらみなどに
悩まない心を持つ事も、解脱を目指して挑戦することも、

「信」さえあればできるのです。

画像


☆智慧が現れることも幸福です。


お釈迦様は、「不幸・恐怖・危険と言えるものは、


何であろうとも無知から生じるのだ」

と説かれました。


ですから、智慧を育てることは幸福の実現になります。

一切の現象は無常であること、

すべてのものごとは因縁によって一時的にのみ成り立っていること、

現象には永遠に変わらない実体がないことを、

理解することが智慧というのです。





☆「罪を犯さない」ことが幸福です。


様々な幸福論をすべてまとめて一言でいうならば、

「罪を犯さない」ことが幸福なのです。

完全に罪を犯せない人間になれば、解脱に達することです。


しかし私たちには、日々、罪を犯さない人生を過ごすことがいたって
簡単にできるはずなのです。



それぐらいの努力もしないで、幸福になりたいと思うならば、
それは勘違い以外のなにものでもありません。

以上、お釈迦様が説かれた幸福論です。



<P22〜P23>パティパダー 巻頭法話「いったい幸福とはなんでしょうか?」
B.E.2555/A.D.2011 11号より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 「信」(サッダー)というのは、盲信はダメですけど、チャレンジは禁じられていないように理解しています。

 シャープという会社がありますが、液晶技術にずっと拘っていたように思います。

 今、20代くらいの人は知らないと思いますが、ほんの20年くらい前は、液晶テレビを出しても見にくくて、いつまで頑張るつもりなんだろうというくらいに液晶で頑張っていました。

 否、チャレンジしていたんでしょうね。

 一体何年くらい液晶技術に研究開発投資してきたのか?

 その当時は圧倒的にソニーのテレビなどが売れていたと思いますが、ソニーは液晶技術については後手に回ったので、シャープに後れをとったと思います。

 シャープは、徳川家康の如く(織田家や今川家の人質になっていたことすらある)、忍従の時代を経て、現代に至ったように思います。これからも発展するかもしれませんね。http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819696E2E6E291968DE2E6E3E3E0E2E3E38698E3E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2のような日経の記事がありました。

 ちなみに、シャープの創業者は、早川徳次さん。1970年に早川電気工業からシャープへ社名変更しています。

 こちらが詳しいです。http://ameblo.jp/genkinakeiei/entry-10264875050.html

 1949年大阪証券取引所上場と書いてありますから(早川電気工業が?)、元から関西の会社なのですね(今も本社は大阪市)。

 一応、まだ日が変わっていないと思いますので、明日もコメントするかもしれません。
サイン
2011/11/04 23:56
12の具体的な実践で幸福になれる。何とシンプルな^^

でも行うは難し^^;
先ずは「正解はここにある」としっかり認識しなくっちゃね
358
2011/11/05 22:02
◆いったい幸福とはなんでしょうか?(5) 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる