幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★心をだます機能は巧妙

<<   作成日時 : 2012/01/22 09:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ここからVancaka Damma、自分自身を巧妙にだまし、
ごまかす心の働きを具体的に説明します。
Vancaka Dammaについて書かれた本は世界で
たった1冊しかありません。
これを書いたお坊さまはすでに亡くなっていますが、
本当に立派な方でした。


その本の序論には「私も自分自身にだまされて説明している
箇所があるかもしれないから、よく気をつけて読んでください。
そういう部分を見つけたら、自分の理解で判断してください」と
書いてあります。


立派なお坊さまがそこまで言うくらい、
だます機能というのは巧妙なのです。

特に出家者は、気をつけなくてはいけません。
善い人間になろうとすればするほど、
だます機能が巧妙に働きます。

実は、一般の人々より出家者のほうが、より自分にだまされているのです。

悟ろうとは全然考えず、ただおいしいものを食べて、
歳をとるまで元気でいればいいという人は、
あまり自分をだます必要がありません。

そういう人に比べて、悟ろうとする人は、
目指すレベルが高くなります。

そのため、出家世界ではだまし機能が一般人よりも
厳しく機能するのです。
けれども、解脱をするためにはそこで自分に甘えてはいけません。

では、このだまし機能について、まず我々の方程式を覚えておきましょう。
<P138〜P139>



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★自己欺瞞の演技・欲編@

まず、欲が自分をだます。
この場合、欲といっているのは、一般的な意味での欲だけです。

一番目はParattha Kamataです。
Parathaというのは他人のことです。
他人のために尽くしたくなるのです。
他人のために尽くしたいということで、福祉に凝ります。

しかし、本当は善を演じています。
本音を言えば尽くしたくないのです。
これはどういうことでしょうか?

他人を助けることは素晴らしい善行為です。

この行為をする人々は社会で認められ、
賞賛され、成功し、
さまざまな利益を得ることができます。

これに惹かれるのです。

<P140>




ありのままの自分】アイデンティティの常識を超える
A・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
★心をだます機能は巧妙 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる