幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★仏教は正直を「悪」とみなし、「善」に変える

<<   作成日時 : 2012/01/29 20:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

仏教では、正直を「悪」とみなしています。
そして、それを「善」に変えることを勧めます。
これを覚えてください。
仏教でも、正直になることは悪いことではないのです。

しかし、仏教はこのような独特の考え方で、
世間一般の常識をとらえなおします。

世間では、正直について何も理解せずに、「正直は善だ」
「みんな正直になるべきだ」と言っていますが、

正直に生活する人は一人もいません。

それが原因で世の中ではいろいろトラブルが起こっています。


あるときは正直にやることを褒めたかと思えば、
あるときは正直にやることを非難します。

そうかというと、また今度は怒鳴って

「正直に生きなさい」と言ったりするのです。
言われる側はとても混乱するでしょう?

しかも、言う側もわかっていないでしょう?

仏教はこのような問題を解決しようとするのです。
そのためには、まず、正直を「悪」とみなしてください。


それだけでは終わりません。
その「悪」を「善」に変えてください。

そうすると正直に生きていられるのです。



世の中の言葉と大胆に違う言葉を使うと混乱するので、
仏教でも「正直な生き方はとてもいい生き方だ」と言います。


でもそれは、世間の考え方に乗ったわけではありません。
それだけは気をつけてください。

俗世間の人にも理解できるように、かなりの過程を経てから言っていることです。



「ブッダの言うことは常識的なことなので、誰にでもわかります」
とみんな言いますが、そのためにはかなりプロセスが必要なのです。
<P168〜P169>


【ありのままの自分】アイデンティティの常識を超える
A・スマナサーラ長老


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
★仏教は正直を「悪」とみなし、「善」に変える 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる