幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「聞く」ことを疎かにすると道を間違える

<<   作成日時 : 2012/05/19 21:34   >>

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

最近はおしゃべりな人が増えました。
たとえば、テレビをつけると、うるさいぐらいにお笑い芸人や
タレントたちの大騒ぎが目に飛び込んできます。
みな我も我もとしゃべろうとして、人の話など
まともに聞こうとしていないようです。



世の中、話す人ばかりになると、話すテンポもどんどん速くなっていきます。
ゆったりと話しをし、じっくり聞くといったやりとりは、
現代では稀になってきているのではないでしょうか。


しゃべることはもっとも簡単にできる自己表現なので、
しゃべる当人にとっては楽しく嬉しいことなのです。


反対に人の話を「聞く」ことは、自分を抑えなければできません。
相手に対しては受身だし、自分の思い通りにならないので
辛く感じたりするのです。



つまり、話すことがそれほどの努力がいらないのに対し、
聞くことには多少の努力が必要になってくるのです。



みんな聞くことより、話すことばかりに関心がありますが、
聞くことは人としてとても大切なことです。

ちゃんと話しを聞かないと、それによって人生の道を
踏み外すこともあります。

画像


スリランカでは、おじいさんやおばあさんが
子どもたちに、こう言って聞かせます。


「人間には耳はいくつある?二つあるよね。
じゃあ、口はいくつあかな?一つだね〜。
しゃべる口は一つで、耳は二つもあるのだから、しゃべることは少なくして、
よく聞きなさいね」


・・・・中略・・・



相手の話を聞くコツは、自分の考えや意見を入れずに聞くことです。
あくまでも先入観なしに相手がしゃべることをそのまま聞く。


上手な真理カウンセラーは自分の意見を言わないで、
ただひたすら相手の話を聞いてあげます。

しゃべるほうは、とりあえず自分を受け止めてくれたと、

それだけで気持ちがやすらぐわけです。

「話す」「聞く」という関係は女性と男性では違います。


女性はしゃべることそのものが好きで、ぺちゃくちゃよくしゃべります。
女性は自分の話に必ずしも意見を求めていません。
それよりも相手に共感や同意を求めていることが多い。

男性はそのことに理解がないから、よく失敗するのです。
女性のおしゃべりに対して否定的な意見を言ったり、
「うるさい」と話を切ったり。
それで女性の信頼を失ってしまう。



男性がしゃべる場合は、女性とちょっと違ってきます。
男性が話す場合はそれによって動かし、
コントロールしようという意図が多分にあります。
そのためにトラブルがよく起きるのです。


・・・・・・・・

だから人の話を聞くときは、相手が何をしゃべっているのか、
どういう立場で話しているのか、どんな理屈を言っているのか、


何を計算しているのか、そんなことを冷静に観察することが大切です。


そうすると、相手が話していることはちょっとおかしいなとか、
こちらを巧みに利用しているだけなんだな、といったことが見えてきます。


人の話を聞いて悪い方向へ進む結果になるなら、
その人は話を聞いていたようで
ほんとうはちゃんと聞いてはいなかったのです。






<P98〜P103>



【小さな「悟り」を積み重ねる】より抜粋しました。
A・スマナサーラ大長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
★「聞く」ことを疎かにすると道を間違える 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる