幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「好き・嫌い」という重荷を捨てる

<<   作成日時 : 2012/06/04 08:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

【自分の道を外れることに親しみ、
自分の道を歩むことに親しまない。
人生の目的を捨てて楽しみにしがみつく人は、
自分の道を歩む人をうらやむようになる。】

人生というのはおもしろいものです。
自分が何かをするとき、決まってしてはいけないことをするのです。
何かを話すときは、話してはいけないことを話してしまう。
何かを考えるときにも、考えてはならないことを考えてしまう。
これはもう、ほとんど決まりきったバターンで、
どうにもならない人間の特性になっています。

俗世間では、「経験に学びましょう」と言います。
それは一般的に「失敗して学ぶ」ということを意味します。
とことん失敗しないと学べないわけですから、
結果は最初と同じになってしまいます。

世間の人々は、「失敗したのだから仕方ない。
あなたはその経験から何かを学びなさい」と言うのですが、
学ぶことには切りがありませんし、
一つの失敗からたいしたことは学べません。
それで人生が成功するわけではないので、結局は一生
失敗ばかりすることになってしまいます。



・・・・・略・・・・・・・・・・・・

70歳、80歳になってくると、ほとんどの人々はもう
何もできない状態に衰えてしまいます。
今までの経験は全部、関係なくなってしまう。

結局、人生の最後まで失敗を積み重ね、
やってはいけないことをやっているのです。

・・・・・略・・・・・・・



そういう人々の中にあっても、勉強をするべきときは
勉強に励み、仕事をするべきときは仕事に打ち込む、
という立派な人たちがいます。
楽しいか苦しいかは関係なく、とにかくこれはやらなくては
いけないから、やるのだと。
育児が楽しいとか苦しいとか、そんなことを言ってられる
場合ではないのだと。

そうやって楽しさを追うことは捨てて
冷静になって、
「やらなければいけないことを、とことんやろう」
とこころに決めて実践するのだから何事も成功します。



・・・略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人生の成功について一貫して言えるのは、
自分がやるべきことを楽しんだり、苦しくて嫌だと
投げ出したりしないということです。

つまり、苦楽を乗り越えているのです。
そのレベルに達したならば、おのずと人生は成功してしまうのです。
楽しいことばかり追い求めている人々は、
楽しいも苦しいも気にせずに自分のやるべきことをやっている
人々を見ると、うらやましく感じます。
うらやむばかりで自分が変わらないのであれば、
かわいそうなだけですが・・・・。


私たちが気をつけるべきポイントは、
楽しいことや好きなことに「誘惑される感情に簡単に負けないこと」です。

あるいは智慧をもって冷静さを保ち、
「今は楽しいとか苦しいとかいう価値判断をしている場合ではないのだ。
その場その場でやるべきことをやらなければいけないんだ」
と決めることです。


・・・・・略・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だから私たちはしっかりと覚悟を決めなければなりません。

今できる仕事をすることです。
「やりたい仕事」ではなく、「できる仕事」をするのだ、
と腹を決めてみてはどうでしょう。

もし、今の自分の実力でできる仕事がないのなら、
努力をして仕事ができるようになればいいのです。
人間は常に変わることができます。
頭の中のプログラムから「好き嫌い」の基準を取り除いて
しまえば、人生は成功します。
私たちが楽しいとか苦しいとか言っている間もなく、
世の中は時々刻々と変化していきます。
自分自身をその変化に合わせて、そして好き嫌いという基準を捨てて、
常に行動していかなければならないのです。<P136〜P143>



原訳「法句経」一日一悟 A・スマナサーラ大長老




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
★「好き・嫌い」という重荷を捨てる 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる