幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★壊れるスピードは同じ、修復能力が減っていく

<<   作成日時 : 2012/09/05 09:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

俗世間では、成長段階ごとに幼年期・少年期・青年期・中年期・
壮年期・老年期などと区別したりしています。
そう言われると、あたかもそのような段階ごとの
成長過程があるように感じますが、
仏教の立場から見れば、同じスピードで壊れているだけなのです。


そして、身体の修復作業の能力は、どんどん落ちていき、
死にかけているときには、ぜんぶストップしています。

画像



私が長い間飼っていた犬が死んだときも、死ぬ直前には
「まったく何も食べない」という状態になりました。

熱もあるのでお医者さんに診せて、
栄養剤を注射したり、薬を強引に口に入れるのですが、
吐き出してしまうのです。


つまり、その犬は物質を取り入れることをストップしてしまったのです。
それから2〜3日で死んでしまいました。


同じことは人間にも起こります。

物質を取り入れて、
それを使って修復することを世間では「代謝」と言ったりもします。


「世界一の栄養剤がありますよ」といっても代謝能力がなくなったら、
もうどうしようもないのです。


この状態を、通常「衰えている」と言うのです。
実際は、結局、ずっと同じスピードで壊れているのです。


必死に抗って(あらがって)修復しているのですが、

いずれにせよ衰えています。

修復が間に合うか、間に合わないかだけの話です。




(P30〜P31)

【欲ばらないこと】A・スマナサーラ大長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
★壊れるスピードは同じ、修復能力が減っていく 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる