○静止しつつ、流れつづける水(2)

もし今このガラスのコップが原因で苦しみが生まれて
いるなら、その原因を取り除くべきです。
しかし、あらかじめ
「このガラスのコップはすでに割れている」と考察しているなら、
たとえコップが割れなかったとしても、
原因はすでにありません。


原因が無いなら、苦しみはもはや生じませんし、
苦しみは終わるのです。


これが、苦しみの滅とう状態です。

無常・苦・無我を観る、このポイントを超える必要は
ありません。

たったこのことを観るだけで十分なのです。
ご自身の心で、このことをよく考察してください。

画像


基本的に、人はどんな人でも行為の基礎となる
「五戒」(※註)を守るべきです。

三蔵経(Tipitaka)まで勉強する必要はありません。
まず、五戒を守ってください。


最初は間違えて戒を破ってしまうこともあるでしょう。
そのときはそれに気づき、その行為をやめ、
また新たに五戒を守るのです。

もしかするとまた何か間違いをして、戒を破ってしまうかもしれません。

そのときも破ったことに気づき、新たに立て直して、五戒を守ってください。


このように実践することで、気づきが育ち、より持続的に
気づけるようになるのです。


これはちょうどヤカンから水の滴が落ちるよなものです。

ヤカンをほんの少し傾けると、滴はゆっくりと落ちます。
ポトン・・・・ポトン・・・・ポトン・・・・。
ヤカンをもう少し傾けると、滴が落ちるのが速くなります。
ポトン、ポトン、ポトン・・・・。

もっと傾けると「ポトン」と落ちることはなくなり、
水が流れます。


では「ポトン」と落ちていた滴はどこへ行ったのでしょか?
どこにも行きません。「滴」から「流れ」に変化しただけなのです。


ダンマ(法)は、このように「譬え」を使って話したほうが
よいのです。

なぜなら、ダンマには形がないからです。
ダンマは四角いですか、丸いですか?

何も言うことはできません。


ダンマを話すことができる方法は、唯一、譬えを使って話すことなのです。


ダンマは自分から遠いところにあるなどと思わないでください。
自分と共にあり、また至るところにあるのです。


観察してみてください。
今の瞬間は幸せで、次の瞬間は悲しくて、また次ぎの瞬間は
怒っています・・・・・・。


すべてがダンマです。
見て、理解するようにしてください。

【註】五戒・・・・基本的な五つの道徳
   生き物を殺さないこと、盗みをしないこと、邪淫をしないこと、
   嘘をつかないこと、酒・麻薬など酔わせるものを摂らないこと。

「生きた仏教の教え」アチャン・チャー
Patipada A.D.2011  8月号より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた