◆いったい幸福とはなんでしょうか?(3)

☆苦しみを無くすことが幸福です。
ブッダが説かれる「存在苦(生きることは苦である)以外にも、
色々苦しみがあります。

お腹が空いたり、猛暑なのに節電のために冷房をつけなかったり、
身体がだるくなったりすることなども苦です。

幸福ではありません。

その都度その都度、
その軽い苦しみを無くすこと、乗り越えることも幸福です。

猛暑の時、海に飛び込んで遊ぶことも、
苦しみを無くすことなのです。

完全に苦を無くすことが究極な幸福ですが、
その時その時の苦しみを無くすことも幸福なのです。


☆母への奉仕・父への奉仕は幸福です。

人は、子どものためなら死んでも構わないと言えるほどの
激しい子育てをします。


いつでも子供のことで頭がいっぱいなのです。
子孫を産んで育てて一人前にすることは、いたって普通な行為です。
褒め称えるほどのことではないのです。


子孫を命がけででも守って育てなさい、というのは遺伝子に
刷り込まれているプログラムに過ぎない。

わが子を愛することは、遺伝子のプログラムであり、人の本能なのです。


親を尊敬する、親のことを心配する、親を助けてあげなくては
いけないという気持ちは、遺伝子のプログラムにはないものです。


生命の本能を打ち破って、より高度な生き方をすると、
人はたいへんな満足感・充実感を得るのです。

これは並みの幸福ではないのです。


誰にだって、親がいます。
その親に奉仕すると、自分自身が「生きていてよかった」と
高度な充実感を得られるのです。


イメージしてみてください。
子供を高級レストランに連れて行ってご馳走する。
その時も、子供を躾しなくてはいけないし、心配しなくてはいけないのです。

お腹いっぱい美味しいご飯を食べても、子供は決して
「お母さん、お父さん、ありがとうございます」と言わないでしょう。
そんなプログラムは遺伝子にないのです。

画像



では自分が、今まで苦労して生きてきた両親に高級レストランで
ご馳走したとしましょう。


両親は必ず、「お前はほんまにいい子やねえ」と言うはずです。

自分の心に親がこの上ない幸福感と充実感を与えてくれるのです。

人は遺伝子に刷り込まれていない、本能的に生まれてこない、

親に奉仕することを実行すれば、それこそが幸福なのです。
これは皆にできることです。






P19~P20>パティパダー 巻頭法話「いったい幸福とはなんでしょうか?」
B.E.2555/A.D.2011 11号より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス