◆いったい幸福とはなんでしょうか?(4)

☆沙門・バラモンに奉仕することは幸福です
沙門・バラモンとは、インドにいる様々な修行者のことではありません。
仏教の定義は、心を清らかにする目的で俗世間の財産をすべて
捨てて、出家になって修行する人々のことです。

この布施によって、修行者が命を繋いで修行するのです。

一般の人々にも、心清らかにするアドバイスをしてくれるのです。

在家の人にとっては「私たちが聖なる世界を支えているのだ」
という充実感を得られます。


ふつうなら食べて消える財産が、持続する結果にもなるのです。

画像



以上の説明は注釈書にあわせたものです。
原文に忠実に訳すると、
「沙門という性質があること、バラモンという性質があること」
になります。

ということは、我々の心も欲に溺れている俗人のレベルに置いたままに
しないで、より優れた精神を持っている人間になることではないかと
思います。

戒を守ったり、冥想したりして、より清らかな心を育てることができれば、
これもたいへんな幸福なのです。




☆老いるまで道徳を守って生きることは幸福です。


たった一日であれ道徳を守って生きてみると、幸福感・充実感を
得られるのです。


今日はまっとうな人間として過ごしました。
という気分になるのです。


後悔することに値しない一日は幸福です。


では老いるまで道徳を守って生きてみれば、

どれほどの幸福な人生になることでしょうか。




<P20~P22>パティパダー 巻頭法話「いったい幸福とはなんでしょうか?」
B.E.2555/A.D.2011 11号より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス