★死に打ち克つチャレンジ

結局のところ、誰でも、生きて年をとって死ぬのです。

ただ生きて、年を取って死ぬ。

生命に具わっているのは、その単純なプログラムでしかありません。


しかし、それだけだったら、おもしろくないのです。

だったらどうすればいいのでしょうか?




ブッダの提案は、「智慧を開発すること」です。


つまり心を完全にきれいにすることです。


みなさんも「完全な心を作る」ということに挑戦すればいいのです。



画像


まれな人にしか思い浮ばないことですが、
その気持ちになれば、絶対的に大事な仕事があるのだと、
喜びが沸いてきます。


「生きているあいだ、死ぬ前に、私は必ず悟りに達するぞ」と。

ブッダは悟りに達することが、死に打ち勝つことだと説かれています。


そうすれば、


ひとつひとつのハードルを飛び越えるのではなく、


「一切のハードルを乗り越えた」ことになるのです。







<P152~P153>
「ブッダの幸福論」A・スマナサーラ長老著書より