★どうすれば苦がなくなるのか

お釈迦様が説かれる中道=「超越道」は、
八つの項目で構成されているので「八正道」とも言われています。

仏道とは八正道のことです。

苦しみを乗り越える道なので、

八正道を実行しようとした時点から、

苦しみが減ってゆく仕組みなのです。


その人の苦しみがどのくらい減るのか、ということは、

一人ひとりがどの程度八正道を実践するかによります。


完全に苦しみを乗り越えたい人は、八正道を完成させなくてはいけません。


日常の苦しみを減らしたい人は、

日常的なレベルで八正道を実行すればよいのです。

画像


要するに、生きるうえでいかなる悩み苦しみが起こっても、

八正道はそれらを乗り越えることができる答えなのです。


苦しみに対する万能薬だと思ったほうがよいでしょう。

ですから、子どもからお年寄りまで、普通の人から知識人まで、


誰にでも実行できるようにできています。<P129~P130>


「これでもう苦しまない」
アルボムッレ・スマナサーラ大長老の著書より抜粋致しました。