テーマ:ニュース

■なぜ「ありのままに観る」のが難しいのか?

ヴィパッサナー冥想を実践して「ありのままに観る」ことは、 人間にとって究極的に難しい事になっています。 本当は信じられないほどシンプルな仕事のはずなのに、 それがなかなかできない。 冥想の指導をすると、皆さんは膨らみ縮みの実況はつまらないこと だと思ってしまうのです。 実況中継を嫌がるのです。 もし私が「呪文を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★妄想に基づく行動は悪い

人間というのは、論理的な、有意義な思考に頭を使う時間は ほんのわずかです。 妄想をしないと思っている人も世の中にはいるようですが、 人間が考えるほとんどのことは、妄想です。 大半は妄想に費やしています。 妄想とは、現実から離れた、なんの役にも立たない思考の無駄な回転です。 我々人間は、一時間あったら大事な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

★<ブッダの冥想実践会>★是非ご参加ください。

★冥想実践会のご案内★ A・スマナサーラ長老指導 【タイトル】 『未来の組み立て方~不安を取り除き幸福を生み出す​Lesson~』 日時7月 17日 (日) 09:30 ~ 18:30【参加費】500円 【会場】 場所 住吉武道館 2階(住吉大社境内)     大阪市住吉区住吉2丁目&#820…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

■智慧の扉より

お釈迦様は「一切の生命は食(滋養)によって維持されている」 と説かれました。 この言葉を中心にして、学ぶことについて説明いたします。 よくよく観察すると、箸の持ち方から宇宙船の作り方まで、 世間にある知識・能力は、たった一つ「生きる、生存する」という 目的のためにあるのです。 ですから、学ぶときは余計なことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎ブログ1周年になりました!

  <幸せに生きる世界から>    このブログを始めるきっかけは、 ワンギーサ様の「困ったときはダンマパダ」が終わられるという事を知って、 とても残念に思い、自分も人の役に立つブログを作ってみたいなぁ・・・ という思いからでした。 「幸せに生きる」を看板に挙げながら 世の中の情勢は、逆路線へ否応なしに引っ張られている現…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

■「驚く」ことから人間関係は壊れる

では、次に何をどうすればいいのでしょうか。 次はとても大切なポイントですからよく覚えてください。 それは「何があっても驚かない」ということです。 私たちは人間関係を、驚いてしまうことで壊しているのです。 たとえば「自分の子どもはすばらしい」とひどい勘違いをしている お母さんがいるとします。 その子どもが万引きをして捕まっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■依存が引き起こす精神の病とエゴ

■依存に徹し、あらゆるものに執着する 繰り返し言いますが、生きるということは、 眼耳鼻舌身意に、色・声・香・味・触・法という情報が触れることです。 生きるためには六処が情報に依存して、引っかかっていないと、 生きることが成り立ちません。 それが「依存」ということです。 そこに自由はありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

▲無常を知るものは人生を知る

ものに、人に、頼って、幸福だ、 幸福だと思って、人間は必死で生きています。 経済活動と家庭の面倒を見ることと、 自分のからだの健康を心配することが、人間の生き方の全てです。 一般に幸福だと思われるもの全てが、 簡単に消えてしまうはかないものです。 消えたときの苦しみははかりしれないものです。 まるで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スマナサーラ長老からのメッセージです

東日本大震災で被災された皆様へ 災害に遭遇した時の心構え  日本史上最大の災害に見舞われている皆様に励ましの 言葉をかけてあげたいと痛感していますが、災害の過酷 さを知った瞬間から私自身のこころも茫然となってしま ったので、どのような言葉を選び申し上げればよいのか とまったく思い浮かびません。 今も思考が完全に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

※「死」を認めて智者になる

仏教には、効果的に、死を認める方法があります。 「死隋念」という瞑想です。上達すると自動的にヴィパッサナー冥想に変わります。 身の回りには、死ぬこと、壊れること、変わることの情報が嫌になるほどあるでしょう。 そのとき、他人を自分に置き換えて、 「死隋念」を実践するのです。  誰かが自動車事故で死んだら、修行者は…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

■みんなの賛成よりも、みんなの幸福を

より良い判断をするためには、みんなが賛成できることより、 みんなが幸福になることを重視してください。 判断するときに、賛成してくれるだろうかと、 他人の顔を見なくてもいいのです。 人の考え方はあまり当てになりません。 どうせほとんどの人には、初めから判断能力がないのです。 みんなの顔色を見るのではなく、 み…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★★難解な本の内容がどんどん理解できる不思議

皆さんは勉強をしようと思うと、まずテキストが欲しいと思うでしょう。 私も、「仏教を勉強するためのいいテキストがほしいのですが・・・」 というような質問をされることがよくあります。 このテキストについて考えてみましょう。 コンピュータや最近の携帯電話などを買うと、 すごくたくさんマニュアルがついてきます。 あれはコンピ…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

★ものごとはすべて経験で覚えよ

では、知識を得る方法についてお話ししたいと思います。 これからお話しするのは、どうすれば簡単に、苦労することなく 多くの知識を得ることができるか、という方法です。 ちょっと冗談ぽく言えば、怠けながら勉強できる方法なのです。 知識とは概念であることを先ほどお話ししました。 頭のなかに概念を積み重ねることが知識である。…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

◆つきあう前に人を選ぶか【後半】

つきあう前に人を選ぶか【後半】~人間関係は知人と友人を選ぶことで始まる~ 自分に気楽につきあえるぐらいの人々とつきあって、自分の社会を 築けば充分です。 個人の世界は、その人の対人に対応できる能力に適するべきものです。 例えば十人と仲良くすることができる人は、二十人の友人を作ると かなり苦労する。 逆に、知…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

◆つきあう前に人を選ぶか【前半】

 つきあう前に人を選ぶか【前半】~人間関係は知人と友人を選ぶことで始まる~ 健全な人間関係を築こうと思って人間が為している行動によって、 その人の自由が失われてしまい、自発的な終身刑になってしまうのだと 先月号で説明いたしました。 社会という組織を重んじてまともな社会人として生活をしても、社会という 組織自体は、個人に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

◆「敵と味方の見分け方【後半】」

「敵と味方の見分け方【後半】」 ~自分のこころを育てるために~ このように「こころ」は弱い性質を持っている「働き」ですので、放っておけばどんどん堕落してしまいます。 「こころ」はその場その場ですぐ味わえる快楽をいつも求めていて、 先のことには神経を配りません。これこそが人生における「悩み」「苦しみ」の 原因なのです。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

◆「敵と味方の見分け方【前半】」

 「敵と味方の見分け方【前半】」 ~自分のこころを育てるために~ 人が生きるためには自分の敵と味方の区別をまず知ることです。 結果として自分の人生を不幸にするものは敵となるでしょうし、 幸福な生き方を手助けしてくれるものは味方ということになります。 ですがこの場合、こちらのご機嫌を取って人をいい気持にさせる だけの相手はほ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

★「自分らしさって何ですか?」

★「自分らしさって何ですか?」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 世の中では、「自分らしさ」とか何とか言っているのですが、 私も何だか分からないのです。 自分らしさとか、自分を表現しようとか、 みんなただ口先だけじゃないかなぁ。 この言葉がカッコイイと思っているのでしょうか。 誰かが「自分…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

◆◆幸せになりたいなら・・・・

◆『生きることはとても簡単なこと』 生きることは、複雑なようであって、実はとても単純です。 歩いたり、座ったり喋ったり、寝たり起きたり。 それ以外、特別なことは何もありません。 この単純さを認めないことが、苦しみのもとなのです。 この単純さ以外に、何か人間を背後から支配している 「宇宙の神秘」のようなものがあると…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

○神戸新聞NEWS 平成23年1月1日

「怒らないこと」著者 スリランカ出身高僧に聞く  神戸新聞NEWS 1月1日 「怒らないこと」。シンプルな、しかし実行は容易でなさそうな心構えを 説いた本が、静かに売れ続けている。 著者はスリランカ出身の高僧で、 三田市内に道場を開くアルボムッレ・スマナサーラさん(65)。 怒りは「猛毒」であり、怒らないことが幸福に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

★社会は「変わる」自分を「変える」

間違った思考を持って、間違った生き方をして、間違った判断をしている アーティフィシャルな社会に生きる私たちは、 それらを見直すことなしに問題をどうにかしようと思っても、 解決策は出てきません。 客観的な価値を見つけだすことは、至難の業です。 客観的な価値は、もともと人工的な社会には存在しないものですから。 リーマ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

★問題ばかりの原因

この世の中は、問題ばかりです。 それは、特別なことをしたので、 そうなったわけではありません。 普通に生きている結果なのです。 あらゆる問題は、 「自分自身に気づかないで生きている」から起こるのです。 私たちにできることは、自分自身に気づいて生きることです。 …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more