テーマ:

★たとえ小さな悪であっても

★ナ チャ クッダン サマーチャーレー Na ca khuddam samacare まず、クッダ(khudda)は直訳すると「小さい、つまらない、 たいした事はない」という意味です。 どんなパーリー語にも幾つか意味がありますが、 クッダも同じ「小さい」という意味もありますし、 「あまり評価できない」「悪い」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★少数派になることを恐れない

世間の人々は盲目である。 少数の者が真理を理解する。 とり網から逃れ出て、 空に生還する鳥が少ないように。(174) 真理を探し求める人は、今も少数派です。 抜群の能力をもち、あらゆることを発見して、 だれも知らないことを教えてくれる人々は当然少ないのです。 その貴重な人々が、だれも仲間がいないから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★不痴(探究・理解)

理解しにくいのは「不痴」です。 不痴とは、探究する心、発見する心、 ものごとを理解したり、新しいことにチャレンジしようとする 前向きなエネルギーのことです。 だらだらして生きるのではなく、自分から積極的に試したり、 調べたり、考えたり、チャレンジするという活発なエネルギーです。 「人に言われたからする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★『個性』

個性は持って生まれたものだから、 いくら親だからといっても、どうにもならないだろう、 と考えるのは間違っています。 仏教には「無常」という言葉があります。 この世のあらゆるものは、とどまることなく変化している、 という意味です。 個性も同じ。 持って生まれたものが生涯そのままであるということはありません。 親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★無智に気づくためのチェックリスト

ここでどんなときに無智が強くなって働いているかを 知るための手掛かりをお教えしましょう。 以下に代表例をリストアップします。 ・正しい判断ができないとき ・判断できなくて優柔不断でいるとき ・鬱気味になるとき ・感情に負ける時 ・混乱状態、興奮状態になるとき ・妄想のストップも制御もできないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★快楽ではなく智慧を探し求めよう

『なぜ笑う。何が楽しい。 炎に包まれている(燃えている)のに。 暗やみに覆われているのに。 なぜ光を求めないのか。(146)』 私たちは絶えず「何をして遊ぼうか、何をして笑おうか、 何をして楽しもうか」という衝動に駆られて生きています。 それは子供の生き方を観ているとよくわかります。 子供はいつも「今日は何をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★正思惟・・・八正道②非論理的な欲・怒りは捨てる

正思惟(しょうしゆい)とは、考え方を正すことです。 これは大きな問題です。 人とは考える生き物です。その考えが正しくないならば、 何をやっても正しくないことをしていることになります。 成功を収めて幸福に生きていきたいと思うならば、 思考を正さなくてはいけません。 思考を正せば、行動は自ずと正しいことになるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★正見・・・八正道①ありのままに見る

正見の意味は、正しい見解です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「ありのままに見る」「ありのままに観察する」とは、 簡単で当たり前のことではないでしょうか。 それはその通りですが、実行しようとすると問題が起きます。 私たちは、ありのままに見ているのではなく、 あって欲しいままに見ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★理性がないとだまされる

生きるとはどういうことか、一度でも考えたことがない。 しかし、「生きることはありがたい」「生きることはすばらしい」 「生きていなくてはいけない」という感情。 でも、みんなが同じ感情を持っているからといって、 正しいとは言えません。 調べて証拠を見つけなくてはいけないのです。 調べて真理を発見するという作業は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆「好き嫌い」という重荷を捨てる

音声での「法句経」ダンマパダ 一日一悟 です。 ●ブッダの教え<一日一話> http://www.youtube.com/watch?v=TBLn9S-tZqM ●慈悲の瞑想を歌う http://www.youtube.com/watch?v=gj7FJIu7qYI …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★貪瞋痴を制御する行為が善業

気持に流されるのではなく、気持を抑えようと、 制御しようとしたことだけが善行為になります。 貪瞋痴を制御するために行う行為のみが、善業になります。 ここは、すごく微妙なポイントです。 貪瞋痴に従うのではなく、 貪瞋痴をちょっとコントロールしようとすることで善行為になります。 ですから、1万円で自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★感情で起こす行為は悪結果に

自分の人生で、意志だけは自分でなんとかできます。 ですから、何よりも意志に気をつけるとよいです。 しかし、私たちは理性で判断しないのです。 判断に際して感情で決めてしまいます。 昼食をラーメンにするかサンドイッチにするか判断するときに、 理性で「ラーメンを食べたらカロリーが多いし、いろいろ 化学調味料もいっぱい入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★幸せになりたい人が用意すべき原因

物事のすべてには原因があります。 そして、よい原因であればよい結果になり、悪い原因があれば、 当然悪い結果になります。 先に必ず原因があります。 実は、因果法則というのはなかなか複雑で難しい話になりますが、 ここでは単純に、原因があったから結果が出るという理解をしてください。 因果法則からいえることは、たとえば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★科学は心を扱えない

仏教は時間の経過とともに宗教化が進んだのですが、 現在でもテーラワーダ仏教はいわゆる宗教とはずいぶん違います。 宗教というより、むしろ科学というほうがしっくりきます。 それは宗教のように「信じるためのもの」ではなく 「実践するための方法」だからです。 ・・・・   ・・・・ 心は現代科学では扱えません。 現代科学で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★心は本来、怠け者

心というのは、ものすごく怠け者です。 どうやって怠けようかと、常に必死です。 それは認めていただきたいのですが、いかがですか? 「よく頑張った」と言うときも、 「怠けてしまうから、それでもなんとかやりました」 ということであって、だからこその「頑張った」なのです。 「我慢」という言葉もありって立派な言葉に聞こえますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★感情の深い部分を冥想でコントロールする

私たちは幸福になりたいのになかなかなれません。 幸福になるのを邪魔するウィルスのような悪いエネルギーが 心に染み付いているのです。 だから我々は、ウィルスへの抗体を心にずっと注入しながら 生きていかなければなりません。 生きている間はその闘いをずっと続けなければならないのです。 「これさえやれば、もう成功です」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

③vibhava tanha(ヴィバワ タンハー)否生存を好む渇愛

3つ目のヴィバワ タンハーは、なかなか定義が難しい渇愛です。 私たちはふだん、注釈書を頼って解説しますが、 この渇愛については私は注釈書の解説は使いません。 「無になりたい」「否生存を好む渇愛」です。 これは破壊欲であり、自殺したいという渇愛です。 注意したいのは「無になりたい」「否生存を好む渇愛」などと言うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★たちの悪い欲3つ

○お釈迦様が見つけたたちの悪い欲 お釈迦様はありとあらゆる欲の中から、たちの悪い欲を3つ、発見しました。 それらの「たちの悪い欲」のおおもとはやはり「生存欲」です。 「生存欲」というのは、特別にやっかいな欲なのです。 たとえば、子分の欲は、その都度、どの都度、消えます。 美人には目がない男性でも、前立腺なんかが壊れたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★色声香味蝕法に対して「執着=欲」が起こる

腐るほど対象・刺激による情報があるのですから、 本来、心がそれに依存する必要はまったくありません。 それなのに、執着・欲が起こる。 完全に余計なのです。 嫌でも腐るほど情報があるのだから、わざわざ依存する必要がないのです。 嫌でも認識は生まれて、生まれて、生まれ続けます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★壊れるスピードは同じ、修復能力が減っていく

俗世間では、成長段階ごとに幼年期・少年期・青年期・中年期・ 壮年期・老年期などと区別したりしています。 そう言われると、あたかもそのような段階ごとの 成長過程があるように感じますが、 仏教の立場から見れば、同じスピードで壊れているだけなのです。 そして、身体の修復作業の能力は、どんどん落ちていき、 死にかけているとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★石を投げられたら掴むよりもよけなさい

ここでいいたいことは、「問題を解決しようとすることは やめましょう。 問題やトラブルがあってもいいから、その代わりに ものごとを理解して、きちんとした心の状態だけは守りましょう」 ということなのです。 海に落ちた人はどうすればいいのでしょう。 そこから逃げるしか道はありません。 海と闘ってもまったくの無意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★食べものがなくてもクールでいられますか

昔のお坊さんたちは托鉢をして生活していました。 村に行って食べ物をもらっても、俗人のように「よかった」とか 「嬉しい」と喜ぶことなどしません。 なんのことなくあるものを食べていました。 何ももらえない場合はそのまま寺に戻りました。 当時はだいたい一日に一食でしたので、 その日は何も食べないことになります。 でもお腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★「忍耐」は耐えることではありません

仏教に「忍耐」という言葉があります。 パーリ語でkhanti<カンティー>と言います。 サンスクリット語では<クシャーンティ>と言い、 ヒンドゥー教の人々は「クシャーンティ、クシャーンティ」と言って 互いに挨拶を交わしています。 では「忍耐」とは何でしょう? 日本人の間では昔から、苦しいことや辛いことを我慢して 耐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★観察能力で無智を狙い撃ち

このように無智を治すには、理性が必要です。 理性とは如理作意ともいいます。 善行為と理性をセットする方法については前に説明しました。 理性を育てる方法は別な言葉に言い換えれば、 「よく物事を観察して行いなさい」ということになります。 ですからいままで説明した無智を破る方法をすべてまとめて、 ひと言にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★善い行いだけでは無智はなくならない

無智を破るために、なぜ瞑想という訓練が必要なのでしょうか。 善い行いをすれば、悪いことをしないで、 世間さまに迷惑をかけないで生活すれば、 それで十分ではないでしょうか。 いえ、それだけでは十分ではありません。 飛行機がスピードを上げて滑走路を走るなら、 浮き上がって空を飛べるようになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★バカの破滅・・・心を育てて、訓練する

◎慈悲喜捨という無智の天敵 ここまで理性によって無智を弱め、破る方法をお話ししてきました。 最後に無智を弱め、無智を破りやすくする もうひとつの方法をご紹介しましょう。 それは慈悲喜捨の気持ちを育てることです。善の気持ちを育てることです。 無理にでも慈悲喜捨の気持ちを育てると、 心に智慧が育ち始めます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★バカを予防するー確信をつくる

仏教は、信仰について疑問をいだきます。 信仰という類のものすべてにケチをつけてしまします。 成立できないこと、論理的に見ると矛盾が生じることを示すのです。 また信じたものはそのまま事実であるかもしれませんし、 事実無根の嘘であるかもしれません。 ですから信仰は明確にあいまいなものであると説くのです。 人は激し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★身体・言葉・心の間違い

では、どうして私たちに五蓋があるのでしょう? 五蓋は「欲」「怒り」「昏沈睡眠」(落ち込み・眠気) 「「掉挙後悔(心の浮つき・後悔)」「疑(疑い)」の五つだといいました。 この中でわかりやすいのは欲と怒りだと思います。 なぜ欲と怒りが生まれるのでしょうか? 答えは「身口意の行為の誤り」があるからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★五つのフィルターが智慧を妨げる

「五蓋」の「蓋」というのは、「ふた」という意味です。 その言葉どおり、ふたというか、カバーというか、 正しい認識を妨げるものが五つあるというのです。 具体的には、 「欲」「怒り」「昏沈睡眠(落ち込み・眠気)」 「掉挙後悔(心の浮つき・後悔)」 「疑(疑い)」です。 五蓋のうちの「欲」と「怒り」はわかりや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★無智を育てる栄養源

どうすれば智慧があらわれるかというと、 やはり無智について正しく知ることが鍵を握ります。 お釈迦様は無智について、「無智は流れる」とおっしゃっています。 無智を説明するのに「流れ」ということを説かれているのです。 この本の最初のほうに紹介した経典、アングッタラ・ニカーヤ(増支部)から、 そのことについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more