テーマ:精神病

★怒りには自分を破壊し他人を破壊する

怒りには、怒らないことによって勝てる。 悪事には、善い行為で勝てる。 物惜しみには、分かち合うことによって勝てる。 真実によって、虚言の人に勝てる。(223) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 嫉妬、物惜しみ、後悔、憎しみ、悩み、陰気、いらだち、 いやな気持ち・・・。 仏教でいう「怒り」とは「腹を立てていきど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

③vibhava tanha(ヴィバワ タンハー)否生存を好む渇愛

3つ目のヴィバワ タンハーは、なかなか定義が難しい渇愛です。 私たちはふだん、注釈書を頼って解説しますが、 この渇愛については私は注釈書の解説は使いません。 「無になりたい」「否生存を好む渇愛」です。 これは破壊欲であり、自殺したいという渇愛です。 注意したいのは「無になりたい」「否生存を好む渇愛」などと言うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★たちの悪い欲3つ

○お釈迦様が見つけたたちの悪い欲 お釈迦様はありとあらゆる欲の中から、たちの悪い欲を3つ、発見しました。 それらの「たちの悪い欲」のおおもとはやはり「生存欲」です。 「生存欲」というのは、特別にやっかいな欲なのです。 たとえば、子分の欲は、その都度、どの都度、消えます。 美人には目がない男性でも、前立腺なんかが壊れたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★石を投げられたら掴むよりもよけなさい

ここでいいたいことは、「問題を解決しようとすることは やめましょう。 問題やトラブルがあってもいいから、その代わりに ものごとを理解して、きちんとした心の状態だけは守りましょう」 ということなのです。 海に落ちた人はどうすればいいのでしょう。 そこから逃げるしか道はありません。 海と闘ってもまったくの無意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★食べものがなくてもクールでいられますか

昔のお坊さんたちは托鉢をして生活していました。 村に行って食べ物をもらっても、俗人のように「よかった」とか 「嬉しい」と喜ぶことなどしません。 なんのことなくあるものを食べていました。 何ももらえない場合はそのまま寺に戻りました。 当時はだいたい一日に一食でしたので、 その日は何も食べないことになります。 でもお腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★「忍耐」は耐えることではありません

仏教に「忍耐」という言葉があります。 パーリ語でkhanti<カンティー>と言います。 サンスクリット語では<クシャーンティ>と言い、 ヒンドゥー教の人々は「クシャーンティ、クシャーンティ」と言って 互いに挨拶を交わしています。 では「忍耐」とは何でしょう? 日本人の間では昔から、苦しいことや辛いことを我慢して 耐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ひとりになることを前提に、プログラムをつくりましょう

しかし、孤独は、不幸なことではありません。 孤独でありながら、明るく強く生きることは十分に可能です。 もし、孤独を避け、無理ににぎやかにしようとすれば、 「孤独を扱う能力」が育たなくなってしまいます。 「孤独を扱う能力」がないと、人生は大変です。 なぜなら、私たちが多くの人々から必要とされる 「社会的な存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★孤独にあえて慣れる

~孤独に慣れるのが賢い生き方~ かつては大家族が当たり前だった日本社会も、 今ではすっかり核家族が主体になりました。 祖父母といっしょに暮らす家庭は、めっきり少なくなっています。 この流れと平行して、孤独感を抱きながら生活している 高齢者が増えているようです。 しかし、本来、大家族であろうとなかろうと、 高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★人間にとって、いちばん大切なルール

<寄生し、依存しなければ生きていけない人間には、 大切なルールがあります。 それは悪性のがん、ウイルスにならないことです。> 人はみは、ひとりでは生きていけません。 お互いに寄生しあい、依存しあって生きているのが現実です。 自分だけで何かを成し遂げられると思うのは間違いです。 寄生や依存をするわれわれには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★「聞く」ことを疎かにすると道を間違える

最近はおしゃべりな人が増えました。 たとえば、テレビをつけると、うるさいぐらいにお笑い芸人や タレントたちの大騒ぎが目に飛び込んできます。 みな我も我もとしゃべろうとして、人の話など まともに聞こうとしていないようです。 世の中、話す人ばかりになると、話すテンポもどんどん速くなっていきます。 ゆったりと話しをし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★生きることに本来自由はない

「毎日の生活に自由がありません。 もっと自由になるにはどうすればいいんでしょう?」 仕事も私生活も窮屈で仕方ない、と嘆く人から、 そんな質問をされることがあります。 生きているといろいろなしがらみが生まれます。 仕事の人間関係、家族との関係、友だちとの関係、 そうしたさまざまな関係がうまくいかなくて、そこから 逃げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★他人の権利を奪わない

平和で幸福に生きていたいと思う生命が、 決してやってはならないことは、 ほかの生命の生きる権利を踏みにじることです。 「権利」には2種類あることを知っていますか? ひとつは給料をもらう権利など、条件つきで得られる権利です。 条件は働くことで、働かない人は権利を得られません。 もうひとつは、条件不要な「生きる」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★悩みのない人

「自分のことを不完全だと心から思っている人には 精神的な悩みがありません」 ほとんどの人は、自分を完璧だと思っていません。 だから、世間に合わせ、まわりの人々の気持ちを考えて 生活しています。 しかし、どんな謙虚な態度でいても、 ときに落ち込んだり、腹を立てたりしてしまうのは、 なぜでしょうか。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★過去のことばかり考えるのは成長をやめること

いつまでも現実を見ずに、過去のことで舞い上がったり威張ったりする人は、 人生の成長にピリオドを打っているのです。 「かってはよかった」という気持ちだけでなく、 「あれもダメでした」 「これもダメでした」と、 過去のことで悩んだりする人もいます。 その人も、これからの人生を諦めたことになるのです。 「ダメでした」「失敗し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★人間関係で失敗する理由

ではこの友情を育てるにはどうしたらいいのかという問題が次に出てきます。 ところがこの問題が結構大変なことなのです。 友達というものがそれほど素晴らしい関係であり、 人間の幸福を形成する上において必要不可欠な要素とするなら、 たくさんの友人をつくるほうが幸せもまた大きくなっていくのでしょうが、 その友達をつくることもまた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

★無明を攻撃するヴィパッサナー冥想

今の瞬間の自分を確認して、それを続けると、 無明が消えて、他の煩悩も消えて、代わりに智慧が現れます。 その結果、自分が全体的に見えてきます。 ありのままに、世界を見ることができるようになるのです。 ヴィパッサナー冥想では、 怒りや欲にではなく、無明に対して攻撃します。 無智という土台を攻撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★普遍的真理なき知識世界

心は本来、avijja・無明、つまり何も知らない状態であるため、 物事をありのままに認識するということができません。 また、我々の認識は 個人の主観であり、普遍的な真理ではありません。 花がきれいだとか、今日はあたたかいというのは、 普遍的な真理ではないのです。 自分が知っている、経験している世界は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★自己欺瞞の演技・欲編:無欲

贅沢・無駄使いしたい気持ちも、 「欲がない」という形をとることがあります。 どんなに高くても「そんなにお金があったって、 あの世に持っていけるわけでもないし、 私には欲もないので使う機会もない。 ですから、みんなでどんどん食べましょう」と言って、 豪勢に食べる。 これは修行でもなんでもなく、 ただ贅沢をしたいとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★自己欺瞞の演技・怒り編:非暴力

ahimsaとは他人に害を与えないということです。 これは自分の怒りをコントロールしたり、 慈悲を育てるための修行なのです。 ところが”正義の味方”になって、 暴力を振るう人に対して暴力を振るう人がいます。 苦しんでいる動物に安らぎを与えるために 殺したりする人もいます。 自分の道徳を自分にあてはめるのではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★人のことは理解できない

人間はもともと孤独なものです。 そして、自分の世界を他人に知れるのが嫌なものです。 それは親子の場合も同じです。 お母さんは子どものことはなんでも知っていると思っています。 特に小さな子どもに対しては、それが顕著になります。 一方、子どもは、なんとかして自分と の世界をつくろうとして、 お母さんに隠れていろいろなこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

★「だってしょうがない」を言わない生き方をする

この「だってしょうがない」という言い訳は、 人生から取り消しましょう。 そうすれば、よりよく生きることができます。 覚えやすいでしょう? 「絶対に『だってしょうがない』という言い方はしない」と 決意してください。 同じ条件で、出せる顔はいくつもあるのです。 よい顔を選んで、出しましょう。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★自己管理ができない人は感情で対応する

自己管理ができない人は、感情で対応します。 その場その場で、感情で顔をだすのです。 いわゆる顔のセットで、一番上の顔を出してしまうのです。 嫌な環境だったら、すぐ怒る。 相手が美しく優しい人だったら、ニコッと笑ったりする。 これでは、訪問販売やセールスマンのカモにされてしまいます。 高価なネクタイをつけて、バッチリ決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★老いこそ真理を学ぶチャンス

もう一つ、歳をとってからやるべきことについて、 書いておきたいと思います。 それは、それまでに勉強したりして学んできた俗世間の いろいろな知識を、すべて片っ端から捨てることです。 すべてきれいに捨て去って、楽になってください。 どうせ死んでしまったらそれで終わりで、知識、財産などは あの世に持っていくことはできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★『妄想』に打ち勝つ方法

この妄想を辞める方法は二つです。 制御する方法と、完全に断つ方法です。 ここでは、私たちにいますぐ必要な、 妄想を制御する方法をご紹介します。 (完全に断つ方法は「ヴィパッサナー冥想」と呼ばれる冥想法で、 別の本などで詳しく紹介しています) <このブログにも下記のようにいろいろと掲載しています> http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★独りぼっちでは生きられない

★独りぼっちでは生きられない 「私は幸せですよ」と言う人が、いるかもしれない。 しかし、それは周りが幸せにしてあげているのです。 友達がいっぱいいて、話す相手がいっぱいいて、 助けてくれる人びとがいっぱいいると、 なんとなく幸せな気分になります。 お金があって、家族がいると、 なんとなく幸せな気分になるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★どうせ学ぶなら楽しく

先ほども言ったように、生きている私たちには、 「楽しいならばやりたいし、楽しくないならばやりたくない」 という基本的な気持ちがあります。 ここで、 「生きていること」と 「生きているからしなくてはいけないこと」 を分けてしまうと、それが失敗のもとになるんです。 ですからこれを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

汚れた思考は三つ

「不幸の源である汚れた思考をやめなさい」 それだけでも簡単に理解できますが、 お釈迦様はさらに説明してくれるのです。 「汚れた思考は三つだよ」と、 三つのことだけ気をつければ、それでよいのです。 お釈迦様が「悪いこと、汚れたことを考えてはいけません」と 言われたら、 「では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★存在は無常です。

たとえば机の上にカップがあるのは、 カップがずっと変化し続けているからであって、 まったく変化していなければ、 その存在は成り立たないのです。 中に入っているコーヒーだって、 すぐに変化するから飲み物なのです。 人間の心も身体も 一瞬たりとも停止しないで変わっている。 「生きている」とか「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★無知

<063>無知を克服して賢者になりたい人は、 事実を発見するたびに主観を改良する、 心の柔軟性を持つべきです。 <064>無知な人は頑固です。 新しい考えを取り入れることを怖がり、 自分の知識だけに満足し、 安心して生きていたいのです。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★人とのつきあい

人との付き合いを絶って生きることは不可能です。 人生のツキは つき合う相手次第なのです。<072> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★人間には、あきらめられないという弱点があります。 あきらめてよいものは、たくさんあります。 それか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more