幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の心・・・

<<   作成日時 : 2010/06/24 07:10   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

人は妄想に支配されないように、より現実的に生きる努力をすべきです。
過去と将来に心をさまよわせず、今に気づいて生きることです。<P63>
画像



【人の心】
★自分、家族、友人、親しい人、人類全体のしあわせを願う行為は、

自分の心だけでなく、願ってあげた相手の心も喜びに満ちたものに

するのです。


人の心が喜べば、同じ波動で自分に返ってきます。

暗い思考から抜け出し、善なる波動を放出したいと望むなら、


そして、自分が幸福になりたいならば、自分のまわりのあらゆるものの

しあわせを願う慈悲の心を育てることです。<P62>



★では、心を休息させるためにはどのような方法が有効でしょうか。

それは、歩行禅とも言うべき《歩く冥想法》の実践です。


心の主な機能は思考することなので、すべての概念、理屈などの

思考をとにかくストップさせるのです。


そのために、毎日30分、身体をまっすぐに伸ばしてゆっくりと歩くこと。

その際、心の思考を止めるように、歩いている自分を一つひとつ認識

していく方法をとります。


ただひたすら、歩行する足の感覚だけを味わいます。

これだけで心は休息を得て、本来あるはずの心の健康を取り戻せるはずです。

<P65>


迷いを断つ
「生きる」論 
アルボムッレ・スマナサーラ長老著より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
非常に参考になりました。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010/06/24 10:25
 あんさま。

 引用されている書籍は、スマナサーラ長老著「ブッダの教え一日一話<今を生きる366の智慧>」ではなくて、スマナサーラ長老著「迷いを断つ『生きる』論」(PHP)ではないでしょうか?

 それと、今回の歩く瞑想についての記述ですが、次の部分が抜け落ちているように思います。

 (引用開始)つまり、右足を一歩出したら「右足、上げます」「運びます」「下ろします」と、歩行の動作を、声を出さずに自分に言い聞かせるように、心の中でつぶやいて認識していくのです。(引用終わり)

 私のブログに書いたのですが、実況中継は、八正道の聖なる正思惟の内容であると思われます(単なる正思惟ではなく、「聖なる」正思惟であることに注意して頂ければと思います)。

 また、スマナサーラ長老は、「実況中継が瞑想です。」と再三おっしゃられていると思います。

 実況中継は、とても、重要だと思いますので、指摘させて頂きました。

 それから、大乗仏教の若い出家僧侶の方が、ご著書の中で、仕事の際に「今、会議をしている」などと実況中継することを指導しておられ、それを「正知」と結びつけておられたりしておりますが、それは間違っていると思います。

 実感の変化を実況中継していないからです。

 このような基礎的な部分で分かっておられないのですから、ブッダの教えの真髄を分かっておられないことが推察できると思います。

 ちなみに、私のブログに書きましたが、私が知る限り、スマナサーラ長老は、著作権料(印税)や、講演料などを一切受け取っておられません。

 真理に対する対価(お金)の問題は、オレオレ聖者を見抜く一つのポイントになるのではないかと思います。
 http://onngaesi.exblog.jp/11176877/の記事をお読み頂ければ幸いに思います。
おんがえし
2010/06/24 12:33
ほんとうに、そうでした。
確認してみましたら、本の表題を間違えていました。
ご指摘をありがとうございました。
見て頂いてた方々に申し訳ございませんでした。


冥想指導のところですが、故意に飛ばして
書き写しました。

このブログは私達が学んでる仏教を知らない人
がみたときに、興味をもって
勉強してみようかな・・・と思って貰える
ような内容にして行きたいという思いが
あります。

それと、今実践してる私達は
復習の意味で再認識してもらえたら・・・
と、思っています。

最初の頃はやたら長い文章を載せたりしていまし
たが、なるべく短くして
出来るだけ最後まで読んでもらえたら・・・
と、言う視点であまり長い文章というか

専門的になるようなところを省いたわけです。
もっと知りたい!と思う人は
長老の本を探して買って頂く

このテーラワーダの初期仏教を1人でも
多くの方が知って実践してもらえたら
嬉しいことですよね。

色々とご意見をありがとう
ございました。
こんなトンマな管理人ですから、これからも
しっかり点検を宜しくお願い致しますね。

感謝!!!
あん
2010/06/24 18:21
人の心・・・ 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる