幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●自分の成長をどこで見るか

<<   作成日時 : 2010/07/28 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

「心が軽くなるブッダの教え」A・スマナサーラ長老著書より抜粋致しました

画像



●自分の成長をどこで見るか

自分の成長は、世の中の評価とは関係ありません。

普段怒らなくなったり、落ち込まなくなったり、嫉妬しなくなったら、
自分が成長したと思っていいのです。



それは本格的な成長なのです。



それだけは自分のものなのです。


ゴルフができることも、野球がうまいことも、自分のものではないのです。
そのうち出来なくなるのですから、でも、「怒らない」とか「嫉妬しない」
ということは、一生できる自分のものです。




楽天の元監督の野村さんは昔はすごい選手でしたね。
それでずっと野球の世界で生きているわけですが、
その中でいろんな若者を育てて人間として成長していったのです。

だから、楽天の監督時代、もちろん若い選手のように体は動かないだろうし、
打てないだろうけれども、性格的に得た価値がものすごくあって、
だからかなりのお年のおじいさんですけど、若い選手たちがみな言うことを
聞いたのです。



年をとって野球ができなくなった野村さんに何が残ったかというと、
「心の成長」なのですね。


そして、「落ち着いている」ということです。



試合に負けても、何か記者の人たちに冗談言ってそれで終わり。
どう言おうかなとか、そんなことを考えるだけでしょう。


野球を実際にやる能力は自分のものにはなっていないけれども、


「落ち着いている」

ところは自分のものになっているのです。


野村さんは、普通の監督が言わないことまで平気で言っていました。
平気でよそのチームの選手をほめたりするでしょう。
「ああ、これはかなわないね」などと、平気で言いました。

そんなことを言ったら、自分のチームの選手たちの精神状態が
どうなるのかと心配になるものだけれども、それをいえる状態まで野村さんが
人生経験をして成長したのです。



「智慧」を身につけたのです。


だから、アドバイスをしても、暗いアドバイスではなくなるんです。



普通はものすごく厳しく選手を育てようとするものですが、
野村さんはまったく正反対。


「打ってくれないなあ、○○君」などとユーモアを交えて話しますね。
勝っても、「あいつらが頑張ったんだから、俺は、関係ない。
俺は関係ない」と言う。


私はすごい人格ができていると思います。
負けたら「打ってくれないね。あの連中は」と。ああ言われたら、
誰も監督の采配のせいなどといわないでしょう。


そういう風に、人に怒らなくなったら、これはもう確かに自分の成長で、
自分のもので、消えないものです。



それは世間の評価とは関係ないのです。




私達がいつもとらわれているのは、全部が評価です。


自分が自分にくだす評価。
人から見られる評価。



しかし世間の評価を得たとして、その世間に評価はありますか?



あなたがあなた自身に評価を与える資格はありますか?







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
俗世間の荒波を生きていくには慈悲の瞑想が不可欠ですね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と智慧
2010/07/28 23:34
あんさん、おはようございます。

「困った時はダンマパダ」でワンギーサより、野村監督の『野村の極意』という本を紹介され購入しました。

野村監督の言葉を259集めた本ですが、今手元にあるので、いくつか紹介したいと思います。

「「限定⇒妥協⇒満足」は三大禁句。負のスパイラル」

「「失敗」と書いて「せいちょう」と読む」

「一流は弁解せず、二流は責任を転嫁する」

「「僕ってこういう人だから」と前置きする若者に、向上したり進歩したりする余地はない」

「信用を得るには時間がかかるのに、信用お失うのは瞬間だ」

「欲から入って欲から離れる」

「三振という結果だけを見て責めては、選手は次から三振だけはしないようにマイナス思考になる」

「結果にたどり着くまでの論理」

「チームは〃仲良し集団〃になってはいけない。弱いチームはそうなりがち」

〜やはり実践で得た方の言葉には重みがあるな〜と思いました(^-^;)

2010/07/29 03:51
上記コメント、ワンギーサさんの「さん」が抜けてました。失礼しました(^-^;)

2010/07/29 03:54
新さん参考になりました。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010/07/29 11:47
「良き指導者」や
「善友」に出会うことは
人生の中でも、そうは無いですよね

まずは、見極める自分を磨かないと・・・
事でしょうか

あん
2010/07/29 14:34
皆さまこんばんは。ここは「困った時はダンマパダ」のメンバーの方々が多いですね。

あんギーサさんの・・あっ;;あんさんの紹介する長老様の記事は、何が飛び出すか分からない玉手箱のような楽しさがあります。知らない文章が出てきてウ〜ンと唸るときがあります。ビックリ箱\(◎o◎)/ですね。
もくぎょ
2010/07/29 20:39
もくぎょ様
コメントありがとうございます。
風の向くまま、気の向くままです

あん
2010/07/29 22:44
野村監督さんって難しいおじいさんってイメージ持ってたけど、見る人が見るとちがうんですね(^0^)/
「あべこべ」に通じるものがあるような^^
358
2010/07/29 23:44
●自分の成長をどこで見るか 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる