幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★今さえよければ良いと思う心、無明

<<   作成日時 : 2010/10/20 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

どうして心は、放っておくと悪い方向に行くのでしょう。
それは、心というのは、
自分に対して一番ふさわしいものがなんであるか、
わからないからです。

ちょっと目先のことを見るだけで、
本当の意味で自分にとってなにがよいかは分かりません。

子どもと同じです。子どもは、
遊んで楽しみたいだけで、
その遊びに耽ってしまったら
たいへんだということはわかりません。

心とは、遊びに耽ってしまう子どものような状態。
それを無明といいます。

アヴィッジャー(avijja)と言うのです。

画像

心の本来の姿は、
アヴィッジャーという状態です。


無明「明かりがない」、「冴えていない」ということです。

「いまだけよければいい」と、心は思っています。

「知らない」という状態にいるわけですから、

やっぱり放っておけば、
アヴィッジャーに誘われて悪い方向に行ってしまいます。

だから、よい方向へもっていくためには、
なんとかしなくてはいけません。


放っておくわけにはいきません。


心をなんとかいじってあげないと、よくはなりません。

バーワナーでも、瞑想でもいい、なんとかしなくてはいけないのです。



「現代人のための瞑想法」A・スマナサーラ長老著書より抜粋



http://ping.blogmura.com/xmlrpc/abeib9sht1p3

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと瞑想が進んだなと思った時こそ注意。
サティを怠ると気づいたら前に逆戻りなんてこともあります。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2010/10/20 09:22
おはようございます。

今ここ。というのを刹那的に生きるという意味で捉えないよう注意したいと思います。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/10/20 09:58
『自燈明』という言葉もありますね
スマナサーラ長老がNHKの心の時代という番組にご出演された時のテーマもそうでした。
一億の国民にテーラワーダをいかに伝えるか・・・
研ぎ澄まされたお言葉の重みを感じました。
常にサティ&サンパジャーナですね

生きとし生けるものが幸せでありますように

昨日は神崎川堤防、今日はハワイですか?^^
358
2010/10/20 12:29
介護の仕事をしていてつくづく思います。
せめて死ぬ間際位は「優しさ」を与えて
あげて欲しいとね・・・
もう、骨と皮ばかりのおじいさんじゃないですか!
って、これも「怒り」なんですね。
サティ実践をたんたんとやっていきます。

神崎川は正解!ピンポン
ハワイではなくて、スリランカの海でした
行ったことはないですが、綺麗ですね

生きとし生けるものが幸せでありますように
あん
2010/10/20 13:24
★今さえよければ良いと思う心、無明 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる