幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ■智慧の完成「七覚支」

<<   作成日時 : 2010/11/23 06:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

因果法則を知っているのに、頭では分かっているのに、
誘惑から逃れられない・・・・
という人は、とことん自分を戒めて、
欲や怠けを断つ努力が必要です。


このとき非常に苦しいかも知れません。
でもその苦しさというのは、あくまで精神的な苦しみであり、
自己に打ち勝つ苦しみなのです。


欲や怒り、怠けないで、それらを乗り越えようとあらゆる努力を
すること、そういう修行方法として「精進」があるのです。



★喜覚支
悟るための第4番目の覚支は「喜覚支」です。

ここまで、実践者は非常に厳しい「精進」を実践してきました。
それはまさに自分の葛藤や誘惑に打ち克つ自分との戦いであって、
途轍もなくつらい修行段階でした。


しかしそれに負けずに精進を続けていると、
次に「喜び」が現れてくるのです。


この喜びは、俗世間の、おいしいものを食べて楽しいとか
音楽を聞いて楽しいといった低次元の喜びではありません。


非常に高いレベルの落ち着きのある静かな喜びなのです。

おいしいものを食べている瞬間は楽しいかもしれませんが、
それを食べ終わってしまえば喜びは消えてしまいます。


音楽を聞いているときは楽しいかも知れませんが、
同じ曲を1日中聴いていると、
やがていやになって飽きてしまうでしょう。


このように、五感を喜ばせて楽しいというのは
一時的なものにすぎません。


墜落の原因にもなりますし、副作用もいろいろあるのです。


他方「喜覚支」の喜びには副作用は一つもありません。



精進をもって「今の瞬間に気づく」ことを頑張っていると、

ものごとの因果関係が見えてきます。

見えてくると「わかったぞ!」という喜びが湧いてきます。


何か新しいことを発見すると、心はものすごく喜びを感じるのです。


さらには、向上するための励みにもなります。


人間の脳というものは、楽しみや喜びがないと、うまく機能しません。


人生はつまらない、楽しくない、などと不平不満ばかり言っていると、
脳はどんどん退化していくのです。

私たちの脳には常に喜びが必要です。


ですからいつでも笑ったりニコニコしたりして、何か嫌なことがあっても
全然気にしないようにしてください。

たとえ自分の家が火事で燃えてしまったとしても、
落ち込んではなりません。

「ま、私の家は古かったからね」などと考えて、
明るく軽く受け止めることが大切です。


そうすると不幸にはなりませんし、
脳もどんどん成長していくのです。

画像


★喜覚支もオートモード

きづき(念覚支)からスタートして、
分別能力(択法覚支)が身につき、
頑張って精進を続けていると、


非常に高いレベルの喜び(喜覚支)が自動的に現れてきます。


喜びが現れると、さらに頑張るようになります。

それで心はさらに成長するのです。

人は歯を食い縛って頑張るだけでは成長しません。

喜びが必要なのです。
何ごとも喜びを感じながら、おこなうことが大切なのです。



B.E.2553 2009年7月号 パティパダーより

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます

自分に必要なものがよく理解できました。

パティパダで読んだはずだけど覚えてないですわぁ

ありがとうございます。

精進の先の喜びを目指します

生きとし生けるものが幸せでありますように
358
2010/11/23 08:18
おはようございます。

昨日、ゴータミー精舎にて、スリランカより帰国されたワンギーサさんにお会いできました。

スリランカのことなど色々伺いましたが、瞑想についてのお話もあり、7覚支について興味深いお話を聞くことができました。

スマナサーラ長老の講演会のDVDを17種類まとめ買いしました。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/11/23 10:06
11月 23 日14時より【東京】法話と冥想の会(法話の部)の配信を予定しています ( http://ustre.am/fM1f で配信中)マーヤーデーヴィー精舎のツイッターより
ぱん
2010/11/23 11:20
今日はこれから法話と瞑想の会に行きます。

あんさん

私のブログにコメントありがとうございます。

先日のカティナ法要において、協会の会員の方にこのブログを紹介しましたところ、「関西はchoさんを始めとして積極的かつ熱心な方が多い」と感心しされていました。
また、スマナサーラ長老も関西はお気に入りのようですと仰っていました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と知慧
2010/11/23 12:56
忘れもしません。おととしの一月四日ゴータミ精舎に行かせて頂いたのが、私の初の精舎体験でした。

大石哲也様とのちにブログにてお知りしましたが

この方に、ゴータミー精舎を案内していただけました

これも後で知ったことですが、この日は精舎はお休みの日だったそうですが、いつまでもあの応対、は忘れることができません

数人のお方が、精舎におられましたが、今でもあの日の出来事は鮮明に覚えて居ります

ありがとうございました

関西の、木岡様にも初対面にもかかわらず、とても丁寧に、いろいろ教えてくださりました、感謝すればきりがありません。

とりあえず、今の自分に感謝しておきます
才木広之
2010/11/23 22:25
■智慧の完成「七覚支」 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる