幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●怒りのエネルギーをなくす

<<   作成日時 : 2010/12/13 07:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

仏教には餓鬼道という話があります。
餓鬼道というのは、あれが欲しい、これが欲しい。食べ物が欲しい、
飲み物が欲しい、着るものが欲しい、そういう無いものを
欲しがるエネルギーで生きる世界のことです。

無い、無い、と泣かなければ生きていられないのが
この餓鬼道の世界です。


欲しい、欲しいというエネルギーで生きていた人が
死ぬと、そのエネルギーが思う存分発揮できる
餓鬼道に生まれ変わると言われています。


怒りも同じで、怒りだらけで生きていた人が死ぬと、
そのエネルギーがそのまま発揮できるような、
戦う相手だけがいるような世界に
生まれ変わるのです。


業の話が因縁の話とわずかに違うところは、
心は似たところに引き寄せられるということでしょう。


周波数を探すかのように心は、似た心に引かれます。


ですから、私たちは、清らかな心を作ったほうがいいということです。


すぐ怒りを持ったりすることが、どれほど恐ろしい結果を生むかを知るべきです。



人間は自分がどのくらい恐ろしいことをしているかということに気づいていません。



もし知っていれば、今すぐ心をきれいにしようと頑張るはずだと
お釈迦様はおっしゃいます。


「体に火をつけられたとしても、火を消すより先に心清らかにすることに
励むだろう」というのです。


「人は死ぬときは死ぬだけで、たいして怖いことはない。


でもわずかに一度怒ったら、一回死んでも終わらない。
延々と業がついてくるのだ」

と、業の恐ろしさをお釈迦様は話しておられます。

業と因縁という話を続けてきました。
自分が今まで聞いたこともない理論的な話になっているかもしれません。


お釈迦様の仏教というのは、人生の科学なのです。
心の科学なのです。

画像


そういうふうに理論的に説かれたものなのです。



環境や、性別や、年齢などには関係なく、今目の前に起こっていることを
ありのままに見て冷静に分析する。



一人一人の心の持ちようで、みなが幸せになれるという、
しごくまっとうな考え方なのです。


「心が軽くなるブッダの教え」A・スマナサーラ長老著書より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

2010/12/13 08:49
生きとし生けるものが幸せでありますように
慈悲と知慧
2010/12/13 12:21
街はクリスマス商戦真っ只中ですね
ものすごい経済効果なんでしょうね^^
餓鬼道まっしぐら月間とも言えますよね
クリスマス?それが何か?・・・・
って、今年からは落ち着いていましょうかね
子供達へのサンタさんももう卒業してますし

生きとし生けるものが幸せでありますように
358
2010/12/13 12:39
「いつも、いつも、欲や、怒りの恐ろしさ、教えて」

と甘えてばかりの私です

甘えられるので、今幸せを感じられているんだと思います

甘えたいし、独り立ちしたいし、、、

才木広之
2010/12/13 19:38
似たような心はお互いに惹きつけ合うというのは私たちの日常でもよくあることではないでしょうか。周りの環境、周りの人、人間関係などが変われば慈悲の効果があったといえますね。
ユウタ
2010/12/13 20:39
慈悲の冥想
相手にてこずって困る時なども、即座に唱えますよ
速攻効果もありだと思っています。
「生きとし生けるものが幸せでありますように」
あん
2010/12/13 20:53
才木さま
差こそあれ、みんな同じだとおもうよぉ〜
やっぱり誰かに甘えてしまったりねっ!
頼れる人がいるのは幸せだよね。

長老様なんて絶大な力で私たちを支えて
下さっているよね〜
一歩づつ、前進して行こう!
あん
2010/12/13 20:58
●怒りのエネルギーをなくす 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる