幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★1すべての問題は、自分の「心」が作り出している

<<   作成日時 : 2011/03/25 21:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

悩みや問題が起きる原因
瞑想の説明を始める前に、
なんのために瞑想をするのか、
少し考えてみたいと思います。


私のところへは、いろんな相談が持ち込まれますが、
そのほとんどが、心の外に何か「原因」を求めて、そこに責任が
あるかのようにみなす「悩み」ばかりです。

でも本当は、「原因」があるとすれば、


その人の「心」の問題だけです。


少し遠回りになりますが、このことをまず考えてみましょう。
あなたは、「生きる」とはどういうことだと考えていますか?

生きる目的は何か、どのように生きればよいのか、
成功を収めて生きるとはどういうことか、などの疑問は、
人の頭をふつうに横切るものです。


しかし、納得のいく答えは出てこない。


代わりに、
生きることに対して一般的に
このように考えているのではないでしょうか。



ある人にとっては、お金をたくさん稼いで、財産を蓄えることが
「生きる」ことかも知れません。

またある人にとっては、偉くなって、多くの人から認められるのが
「生きる」ことかもしれません。

その他、健康に病気をせずに生きたいとか、
格好のいい人と結婚をしたい、

年をとってもシワのない顔や体でいたい、ということが「生きる」
ことかもしれません。
画像


これらをまとめると、
つまるところ生きるとは、さまざまな業績を作ったり
いろいろなものを集めたりする、
ということに尽きるのではないか、
と言い換えることができます。


人間は、毎日必死になって「もの」を集め、業績を集めています。
この場合、物質的な「もの」だけでなく、現金、株、債権、土地、
子どもなども「もの」という単語に入るのです。

業績には仕事の業績や学業の成績も入りますし、
社会的地位や名声なども含まれます。


しかし、少し観察してみてください。
天災や戦争が起きれば、

それまでどんなにお金や宝石を溜め込んで
いたとしても、なんの意味もありません。

死ぬ人は死ぬし、ケガをする人はするのです。

普通に生活していても、ケガや病気、予測できないことは、
たくさんあります。


夫婦で旅行しようと思って一生懸命お金をためていたら、
夫が病気で倒れ、貯金や計画が無駄になってしまったとか、

子どもが大きくなったときのために家を増築したけれども、
部屋が増えたとたんに留学が決まって、その部屋が必要なくなった・・・・

などというのは、よくあることではないでしょうか。




お金も業績も、家も、宝石も、財産も、とにかく「もの」は、
人がどんなに大切にしていようとも、
決してあてにはならないのです。

ものだけでなく、人間は、自分一人でただ生きることさえ
自分の自由にはなりません。


どんなにお金があっても、どんなに貧乏でも、
完全に自由に生きている人などいません。

どんな人でも、決められた時間に寝て、決められた時間に起きて、
決められたものを決められたように食べているだけでしょう。

それを幸せだ、自由だといっていますが、どこが自由なのか。



本当に自由ならば、食べることくらい自由にしてもいいのに、
食べる時間も食べ方も、ほとんど人の決められたようにしています。(つづく)

<P14〜P17>


「心がふっと軽くなる ブッダの瞑想」A・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい
★1すべての問題は、自分の「心」が作り出している 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる