幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★同じ感覚が続くと苦しくなる

<<   作成日時 : 2011/06/02 08:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

日本では、和菓子を食べて、お茶を飲む、ということをしますね。
どうしてお茶を飲むときに和菓子を食べるのでしょうか?

それは、お茶だけでは、おいしくないからです。
和菓子だけ食べているのでは、おいしく感じません。

味覚は、瞬間、瞬間、味が変わっていかないと、

どういう味かよくわからなくなります。


それに、ずっと同じ味だと苦痛になります。

そこで、味を変えてそれぞれの美味しさをじっくり楽しむために、
お茶と和菓子を交互にとります。

交互に食べることで味を変え、見る感覚を変え、
歯ざわりの感覚を変えます。


すると、ずっと美味しく感じならが食べれます。<P104>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲「私」という、捏造された認識<P112>

音楽でいえば、瞬間の音と、瞬間の聴覚があり、それぞれが
まったく一定せずに流れています。


そこになにか一定の「音楽」や「聴覚」などというものはありません。

鳥のさえずりも同じです。
すべては、瞬間たりとも一定しない感覚の流れがあるだけす。

しかし、実際には、激しく変化する感覚の流れの中で、

「私」は瞬間、瞬間、変化する音の連なりを「音楽だ」と捏造します。

それを「私が聴いた」と認識します。

瞬間に変わる感覚の中で認識する

「私」というものが、そもそも捏造です。


瞬間、瞬間、変化する流れの中で


「私」「自分」「自己」「自我」「エゴ」という幻覚が生まれ、


「私」が合成し、捏造した認識が生まれます。


画像


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▲「私」をまとめる「私」はいない<P113〜P114>


「変わらない私」「一定の私」などというものは、どこにもありません。
心が作り出した捏造、幻覚です。

「私にはいろいろな性格があるようだ。自分ってよくわからないなぁ」
というほうが、本当のことです。

瞬間、瞬間、変化していますから、ごちゃごちゃで、統一感がなくて、
バラバラで当り前です。

「そんな瞬間、瞬間の自分を、まとめている《ほんとうの私》がいる
のではないでしょうか?」



そのような考えが、世の中にはあります。
なるほど、観念の世界としては、もしかしたら生け花の剣山のように、
瞬間、瞬間の私をまとめる「私」がいると、言えるかもしれません。

しかし、科学的にはどうでしょう?
「統合する私」のような存在があることを、理論的に実証できるでしょうか?
「もしできるなら、どなたか見せてください」
という話です。

「もしかしたら、大宇宙のどこかで私を管理する大いなる存在が
あるのかも知れない」と、根拠もなく思うのでは、話になりません。

「私」というのは、科学的に、具体的にものごとをみれば、妄想概念です。(つづく)


「結局は自分のことを何もしらない」A・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
★同じ感覚が続くと苦しくなる 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる