幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ●バカの理由(1)

<<   作成日時 : 2011/07/23 05:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

●無智に気づいて智者になる
ブッダの言葉を紹介します。
「無智な人が無智であることを知っているならば、
それだけでその人は智者である。
無智なのに智者であると想う(錯覚)者こそが確かに愚者である」
<法句経63>

もし自分の無智に気づいていたら、もう智者なのです。


「私は無智でよくわからないな」という態度の人なら、

やっぱりいろいろ調べて学んでいきます。
お釈迦様の言葉はそれを語っていらっしゃいます。

この言葉をもっとわかりやすく現代の日本語にすると、


「無智に気づくだけでも、智慧のはじまりです。


無智であるにもかかわらず、知っているつもりの人は無智のままでいるのです」

ということです。

つまり、無智に気づくことの難しさについて語られているのです。


画像


無智に気づくだけでも智慧のはじまりですから、
無智に気づくのは本当に難しいのです。



無智なのに、無智でないというのですから、
知ったかぶりをやっているのですから、

治す方法がないのです。
治せません。


バカのまま人生が過ぎていきます。<P42>


「バカの理由」アルボムッレ・スマナサーラ長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今の世の中が、どのようにして、成り立っているかを知らなくて、自分に頂いた給料やお金を自分のものだと思い、好き勝手に使うならば、無智です。

給料やお金を頂かなくとも、今の自分があるのは、協力し合わなければ生きて生けないという心を持った方々で、初めて今の自分が成り立っているのだと、いう心であれば、無智ではありません。

人をだましたり、だまされたりで世の中が成り立っているのではありません。その方々は、上の立場に成って有名であるだけです。

実際に協力し合わないと成り立たない世の中作っているのは、うそをつかない人、うそをつかないから人間同士信頼関係を築け、初めて協力し合える社会を作れるのです。

世の中は協力する心だけで、出来上がっており、他は邪魔しているだけだということが見えてきます。
才木広之
2011/07/23 09:38
 ぱんさんのブログにスマナサーラ長老と、クリシュナムルティ尊者が阿羅漢聖者であられることが推測できる話をコメントしました。http://alcedo-atthis.at.webry.info/201107/article_4.html
 
 スマナサーラ長老の説法などから、クリシュナムルティ尊者は、生まれながらに預流果であられ、今世で阿羅漢聖者になられたというのが私の立場です。

 また、クリシュナムルティ尊者が阿羅漢果に今世で覚られた証拠になるような話は、慈悲と智慧様のhttp://ameblo.jp/jihitotie/entry-10950566485.htmlに3つコメントしています。
ぶんぶん
2011/07/23 22:33
 なお、ぱんさんのブログでは小池龍之介さんが取り上げられています。http://iede.cc/t/sermon.html に小池龍之介氏の説法集があります。その中の「仏道入門一歩前 3.2:無我っこショック体験編」において、小池さんは、無我、つまり、悟りを体験された話を具体的に述べておられると思います。

 スマナサーラ長老が仰るには、

 「解脱者は『私は解脱した』と言わないのです。私という錯覚、『自我』という錯覚はなくなっているので、『自分』を表現しない。発表しない。…中略…
 
 お釈迦様だけが自分は解脱得たと公言しました。皆、捜し求めていたことだから、発見した人にそれを発表する義務があります。
 
 また、悟る方法も教えたので、『今にある仏教』という世界ができあがったのです。
 
 それで、お釈迦様には弟子たちが悟ったならば、どうどうとそれを発表することができたのです。お釈迦様に発表されるとその方にも、もし聞かれたならば『解脱した』ことを認めることが出来ます。 」

 http://www.j-theravada.net/qa/qahp68.html

 テーラワーダの出家者は悟っていもいないのに悟ったとか言うと、波羅夷という4つの大罪の一つになり、教団追放というスマナサーラ長老の説法を読んだ記憶があります。俗世間で言えば、死刑相当です。

 そのような重い罪を犯した人に同調するのは超悪行為となると思います。

 ただし、精神の病になって悟ったとか言っている場合は、波羅夷にならないと思います。

 なお、小池龍之介さんを批判しているのではないかと思われた方もいるかもしれませんが、私は小池龍之介さんが悟っていないということまでは言っておりません。

 ただし、私が師とすることはありませんが。それは私の自由です。
ぶんぶん
2011/07/23 22:37
●バカの理由(1) 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる