幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆幸せになる教えが暗い教えだと叩かれている

<<   作成日時 : 2011/10/14 23:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

お釈迦さまの教えをたった一言でいうならば、それは
「幸福」「幸せ」ということです。

私たちがまちがいなく「幸福」になる道、豊かで幸せで
楽しく平和に生きる道、それがお釈迦さまの教えです。

それなのに、ほかの宗教の人たちは仏教にたいして、
「あなたの教えていることは悪いこと、暗いことばかりだ。

人生は苦しいとか、生きることは大変だとか、そればかり言っている。
私たちの宗教では、そんなことは言わない。

人生は大変すばらしい、と教える。
だから私たちは、あなたがたよりずいぶん発展、繁栄して
いるのだ。」と言います。




私の国(スリランカ)は二千三百年ものあいだ、
お釈迦さまの教えを守りつづけてきた仏教国です。

仏教が暗い教えだと思っている人たちは、

「あなたたちの国は、仏教のせいで発展していない。
仏教が国の発展を阻害(そがい)している」とまで言ったりします。


実際のところはどうでしょうか?



世界の歴史を見ると、欧米の列強の国ぐには船を造り、
大砲や鉄砲を造って、ほかの国ぐにに さあっと行って、
人を殺したりして、その国を盗(と)って植民地にしました。

そして、その国の財産を全部、自分の国に持って帰ったのです。
これは、明らかに強盗です。


小さな強盗ではなくて、大きなスケールの強盗です。


人の財産、地球の財産を残酷(ざんこく)に奪って、物質的に
すごく豊かになって、そして仏教にも文句を言うのです。




「あなたがたは、仏教を信じているから貧乏なのだ」
こんな話しを聞くと、私たち仏教ではこう反論します。

画像


「あらゆる人殺しの道具を造って、人の国を勝手に奪ったり、
他人の財産を盗んだりして、まあ、物質的には豊かになっているでしょう。


仏教では、強盗を禁止しています。
自分の持っている財産で、なんとか間に合わせて生きて
いなさい、という教えです。

隣の家の家財まで奪うなよ、という教えです」

仏教は、自然の恵みさえも濫用(らんよう)しない教えなのです。


それで、仏教のひとびとが貧しくて苦しいかというと、
そんなことはまったくありません。

十万人でも百万人でも楽に生活できるくらいの自然の財産を
独り占めにして生活しているかたがたの立場から見れば、
物質的には貧しく見えるかもしれませんが、


みんな楽しく穏(おだ)やかに暮らしているのです。

画像



よその国の財産や人の命までも奪って豊かになっている
人びとのほうが、本当は朝から晩まで怯(おび)えて生活
しています。


「奪ったら奪われるかもしれない」
「人を殺したら殺されるかもしれない」
と 不安になって、怯えて、安心できないのです。



セキュリティー、防衛に天文学的な数字で財産を浪費して
いるにもかかわらず、毎日怯えて生きているのです。


でも、仏教を信じている人びとは、なにものにも
怯えることなく、穏やかに生きているのです。


「幸せを呼ぶ呪文P.7〜12」
アルボムッレ・スマナサーラ長老著書





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
◆幸せになる教えが暗い教えだと叩かれている 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる