幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ★感情の深い部分を冥想でコントロールする

<<   作成日時 : 2012/09/11 08:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

私たちは幸福になりたいのになかなかなれません。
幸福になるのを邪魔するウィルスのような悪いエネルギーが
心に染み付いているのです。
だから我々は、ウィルスへの抗体を心にずっと注入しながら
生きていかなければなりません。
生きている間はその闘いをずっと続けなければならないのです。


「これさえやれば、もう成功です」というものはありません。

「このお祈りをすれば万事解決します」とか
「この薬を飲めばすべて病気は治ります」とか、
そういうものはありません。

ですから常に励むことです。努力することです。
自分の心のウィルスを退治するために、
反対の明るいエネルギーを入れて努力しなくてはならないのです。


それには終わりがありません。

その努力は自分でコントロールできる部分だけにしか届きません。


ですが、それがうまくいくようになると、自分でコントロールできない
部分も治っていきます。

コントロールできない部分とは、
「我々の感情の意識的にコントロールできない部分」のことです。

心臓は動きますが自分ではコントロールできません。
「心臓を速く動かそう」とか「ちょっと遅くしよう」とか思ってもできません。

「呼吸の回数を減らしてみよう」と思っても、それはできません。

それと同じように、我々の感情にもコントロールの及ばない部分があるのです。



そうした感情の深い部分は、ヴィパッサナー冥想によって
コントロールすることができます。


ヴィパッサナー冥想では、すごく早くこの無意識の世界、自分を生かしている
本来の心のエネルギーに出会えるのです。
出会って、それを治してしまえるのです。



世間一般でいう幸福は、これまで申し上げてきたとおりに行動すれば、
冥想しなくても実現できるものです。

画像


しかし本当の心の幸福、本当の精神的な安らぎは、冥想を実践することで
無意識の心の部分の問題を解決してはじめて得られるものです。

・・・・

自分の感情をコントロールできない人は、環境を変えることで
感情を変えようとします。
「楽しくなりたいなあ」と思ったら、映画を観たり、ディスコに行ったり、
旅行に行ったり、いろいろなことをします。


それでも汚いものが目に入ったりすると、すぐに「気持ち悪い」「嫌だ」
と感じてしまいます。



自分の感情をコントロールできる人は、「今日は思う存分楽しくやります」
と思えば、環境などどうでもいいのです。

ものすごく楽しくなれます。
まわりがみんな狂ったように楽しんでいるときでも、


「私は落ち着いています」
と思ったら、誘惑されず落ち着いていることができます。

感情をコントロールしていると「おいしく食べよう」と思えば、
どんなものもおいしく食べられます。



それが出来るのは、冥想を通して感情を見極めた人です。
そうなると人間は完璧な幸福の状態を得られるのです。

つまり「すべては自分の心次第」なのです。

「清らかな心があればすべては幸福であって、汚れた心は
一切の不幸のもとである」


これは「法句経」の一番と二番でお釈迦さまが言っていることです。




(P200〜P202)より抜粋いたしました


【仏教は心の科学】A・スマナサーラ大長老

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い
★感情の深い部分を冥想でコントロールする 幸せに生きる〜ブッダの智慧から学ぶ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる