◆いったい幸福とはなんでしょうか?(1)

☆問題の発見がスタートライン
人が幸福になりたいと祈願するならば、
幸福とは何かと明確に理解しなくてはいけないのです。
その理解に達するためには、いま自分にどんな問題があるのか、
どんな悩みがあるのかと、発見しなくてはいけないのです。



人間の悩み苦しみとは、みなに平等にあります。
悩み苦しみの原因も、みなに平等なのです。


生命の苦しみとその原因を、

お釈迦様が苦聖諦と苦集聖諦名とづけて説かれたのです。


幸福とは何かと、みな知りたがります。

お釈迦様がこの質問に答えられています。


表面的には、その答えに俗世間は疑問を感じるかも知れませんが、
お釈迦様の見解は極限に具体的なのです。

曖昧さは無いのです。
人の気分や気持ちに合わせる答えも無いのです。

画像



☆お釈迦様の幸福論12

人の幸福とは何かと、お釈迦様が説かれた項目を経典に沿って
具体的に紹介しましょう。


1、事が起きた時に友人がいることが幸福です。

人々はみな友人を作りたがります。
しかし何のために友人が必要かと分かっていないのです。

人生に何も問題がない場合は、友人と仲良くすることが楽しいのです。

しかし自分に何か起きたとき、支えてくれたり助けてくれたりする友人がいるならば、
それこそ幸福なのです。


災害・災難などではなく、結婚式などの「事」も起こります。
そういう時は、悩んだり心配したり、落ち着きがなくなったりするものです。


もし仲間がそろって来て、その時、助けてくれるならば、
どれほどありがたいことでしょうか。

それほど安らぎを感じることでしょうか。
その場合は、自分の心にあった悩み苦しみが具体的に消えてしまったのです。


苦しみが消えることが幸福です。
ですから事が起きたとき、助けてくれる友人がいることは幸せなのです。

<つづく>


P14~P17>パティパダー 巻頭法話「いったい幸福とはなんでしょうか?」
B.E.2555/A.D.2011 11号より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス