★不痴(探究・理解)

理解しにくいのは「不痴」です。
不痴とは、探究する心、発見する心、
ものごとを理解したり、新しいことにチャレンジしようとする
前向きなエネルギーのことです。



だらだらして生きるのではなく、自分から積極的に試したり、
調べたり、考えたり、チャレンジするという活発なエネルギーです。



「人に言われたからする」のではなく
「自分がしたいから、おもしろいから、勉強になるからする」
という気持ちです。


画像



ほとんどの人は、会社や誰かに命令されたからという理由で、

あるいはマニュアル通りに仕事をしています。

私たちは「言われたからする」という人生を送っているのです。

これは無知の働きです。




そうではなく、勉強になるから、したいから、やってみたいから、
おもしろいから、という気持ちでものごとに取り組んでみてください。



これは非常に明るいエネルギーですから、仕事が終わった後には
「あーよかった、いろいろ勉強になった」と、

心に充実感が生まれてくるでしょう。


布施本「ストレス完治への道」より
アルボムッレ・スマナサーラ大長老